最近では資産形成や投資を目的としてオンライン上で簡単に始められる「ネット証券会社」が注目されています。

この記事では、ネット証券の中でも特に人気の高い「楽天証券」と「SBI証券」の特徴比較や使い分けるポイントについて解説します。

楽天証券とSBI証券のどちらで口座開設をしようか検討中の方はぜひ参考にしてください。

楽天証券の特徴

出典:楽天証券公式ホームページ

楽天証券は楽天グループが提供するネット証券会社です。楽天サービスの利用者や投資初心者でも使いやすいサイト/アプリデザインが特徴です。

楽天証券の詳細はこちら

楽天ポイントで投資できる

楽天証券は楽天ポイントを使った投資ができ、投資信託や国内株式の現物取引を行うことができます。

1ポイント1円として換算され、投資信託は100ポイントから購入が可能です。楽天市場で貯まった楽天ポイントを活用できるため、気軽に始めやすく投資初心者の方にもおすすめです。

米国株式と国内株式をアプリで取引できる

米国株式と国内株式を同一のアプリで取引することができるのも楽天証券の特徴です。株用アプリ「iSPEED」を使うと、海外と国内の株を簡単に取引できます。

SBI証券のアプリは国内用と米国用でアプリが分かれているため、国内株式と海外株式両方の取引を行いたい方には特におすすめです。

株用アプリ「iSPEED」の詳細はこちら

お得なキャンペーンが多い

楽天証券では、お得なキャンペーンが多いのも特徴の1つです。

新規の口座開設や、積立デビューによる楽天ポイントプレゼント/キャッシュバックキャンペーンなど様々な特典付きのキャンペーンが多いため、お得にサービスが利用できます。

出典:楽天証券「現在実施中のキャンペーン一覧」

楽天カードを使えば5万円までポイント付与される

楽天カードのクレジットカード決済で投資信託を購入すると、楽天ポイントが付与されます。

ポイント付与率は1%で、毎月の積立上限額は5万円です。楽天カードで投資信託を購入すると500ポイントが付与され、SPUも+1倍になるためポイントが貯めやすくなります。

クレジットカード決済でのポイント付与は、積立NISAでも有効です。33,333円分を積立NISAで使用し、残り16,667円を特定口座で使用して500ポイントを獲得するという方も少なくありません。

SBI証券の特徴

出典:SBI証券公式ホームページ

SBI証券はSBIホールディングスのグループ企業です。口座開設数が600万を超えるネット証券口座開設数No.1の証券会社です。

SBI証券の詳細はこちら

手数料が安い

SBI証券の大きな特徴の一つが手数料の安さです。SBI証券にはスタンダードプラン(1注文ごとにかかる手数料)とアクティブプラン(1日の約定代金にかかる手数料)の2種類の取引プランがあります。

スタンダードプランでは、1注文あたりの取引金額が50万円以下だと手数料が50円かかります。アクティブプランでは、1日あたりの約定代金が100万円以下の場合手数料は無料、200万円以下の場合は1,278円と、両方とも他社に比べて手数料が安いです。

また、SBI証券では25歳以下の場合は手数料が0円となります。20〜25歳の方は、国内株式(現物)の手数料を全額キャッシュバックすることにより、実質無料での取引が行える仕組みです。25歳以下の方はSBI証券での口座開設がおすすめです。

IPO取扱件数が多い

SBI証券はIPO取扱件数が多い証券会社です。

IPOとは、これまで上場していなかった企業が証券取引所に新たに上場して、株の取引ができる状態になることです。「新規公開株」や「新規上場株式」とも呼ばれています。

上場時に株価が上がりやすいことから、IPOは注目しておきたい情報といえます。他の証券会社では購入できない銘柄が多いため、IPO投資に興味がある方はSBI証券がおすすめです。

外国株式の種類が多い

外国株の種類が多いのもSBI証券の特徴の1つです。主要ネット証券会社の中で、最も多い9カ国の外国株を取り扱っています。

  • 米国株式
  • 中国株式
  • 韓国株式
  • ロシア株式
  • ベトナム株式
  • シンガポール株式
  • タイ株式
  • マレーシア株式
  • インドネシア株式

楽天証券が取り扱う外国株は以下、6カ国です。

  • 米国株式
  • 中国株式
  • 韓国株式
  • タイ株式
  • マレーシア株式
  • インドネシア株式

SBI証券は取扱国が多いため、外国株式投資をしたい方は複数カ国選ぶことによりリスクが分散ができます。

三井住友カードでクレカ積立ができる

SBI証券は、2021年6月30日より三井住友カードでの積立サービスを開始しました。

積立可能金額は毎月100円〜5万円となっており、クレジットカードで積立決済ができる仕組みです。クレカ積立を利用すると決済額に応じてVポイントが付与されるため、そのままポイントを貯めたり、ポイントでお買い物ができたりするメリットもあります。

スタートダッシュキャンペーンで最大3.0%還元

SBI証券の三井住友カード積立の画像

三井住友カードの積立設定開始記念として、スタートダッシュキャンペーンが実施されます。

このキャンペーンでは2021年6月30日から12月10日の期間、通常のポイント付与率0.5%が1.5%までアップします。プラチナカードを使用している方なら最大3.0%まで還元率がアップします

これから証券口座を作る方で三井住友カードを所持している方は、このキャンペーンを理由にSBI証券で口座開設するのもありだと思います。

スタートダッシュキャンペーンの詳細はこちら

楽天証券とSBI証券を比較する4つのポイント

いくつかのポイントに注目することにより、両社の証券会社を比較しやすくなります。

1. 手数料の高さ

証券会社を比較する1つ目のポイントは手数料です。

楽天証券とSBI証券には注文ごとによる取引額と1日全体の合計取引額による2つの手数料プランがあります。

国内株式1回の注文取引額による手数料

約定代金 楽天証券 SBI証券
5万円まで 55円 55円
10万まで 99円 99円
20万円まで 115円 115円
50万円まで 275円 275円
100万円まで 535円 535円

楽天証券もSBI証券も、主要ネット証券会社の中では比較的手数料が安いといわれており、1回の注文による約定代金の手数料は同じです。

国内株式1日の合計取引額による手数料

約定代金 楽天証券 SBI証券
50万円まで 無料 無料
100万円まで 無料 無料
200万円まで 2,200円 1,278円
300万円まで 3,300円 1,718円

1日の合計取引額による手数料の場合は、100万円までは両社とも無料ですが、200万円・300万円まで金額が上がってくるとSBI証券の方がお得になります。

1日に100万円以上の取引を行う際は、SBI証券を選ぶのがおすすめです。

2. 提供サービスの違い

証券会社を比較する2つ目のポイントは、提供サービスです。楽天証券とSBI証券では国内株式や投資信託をはじめ、iDeCoやNISAなど様々なサービスを提供しています。

両社が取り扱う商品に大きな違いはありませんが、外国株式の取扱国数とiDeCoの商品数が若干異なります。楽天証券に比べてSBI証券の方が取り扱い商品数が多く、銘柄選択の幅が広いです。

サービス内容の充実度を重視したい方は、SBI証券がおすすめです。

3. IPO投資銘柄の差

証券会社を比較する3つ目のポイントは、IPO投資です。

SBI証券は、楽天証券に比べてIPOの銘柄が多い傾向にあります。

年度 楽天証券 SBI証券
2020年 38 85
2019年 26 84
2018年 11 86

また、それぞれの証券会社によってIPO当選の仕組みも異なります。

楽天証券は平等に抽選が行われ、誰もが公平に当選するチャンスがあります。SBI証券では「IPOチャレンジポイント」という独自のポイントプログラムを提供しており、申し込み後にポイントを多く保有している人が当選しやすい仕組みになっています。

IPO投資を重視したい方は、取り扱い銘柄の多いSBI証券がおすすめです。

4. アプリの使いやすさ

証券会社を比較する4つ目のポイントは、アプリの使いやすさです。パソコンを操作できないときはアプリを使って取引をしたり、進捗状況を確認できたりします。アプリが使いやすいと、取引や株の購入をスムーズに行えるという利点があります。

SBI証券の場合、国内株と外国株の取引を行う際はそれぞれ別アプリで管理する必要があります。一方、楽天証券の場合は国内株式と外国株式を同一アプリで管理することができます。

1つのアプリだけで国内と外国の株式をチェックできるため、そのどちらも取引をしたい方/している方には楽天証券がおすすめです。

楽天証券とSBI証券はどっちがおすすめ?

SBI証券と楽天証券の画像

これまで楽天証券とSBI証券の特徴や比較ポイントについてご紹介してきましたが、目的やニーズによっておすすめする証券会社が異なります。自分が求めているサービス内容や資産形成の方法に合う証券会社を選びましょう。

楽天証券がおすすめな人

  • 楽天サービスをよく利用する人
  • 楽天ポイントでも投資をしたい方
  • 積立NISAをこれから始めようと思っている方

楽天カードや楽天市場、楽天モバイルなど、楽天が提供しているサービスを利用する頻度が多い方は楽天証券がおすすめです。SPUの倍率が上がるため、これまで以上にポイントが貯めやすくなります。

また、楽天カードで積立設定をすれば、毎月投資した1%がポイント還元されます。積立NISAをこれから始めようと思っている方は、楽天証券で始めるのがおすすめです。

楽天証券の詳細はこちら

SBI証券がおすすめな人

  • 国内最大手のネット証券を使い方
  • 外国株式の取引を行いたい方
  • IPO投資をしたい方

SBI証券は国内最大手のネット証券であるため、ユーザーが多く、低リスクで投資を始めたい方におすすめです。

また、9カ国もの取扱国があるため、外国株式の取引を行いたい方にぴったりです。IPOの取り扱い件数はネット証券会社の中でも多く、実績のある会社でIPO投資をしたい方にもおすすめです。

SBI証券の詳細はこちら

両方を使い分けるのもおすすめ

楽天証券とSBI証券はそれぞれ異なる特徴を持っていますが、両社の証券会社に口座登録をしてサービスを使い分けるのもおすすめです。

複数の証券会社の口座を保有しておくことで、各社のメリットをうまく活用しながら効率的に資産形成や投資を行うことができます。

例えば、1つの証券会社口座を持つよりも複数の口座を持つことによりIPOの当選確率が上がります。それぞれの証券会社で利用したいサービス内容やポイント制度があれば使い分けてみましょう。

まとめ:楽天証券とSBI証券はうまく使い分けよう

今回は楽天証券とSBI証券の特徴や比較、使い分けるポイントなどを解説しました。楽天証券とSBI証券にはそれぞれ特徴やメリットがあります。

楽天証券は楽天ポイントでの投資や国内株と海外株を同一アプリで管理でき、SBI証券は外国株式の取り扱い国が多く、優れたIPO実績を持っています。証券会社を選ぶ際は、手数料や提供サービスなど、いくつかのポイントを比較して口座を登録しましょう。

また、両社の証券会社で口座登録をしてサービスを使い分けることも可能です。どちらかに振り切るのではなく、自分に合った投資サービスやポイント運用を行いましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像