マイナンバーカードの顔写真をスマホで撮影する際のコツを解説しています。マイナンバーカードは、スマホから手軽に申請できるようになりました。公的な身分証明書として使用でき、コンビニで各種証明書を発行することができるなど、持っているととても便利なカードです。この記事では、マイナンバーカードの申請に必要となる顔写真をスマホで撮る際のコツや注意点、おすすめのアプリを紹介しています。

マイナンバーカードの申請には顔写真が必要

マイナンバーカードのイラスト画像

マイナンバーカードは、マイナンバーの他に顔写真、氏名や住所、生年月日が記載された公的な身分証明書です。そのため、申請・発行するにはご自身の顔写真が必要となります。マイナンバーカードの有効期限は「発行日から10回目の誕生日まで」と非常に長いため、申請時に用意する顔写真はとても重要です。

スマホで撮影した顔写真を使用可能

マイナンバーカードに使用する顔写真は、証明写真機や写真館で撮影したものだけでなく、スマホを使って撮影したものを使用することができます。スマホを使って顔写真を撮影すれば、写真館や証明写真機が設置してある場所まで出かける手間が省けます。さらに、気に入った写真が取れるまで何度でも撮り直しができるのでおすすめです。

マイナンバーカードを申請する際の顔写真の手配について

申請方法 顔写真の手配(6か月以内に撮影したもの)
スマホ 自分で撮影or用意した顔写真データを送付する
パソコン 自分で撮影or用意した顔写真データを送付する
郵送 自分で用意した顔写真を申請書類に添付する(写真館や証明写真機など)
証明写真機 その場で撮影した顔写真を使用する
役所 その場で撮影、または自分で用意した顔写真を使用する

マイナンバーカードの申請をスマホ・パソコン以外から行う場合は、顔写真をご自身で用意する必要があります。写真館で撮影する場合は他の方法に比べて費用がかかりますし、証明写真機を使用する場合は撮り直しの回数に制限があり納得いく写真が撮れない可能性があります。

これらを考慮すると、ご自身のスマホで撮影するのが簡単に顔写真を用意できる方法だといえます。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像

マイナンバーカードの写真をスマホで撮る際の注意点

スマホでマイナンバーカードの顔写真を撮る際には、いくつか注意する点があります。顔写真が不適切な場合、申し込みが受け付けられず再申請になる可能性があります。再申請の手間を防ぐためにも、以下の点に注意して顔写真を撮影してください。

1. 背景は白か青の無地にする

背景無地の画像

顔写真の背景は無地のものにしましょう。色の指定は特にありませんが、パスポートや運転免許証でも使用されている白か青が当たり障りなくおすすめです。

白い壁紙があればその前で撮影しましょう。白い壁紙がない場合は、100円ショップで売っている無地の紙やシーツを使って撮影ポイントを作ってしまうのがおすすめです。影ができていると再申請になる場合があるので、自身の顔に光が当たるよう照明の位置も工夫してください。

2. 目が隠れない髪型にする

目に髪がかかったり、髪で顔の輪郭が隠れないように注意しましょう。頭髪のボリュームが大きく、顔写真に写っている顔の面積が小さいものは、再申請になる場合があります。ヘアバンドや帽子など頭部が隠れてしまうものの着用も禁止されています。

3. 服装はシンプルがおすすめ

服装についての規定は特にありません。ただし、マイナンバーカードの有効期限は10年あるため、身分証明書として長期間使用することを考えて、襟のあるシャツやジャケット、ブラウスなどシンプルな服装で撮影することをおすすめします。派手なデザインの服や露出が多い服は避けましょう。

4. アクセサリーもシンプルがおすすめ

服装と同じく、アクセサリーについても規定はありません。アクセサリーを着用する場合は、顔や頭の輪郭が隠れないものを選びましょう。公的な身分証明書としても使われるため、派手な物ではなく小ぶりでシンプルなものがおすすめです。

5. 眼鏡のフレームや反射に注意する

眼鏡をかけている人は、レンズの反射や眼鏡のフレームが目にかからないように注意しましょう。サングラスなど色付きのレンズは目が隠れてしまうので、顔写真を撮影する時は透明なレンズの眼鏡をかけましょう。

6. カラコンの使用は避けた方が安心

カラーコンタクトの画像

カラコンの使用について特に規定はありませんが、顔の印象が変わりすぎていると再申請になる場合があります。こだわりがなければ使用は避けた方がいいでしょう。

7. 影やピンボケ、手ブレに注意する

ピンボケや目が赤く反射しているなど、人物が特定しづらいものは再申請になる場合があります。フラッシュは使用せず、スマホスタンドや自撮り棒があれば活用しましょう。スマホスタンドや自撮り棒は100円ショップやAmazonで購入できるのでおすすめです。

8. 顔の位置が偏ったり、横向きにならないように注意する

顔の位置が写真の中央にくるように撮影してください。横を向いていたり、顔が左右に傾かないようにまっすぐカメラを見つめましょう。笑い過ぎていたり、目を見開き過ぎているなど、普段の顔がわかりづらい場合は再申請になる場合があるので注意が必要です。

9. ノイズが出ないようにする

暗い場所で撮影するとノイズが出やすい(ざらついた写真になる)ので、明るい場所で撮影するようにしましょう。カメラにとって夜の室内は暗い部類に入りますので、昼間の明るい時間帯に撮影するのがおすすめです。

10. 過度な加工は避ける

マイナンバーカードは公的な身分証明書として使われるため、実際の顔がわからなくなってしまうような過度な加工は避けましょう。顔色を良くしたり、クマを消すといったレベルの加工であれば問題ありません。輪郭やパーツの大きさなどは絶対に変えないようにしましょう。

マイナンバーカードの写真撮影でおすすめのスマホアプリ

履歴書カメラ

適度な肌補正とクマ消し機能により、綺麗な写真を撮影することができます。撮影ガイドがついているので、スマホでの写真撮影が苦手な人にもおすすめです。

履歴書カメラでは、既に撮影済みの写真をあとから加工することもできます。「清潔感」「健康的」「華やか」などタイプが選べるので、好みの加工タイプを選びましょう。

コンビニや家のプリンターですぐに印刷できるので、マイナンバーカードの申請を郵送で行う場合にも便利です。

美肌証明写真

簡単操作で顔の位置調整や美肌加工が行えます。美しい肌にこだわりたい人におすすめのアプリです。ただし、加工のやり過ぎには注意しましょう。

アプリを起動したら「写真を読み込む」「カメラで撮影」のどちらかを選択します。その場で撮影する場合は、画面にある緑の丸に顔の位置を合わせて撮影します。「明るさ」「美肌」「彩度」で顔色を調整して好みの写真を作りましょう。

証明写真BOX〜プロ並みの履歴書写真をかんたん自撮り

スマホで手軽にプロ並みの証明写真を撮影できます。無地の背景が準備できなくても、顔と背景を知能的に認識して、顔位置自動調整、ワンタップで背景チェンジが可能です。

サイズを選択後、ガイドラインに顔の位置を合わせて撮影します。背景に写り込みがあっても、ワンタップで背景を変更できるので、無地の背景の準備が難しい方にもおすすめです。

まとめ:マイナンバーカードの顔写真はコツを押さえてしっかり撮りましょう

マイナンバーカードの顔写真は、スマホを使えば時間を気にせずいつでも撮影でき、気に入るまで何度でも撮り直しができます。さらに、アプリを利用すれば美肌加工やクマ補正も簡単に行えます。背景や髪型など本記事でご紹介した注意点を守って、再申請にならないようにマイナンバーカードの顔写真を撮影しましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像