楽天カードは豪華な入会キャンペーンや楽天ポイントを貯めやすいなど、そのメリットの多さから大人気のクレジットカードです。

これまでは原則として一人1枚しか発行できなかった楽天カードですが、2021年6月1日から個人でも2枚目の楽天カードが発行できるようになりました(家族カードは元々発行可能)。

この記事では、2枚目の楽天カードを作るメリット・デメリットや家族カードとの違い、2枚目を発行するにあたってのよくある質問についてまとめています。

楽天カードは2枚目の発行が可能に

楽天カードは2枚目の発行が可能に

天カードの2枚目発行についてや楽天カードの基本スペックについて説明します。

2021年6月1日から2枚目の発行が可能

楽天カードは、2021年6月1日から個人でも2枚目を発行できるようになりました。

楽天カードを2枚持つことで異なる国際ブランド・デザインで持てたり、用途に応じて使い分けるなど、より快適にカードを活用することができます。

楽天カードの基本スペックは以下の通りです。

楽天カードの画像

年会費 無料
ポイント還元率 1.00%~3.00%
貯まるポイント 楽天ポイント
交換可能マイル ANAマイル
追加カード ETCカード
家族カード
付帯保険 海外旅行
電子マネー機能 楽天Edy
スマホ決済  Apple Pay
Google Pay
楽天ペイ

楽天カードは年会費無料で、ポイント還元率は1%です。「楽天市場」や「楽天トラベル」といった楽天サービスの決済で利用するとポイント還元率はさらに高くなります。

「楽天証券」では、投信積立の引き落とし方法として楽天カードのクレジット決済を利用できます。決済額100円につき1ポイントが貯まり、上限額は1ヶ月あたり5万円となっていて毎月最大500ポイントを獲得できる計算です。

積立NISAも対象になっているため、積立NISAを満額やっているだけでも毎月333ポイントを貯められます

楽天関連のサービス(楽天経済圏)をよく利用する方にとっては、必須のクレジットカードであるといえます。

楽天カードのお申し込みはこちら

2枚目発行キャンペーンで1,000ポイントもらえる

2枚目発行キャンペーンで1,000ポイントもらえる

現在、楽天カード2枚目を発行すると1,000ポイントがもらえるキャンペーンをしています。

1,000ポイント付与までの流れは以下のとおりです。

  • 2枚目の楽天カードを発行する
  • 届いたカードを申し込み日の翌月末までに1回以上利用する
  • 1,000ポイントがもらえる(期間限定ポイント)

楽天ポイントは、「1ポイント=1円」として使用できます。

楽天カード2枚目の発行を検討されている方は、キャンペーンを利用してみてはいかがでしょうか。

2枚目の楽天カード発行はこちらから

楽天カード2枚目を作るメリット

楽天カード2枚目を作るメリット

楽天カードの2枚目を発行する主なメリットは以下の5つです。

  • 異なる国際ブランドを使用できる
  • デザインカードをより楽しめる
  • 楽天ポイントが貯めやすくなる
  • 付帯特典や保険の補償が手厚くなる
  • 用途ごとにカードを使い分けられる

異なる国際ブランドを使用できる

異なる国際ブランドを使用できる

楽天カードで利用できる国際ブランドは以下の4つです。

  • VISA
  • master
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス

国際ブランドにはそれぞれ特徴があります。

例えばVISAの場合、使用できる国や地域、店舗の数いずれも世界トップクラスの国際ブランドです。日本国内のみならず、世界中の多くの場所で使用できます。

一方、JCBは日本生まれの国際ブランドです。日本国内での加盟店は多いですが、海外での加盟店はVISAと比べると少ないです。海外旅行の際に使えないといった可能性があるため、日本国内での利用がメインの方におすすめです。

このように使えるお店に差がある場合があります。楽天カード2枚目を発行し、異なる国際ブランドを選ぶことでより多くの場所でクレジットカードが使用できるようになります。

デザインカードをより楽しめる

デザインカードをより楽しめる 楽天カード

楽天カードには、様々なデザインのカードがあります。

楽天カードの公式キャラクターである「お買いものパンダ」やスペインの強豪サッカーチームである「FCバルセロナ」、「ミッキー」「ミニー」や女性に人気のピンク色のカードなど、様々なデザインが楽しめます。

2枚目の楽天カードを発行することで、好みのデザインを楽しむことができます。

楽天ポイントが貯めやすくなる

すでに使い分けている別のカードを2枚目の楽天カードに変更することで、別カードで支払っていた金額分も楽天ポイントを貯めることができます。

また、先述したとおり異なる国際ブランドのカードを持つことで、より多くの場所で楽天カードが使えるようになります。

使用できる場所が増えることは、それだけでポイントが貯まりやすくなることに繋がります。

付帯特典や保険の補償が手厚くなる

2枚目の楽天カードは、種類が異なるカードを選んで発行することができます。異なる特徴を持つカードを2枚組み合わせることで、付帯特典や保険の補償を手厚くできます。

楽天PINKカード ・楽天グループ優待サービスや女性向けの保険などが選べる
楽天ゴールドカード ・国内空港ラウンジが年2回まで無料
・ETCカードが無料で作れる
楽天プレミアムカード ・楽天市場でのポイントが最大5倍
・国内外の空港ラウンジが何回でも無料
 (プライオリティパスが付帯)

楽天カードを2枚持てるようになったことで、1枚しか持てなかった時よりも手厚い特典や保険の補償を受けられるようになります。

用途ごとにカードを使い分けられる

楽天カードを2枚発行することで、用途に応じてカードを使い分けられるようになりました。

例えば1枚目は普段の生活費決済に使い、2枚目のカードを生活費以外の決済(例えば電気代や家賃などの固定費)に使えばお金の管理がしやすくなります。

個人事業主の場合、確定申告で経費の申告をするのが一般的です。2枚目のカードを事業用とすれば、出入金の把握がしやすくなり、確定申告の業務効率化につながります。

楽天カード2枚目を作るデメリット

楽天カード2枚目を作るデメリット

2枚目の楽天カードを発行した場合には様々なメリットがありますが、以下の点に注意が必要です。

  • 利用限度額は共有される
  • カード発行特典は受けられない
  • 2枚のカードを管理する必要がある

利用限度額は共有される

2枚目の楽天カードを発行しても、利用限度額が2倍に増えるわけではありません。1枚目と2枚目の利用限度額は共有されますので、注意が必要です。

例えば1枚目が限度額100万円のカードなら、2枚合計の限度額も100万円です。

カード発行特典が受けられない

楽天カードを発行する際は、新規入会特典が受けられます。

しかし、2枚目の楽天カードを発行して受けられるのは、2枚目発行特典の1,000ポイントのみです。1枚目と同じようなキャッシュバックキャンペーンは適用されないことを認識しておきましょう。

2枚のカードを管理する必要がある

楽天カードを2枚持つということは、当然ですが2枚のカードを管理する必要が出てきます。

2枚のカードを使い分ける必要がない方にとっては、かえって管理が面倒になることもあります。2枚目のカードを発行する際は、2枚目が本当に必要かを検討しましょう。

楽天カード2枚目と家族カードの違い

キャッシュカードの特徴

楽天カード2枚目の特徴

楽天カード2枚目の特徴は、2つのカードの利用明細を分けられることです。用途によって楽天カードを使い分ける場合、利用明細を分けることでお金の管理がしやすくなり便利です。

ただし、楽天カードの2枚目はあくまでカード申込者本人用のカードです。家族が使うことはできません。

家族用のカードを発行したい場合は、次に説明する家族カードの方が良いでしょう。

家族カードの特徴

家族カードの特徴は、その名の通り家族に対して同じカードを発行できることです。

引き落とし口座・利用明細が本カード会員と同じになるため、家計管理にも便利といえます。

例えば世帯主が楽天プレミアムカードを発行している場合、本来であれば年間費11,000円かかります。

家族カードなら年会費550円で、ほとんど同じ付帯サービスが使える状態で家族に持たせることができます。保険サービスも適用されるため、保険のために持たせておくのもおすすめです。

楽天カード2枚目発行によくある質問

楽天カード2枚目発行によくある質問

利用限度額は1枚目と2枚目で違う?

利用限度額は1枚目と2枚目で共有されます。

1枚目(メインカード)の限度額が50万円なら、1枚目と2枚目をあわせて50万円の限度額になります。2枚目を作ったからといって、2枚目単体で利用限度額が付与されているわけではありません。

2枚目にビジネスカードは作れる?

楽天カード2枚目にビジネスカードは作れます。

カードの用途を個人とビジネスで分けたい方にとって、入出金の管理がしやすくなるメリットがあります。

2枚目の楽天ポイントはどうなる?

2枚目の楽天ポイントは、1枚目(メインカード)と同一のアカウントに貯まります。

楽天ポイントが分散されず、効率的に貯められます。

2枚目も審査はある?

楽天カードの2枚目を発行する際にも審査はあります。

しかし、すでに1枚目のカードの申し込み時に審査をしているので、審査に通りやすい傾向はあるようです。2枚目を発行する際は身分証の確認もないようなので、審査ハードルは低いといえます。

2枚目も楽天Edyは使える?

楽天カード2枚目も楽天Edyが使えます。

ただし、2枚目の「楽天カード」または「楽天PINKカード」については、楽天Edy付帯カードの発行手数料として330円(税込)がかかります。

引き落とし口座を分けることはできる?

引き落とし口座は分けられますが、発行されたばかりの初期設定では同一口座に設定されています。

口座を分けたい場合は変更手続きが必要です。

ETCカードは作れる?

1枚目、2枚目ともにETCカードは作れます。

しかし、2枚目を発行する際に同時申込はできません。ETCカードは後から「e-NAVI」で申し込む必要があります。

出典:楽天カード「2枚目のカード」

まとめ:楽天カード2枚目を発行して使いこなそう

楽天カード2枚目を発行して使いこなそう

今回は楽天カードの2枚目発行について解説しました。

楽天カードは年会費無料にも関わらず楽天ポイントが貯まりやすく、手厚い補償が受けられるなど様々なメリットがあるクレジットカードです。

4種類の国際ブランドから選べ、デザインも豊富です。ポイント還元率は1%で、「楽天市場」でのお買い物ならいつでもポイントが3倍貯まります。

楽天カードを2枚発行し、用途に応じて使い分けながらお得なカードライフを送りましょう。

楽天カード2枚目のお申込みはこちらから

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像