近年はつみたてNISAやiDeCoなど、個人投資家が手軽に株式投資できる環境が整っています。しかし手軽にかつ、一定の成果が期待できる投資法が欲しいところです。その中で、S&P500インデックスファンドに積立投資をすることが、納得できるリターンを得られる投資法として注目されています。そこで今回は、S&P500についての解説を中心に、積立投資のメリット・デメリットを解説します。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

S&P500とはアメリカ経済を表す代表的な指標

はじめにS&P500について解説します。S&P500は、アメリカを代表する上場企業約500社を選出し、選出企業の規模(時価総額)に合わせて調整した指数です。正式名称を、スタンダード・アンド・プアーズ500種指数といいます。S&P500の株式市場での規模は、アメリカの上場企業の時価総額のうち70%以上を占めており、アメリカ経済を表す指標として様々な分野で用いられています。

・時価総額とは株価に発行株式数をかけた金額で、株式市場での企業の規模を表します。

・S&P500の数値は採用銘柄全ての時価総額に一定の計算を行った指数値です。そのためS&P500の数値はドルでは無くポイントで数えます。

株式投資が難しいのは銘柄や相場を調査しないといけないから

ところで、株式投資が身近になったにもかかわらず、多くの人は難しいというイメージを持っています。なぜなら個別企業への投資には、以下のような作業や知識が求められるからです。

インデックスファンドへの積立投資は株式投資を習慣化できる

しかし、現代の株式市場では上記のような手間をせずとも、一定のリターンが期待できる投資法があります。それはインデックスファンドへの積立投資です。

インデックスファンドとは日経平均やTOPIXなど、株価指標と同じ運用成績を目指すように設計された投資信託です。そのため投資先企業はあらかじめ決められており、比較的幅広い株式に分散投資できます。

難しい投資テクニックは不要

インデックスファンドへの積立投資のメリットは、株式投資に関する知識やテクニックが全く求められないことです。必要なことは、積み立てる投資資金を確保することだけです。またインデックスファンドは投資信託なので、毎月1,000円といった手軽な費用で積み立てることができます

インデックスファンドは手数料も格安なものが多い

またインデックスファンドは、手数料が格安なこともメリットです。例えばインデックスファンドの対照として、アクティブファンドと呼ばれるものがあります。アクティブファンドは、ファンドマネージャーが皆さんから集めたお金を使って、様々な投資を行います。しかしファンドマネージャーに報酬を支払う必要が出るため、手数料が高くなるのです。

一方でインデックスファンドはあらかじめ投資先が決められています。そのため投資が自動化されており、手数料が割安になるのです。

投資先が偏りすぎると運用成績に影響する

一方でインデックスファンドでも、どの株価指数に投資するかは、重要なポイントです。例えば成長著しい新興国のインデックスファンドは魅力的ですが、政治経済の動向に不安が残ります。一方で日本のインデックスファンドは、経済成長の鈍さに満足できないかも知れません。

S&P500インデックスファンドへの積立投資は初心者にも手堅い投資法

ではアメリカのS&P500インデックスファンドに投資するのはいかがでしょうか。先ほど述べたように、S&P500はアメリカ経済をカバーしているだけでなく、企業の選出方法にも納得できるメリットがあるのです。

S&P500への積立投資がお勧めできるメリット

ここからは、S&P500インデックスファンドに積立投資することのメリットについて解説します。また株式投資初心者の方が投資先として思われる「ダウ平均」や「日経平均」そして「TOPIX」との違いについても解説します。

S&P500は大手アメリカ企業のほとんどに投資できる

S&P500は、アメリカ株式市場を幅広く組み込んだ株価指標です。そのためアメリカが誇るグローバル企業の多くが、S&P500に採用されているのです。アメリカの大企業は株主志向が強く、株価の上昇に積極的な姿勢を取っています。また配当金など株主還元にも意欲的です。

安定成長した企業でないとS&P500に選ばれない

S&P500に選ばれるためには、以下のような一定の基準をクリアする必要があります。そして選定基準に応じて、構成銘柄が定期的に入れ替わるのです。

このようにS&P500では、成長著しい企業が組み入れられ、そうでない企業は外されていきます。したがってS&P500に投資すれば、自動的に優良企業だけに投資できるのです。

アメリカは国内も人口増加している

S&P500はアメリカ企業で構成されているため、アメリカ経済の影響を受けます。そしてそのアメリカ経済は、長期的にも経済成長が期待されているのです。なぜならアメリカは近年でも人口増加が続いているからです。この傾向は2050年頃まで続くとされており、他の先進国が人口減少で悩まされていることを比べれば、経済的アドバンテージがあります。

アメリカの株式市場がもっとも完成度が高い

アメリカは世界で最も資本主義が浸透している国です。資本主義では何か事業を興すとき、企業や個人が自由にお金を集めて、ビジネスを保有(投資)してリターンを得ます。そのためアメリカには世界中から多くの資金が集まり、様々なビジネスが生まれ続けているのです。

またアメリカの株式市場は、個人や企業が自由に取引できることを重視しています。そのため株価に大きなゆがみが生じても、比較的早期に修正されるのです。

ダウ平均では分散投資が不十分

次にS&P500以外の有名な株価指標と比べてみましょう。まずダウ平均ですが、アメリカの株式市場を代表する指標として、ニュースでも報じられています。しかしダウ平均への投資では30社しか分散投資することができません。

日経平均やTOPIXでは日本株しか投資できない

また日本株の指標では、日経平均とTOPIXがよく知られています。日経平均は採用された225社、そしてTOPIXは東証1部企業全体を表す指数です。国内にも成長著しい企業はあります。しかし日経平均やTOPIX自体の成長性はバブル期以降鈍化しています。そのため日本株の分散投資だけでは、十分なリターンを得られない可能性があるのです。

S&P500積立投資で注意すべきデメリット

ではS&P500に投資することでのデメリットはあるのでしょうか。それはアメリカ企業だけに投資することと、幅広い分散投資をすることによるメリットの裏返しがあるのです。

短期的には成長株に負ける

いつの時代にも時流に乗った企業が生まれ、著しい成長を遂げます。本来このような企業に集中投資できれば、一気に巨万の富を得られるのです。しかしそれには大きなリスクが伴います。S&P500への投資では、突然お金持ちになれませんが、リスクを抑えた着実な投資をすることができます。

あくまでも平均点の成績しか望めない

S&P500での投資では、敏腕の投資家が出すような、高いパフォーマンスを出すことはできません。なぜならS&P500への投資は、株価の好調な企業と不調な企業の両方に投資するからです。したがってS&P500への投資では平均的な成績しか残せません。しかし裏を返せば平均以下の成績にもならないということです。

景気が悪いも投資を続けなければならない

S&P500への投資で満足いく資産を作るには、景気が悪い時期でも積立投資を続けることが重要です。なぜなら株価の安いときこそ、同じ資金でもたくさんの株式を買うことができるからです。つまり、景気の悪いときでも積立投資の資金を確保することが必要です。

アメリカの国力が低下する可能性

今アメリカは世界最大の経済力を保っています。しかしこの状態がいつまで続くかは、保障できません。もしアメリカの経済が縮小すれば、S&P500の数値も低迷する可能性があるのです。またアメリカ経済の低迷は円高をもたらし、S&P500のリターンが減少する可能性も否定できません。

しかしS&P500に選定されている企業の多くはすでに世界中に事業を拡大しています。また相対的に規模が大きくなる国や地域があったとしても、アメリカも当面人口が増加するので、経済が縮小するとは考えにくいのです。

S&P500に投資できるインデックスファンド

このように魅力的な投資先であるS&P500ですが、日本からでも投資できるインデックスファンドがあります。今回はつみたてNISAの対象になっているS&P500のインデックスファンドを紹介します。

いずれのインデックスファンドもS&P500に連動した運用成績を目指しています。さらにつみたてNISAの対象ファンドのため、手数料は格安に抑えられている点も特徴です。

S&P500インデックスファンドでリスクを抑えた株式投資をしよう

このように、投資初心者や長期間の資産形成を目指す人にとって、S&P500インデックスファンドは、たくさんのメリットがあります。そしてこれからの日本人が行う資産形成は、世界の経済成長を取り込む必要があるのです。今回の記事を機会に、S&P500インデックスファンドへの投資を始められる方が増えることを期待しています。

※投資はあくまでも自己責任となります。利益を保証するものではありませんので、ご注意ください。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓