近年、ショッピングで貯まったポイントを投資に使えるサービスが増えています。

これまで使いみちが限定的だったポイントを使って手軽に投資ができることもあり、これまで資産運用をしていなかった方にも人気を集めているようです。

なかでも楽天グループのポイントを利用した「楽天ポイント投資」は、楽天ポイントの貯めやすさも相まって多くの方におすすめできるものになっています。

この記事では、楽天ポイント投資のメリット・デメリットやおすすめされる理由について解説します。

楽天経済圏の関連記事
楽天経済圏とは 楽天銀行のメリット
楽天カードのメリット 楽天カード2枚目の発行
楽天証券の特徴 楽天ポイント投資

楽天ポイント投資とは

楽天ポイント投資とは

楽天ポイントで投資ができる

楽天ポイント投資とは、楽天ポイントを楽天証券で利用できるサービスのことです。

楽天ポイントは「楽天市場」や「楽天モバイル」など、楽天グループのサービスを利用することで貯まっていきます。

貯まった楽天ポイントを楽天市場でのショッピングや楽天payで使用するのも良いですが、ポイント投資に回すことで資産の増加を目指すことができます。

投資を始めてみたいと考えている方であれば、ポイント投資から気軽に始めてみるのも良いでしょう。

投資信託や株式が対象

楽天ポイント投資の対象商品は、投資信託や国内株式(現物)、米国株式(円貨決済)、バイナリーオプションです。

以前は投資信託しか購入できませんでしたが、株式の購入もできるようになったため、自分の投資目的に合った商品を選べるようになっています。

また、NISAや積立NISAを利用する際にもポイント投資ができます。

非課税のメリットを受けて少額投資ができるため、初心者でも始めやすい制度です。

売却すれば実質現金化も可能

ポイントで投資した株や投資信託は、現金で購入したときと同じ扱いになります。

銘柄を売却した際には現金で戻ってくるため、ポイント投資をして売却すれば実質現金化することも可能です。

クレジットカードの現金化は違法とされていますが、ポイント投資に関しては違法ではないため、安心して換金しましょう。

楽天ポイント投資のメリット

楽天ポイント投資のメリット

100円から気軽に始められる

楽天証券では、投資信託を100円から購入することができます。

ポイント投資の場合も100円から購入できるため、少額から気軽に始めやすい点が楽天ポイント投資のメリットです。

楽天ポイント投資では、投資金額の一部または全部をポイントで決済できます。

貯まったポイントを投資で増やしていければ、ポイントによる資産運用も可能になります。

NISAや積立NISAでも利用できる

楽天ポイント投資では、通常の投資だけでなく「NISA」や「積立NISA」にもポイントを利用できます。

NISA・積立NISAとは、年間一定額までの投資で得た利益が非課税になる制度のことです。

非課税となる条件は、NISAが年間120万円・最長5年間、積立NISAが年間40万円・最長20年間です。

NISAと積立NISAは両方を同時に利用することはできず、いずれか一方を選択する必要があります。

ご自身の投資目的に合った方を選択し、非課税のポイント運用を始めてみましょう。

楽天ポイントは貯まりやすい

楽天ポイント投資のメリットとして、楽天ポイント自体が貯まりやすい点も挙げられます。

効率良くポイントが貯まっていくため、どんどん投資に回していくことが可能です。

例えば、楽天市場で買い物をすると購入金額に応じてポイントが還元されます。

他にも楽天モバイルや楽天トラベルなど、楽天経済圏のサービスを使えば使うほどポイントが貯まっていきます。

楽天ポイント投資は、生活に必要なあらゆるサービスを楽天グループに統一する「楽天経済圏」を利用している人に特におすすめであると言えるでしょう。

投資を始めることで金融知識がつく

投資は、本やネットで勉強するだけでなく、自分で実際に体験することで知識が身に付いていきます。

金融・投資に関する知識を実践的に学習できる点が、楽天ポイント投資を始めるメリットです。

例えば、「企業の決算発表後に株価はどう動くのか」などは、実際に株を購入していないと理解しにくい内容です。

少額でも投資していれば、投資銘柄の値動きやニュースなどが気になってくるため、自然と投資に関する知識が身に付いていきます。

投資について勉強を始めたいと考えている方は、まずはポイント投資から始めることを視野に入れてみましょう。

楽天ポイント投資のデメリット

楽天ポイント投資のデメリット

元本割れリスクがある

楽天ポイント投資は、現金の代わりにポイントを使っているとはいえ、投資であることに変わりはありません。

投資した銘柄の株価が下落した場合は、収支がマイナスになる可能性があることは覚悟しておきましょう。

ポイント投資は気軽に始めやすいため、リスクに対しての認識が甘くなってしまうケースも多いです。

現金ではありませんが、現金で投資するのと同じ気持ちで情報収集は投資判断をしましょう。

楽天証券の口座開設が必要

楽天ポイント投資を始めるためには、楽天証券の口座開設が必要です。

口座開設の手続きが面倒だと感じる人にとっては、デメリットと言えるでしょう。

口座開設をする際には楽天証券による審査が行われるため、時間がかかってしまうケースがあります。

楽天ポイント投資に興味を持ったら、早めに口座開設手続きを進めることをおすすめします。

また、口座開設が手間だと感じる方には「楽天ポイント運用」という選択肢もあります。

ポイント運用とは

ポイント投資の画像

楽天ポイント運用とは、楽天にポイントを預けてポイントを運用してもらうサービスです。

楽天ポイント投資と比べて銘柄が選べなかったり、現金化できなかったりというデメリットもありますが、所有しているポイントを着実に増やしていくことができます。

ポイント運用は、擬似的に運用を体験するサービスであるため、証券口座の開設は不要です。

より手軽に投資を始めてみたい方は、楽天ポイント運用もチェックしてみてください。

期間限定ポイントが使えない

楽天ポイントには「通常ポイント」と「期間限定ポイント」がありますが、楽天ポイント投資では通常ポイントしか使うことができません。

楽天ではポイントがもらえるお得なキャンペーンが数多く実施されていますが、その多くは期間限定ポイントとして配布されます。

そのため、キャンペーンで得られるポイントは投資に使えない点に注意が必要です。

「通常ポイントは投資、期間限定ポイントはショッピングに使う」など、効率良くポイントを使っていく工夫をしていきましょう。

使用可能ポイントに上限がある

ほとんどの人は気にする必要無いですが、楽天ポイントには楽天会員のランクに応じて利用上限が定められています。

大量のポイントを使って投資をしたくても、上限を超えてしまう可能性がある点に注意が必要です。

会員ランクに応じた利用上限は、以下の表の通りです。

ダイヤモンド会員以下 ダイヤモンド会員
10万ポイントまで 50万ポイントまで

上記のポイント上限は、ポイント投資だけでなく楽天グループのほかのサービス利用も含まれます。

上限に引っかかる人は少ないと思いますが、「上限がある」という事実は覚えておきましょう。

楽天ポイント投資の始め方・やり方

楽天ポイント投資の始め方・やり方

楽天証券で口座開設する

楽天ポイント投資は、楽天証券に口座がないと始めることができません。

まだ口座を持っていない方は、口座開設手続きを進めましょう。

口座開設は、書類の郵送をしなくてもインターネット上で手続きを進めることが可能です。

スムーズに手続きが進み、書類を準備する手間もかからないため、ネット申込をおすすめします。

また、口座開設には本人確認書類やマイナンバーが必要になるので、事前に準備しておきましょう。

「楽天ポイントコース」を設定する

口座開設が完了したら、「楽天ポイントコース」を設定しましょう。

楽天ポイントコースとは、楽天グループのサービスで貯まったポイントを投資に使えるサービスのことです。

ポイントコースに設定して投資信託・米国株式(円貨決済)に投資すると、楽天市場でのポイント倍率が最大+1倍になります。

口座開設後は、忘れずに楽天ポイントコースの設定をしておきましょう。

投資する投資信託・株を選ぶ

各種設定が完了したら、ポイントを使って購入したい投資信託や株を選びます。

購入する銘柄は、欲しかった銘柄を検索したり、人気ランキングから探したりすることが可能です。

お好みの銘柄を選択して、楽天ポイント投資を始めてみましょう。

楽天ポイント投資がおすすめされる理由

現金を使わずに投資ができる

現金を使わずに投資ができる

楽天ポイント投資では、現金の代わりに楽天ポイントを使うことができます。

持っているポイントが多ければ現金を一切使わずに投資することができるため、投資に対して高いハードルを感じている人も始めやすいことが特徴です。

中でも投資信託は100円から購入できるため、少ししかポイントを持っていなくても投資を始められます。

現金を用意しなくても気軽に投資を始めやすいことが、楽天ポイント投資の大きな魅力と言えるでしょう。

貯まった楽天ポイントを資産運用に使える

楽天ポイントは、楽天グループのすべてのサービスで支払いに充当できます。

そのため、獲得したポイントを買い物やサービス利用料金に充てる人も少なくありません。

しかし、貯まった楽天ポイントを投資に回せば、着実に資産を増やしていくことができます。

特に「人生100年時代」を豊かに生きていくためには、少額からでもコツコツと資産形成をしていくことが重要です。

貯まった楽天ポイントが、サービスの消費だけでなく将来に向けた資産形成にも使えるという点も、楽天ポイント投資がおすすめされる理由として挙げられます。

ポイントサービスの中でもポイントを貯めやすい

各社さまざまなポイントを提供していますが、なかでも楽天は複数のサービスを横断的に使うことでポイントが貯めやすいという特徴があります。

日常生活に必要なサービスを使うだけで投資に使えるポイントが貯まっていくため、継続してポイント投資が続けられる点も楽天ポイント投資がおすすめされる理由の一つです

例えば、スマートフォンを「楽天モバイル」で契約すれば、利用料金に応じて楽天ポイントが貯まっていきます。

家庭の電気サービスを「楽天でんき」にすることでも楽天ポイントは付与されますし、「SPU」と呼ばれる楽天市場でのポイント付与倍率が上がるサービスにも対応しているため、楽天のサービスを使えば使うほどポイントが貯まります。

このように、日常生活に必要なサービスを楽天で契約すれば、獲得したポイントを投資に回せるという点でおすすめです。

まとめ:楽天ポイント投資で資産運用を始めましょう

楽天ポイント投資で資産運用を始めましょう

楽天ポイント投資は、楽天グループのサービス利用で貯まった楽天ポイントを使って、株や投資信託を購入できる仕組みです。

NISAや積立NISAにもポイントが使用できるため、毎月の投資の元本にもすることができます。

日常生活に必要なサービスを楽天サービスに寄せることができれば効率よくポイントが貯まっていくため、貯まったポイントを投資に回すことで資産運用が始められます。

これまでショッピングやサービス利用料の支払いにポイントを使っていた方は、この記事の内容を参考に、ぜひ楽天ポイント投資を始めてみてください。

\ 人気FP講師による『無料』の資産運用セミナー /

マネカツセミナーのバナー画像

楽天経済圏の関連記事
楽天経済圏とは 楽天銀行のメリット
楽天カードのメリット 楽天カード2枚目の発行
楽天証券の特徴 楽天ポイント投資