クレジットカードが何枚まで所有できるか気になったことはありませんか。クレジットカードにはそれぞれに特徴があり、たくさん持っていた方が便利と感じる人もいるでしょう。

今回の記事ではクレジットカードを何枚所有できるかを中心に、複数所有するメリット・デメリット、どのような基準で新しいクレジットカードを契約するのか、などを解説していきます。

クレジットカードは何枚まで作れるのか

最初にクレジットカードの保有制限について解説します。クレジットカードを作成するためにはクレジットカード会社の審査を通る必要がありますが、その際の注意点もまとめます。

審査に通れば何枚でも作れる

クレジットカードの保有数に制限はありません。そのためクレジットカード会社の審査さえ通れば何枚でも持てます。たくさん持ちたい場合は多くのクレジットカード会社に審査を申し込んでください。

注意点として、短期間に複数申し込みをすると「申し込みブラック」という状態になり、クレジットカードの審査がほとんど通らないことがあります。短期間、1ヶ月〜3ヶ月の間に3社以上の申し込みをすると「申し込みブラック」になると言われています。「申し込みブラック」の期間は6ヶ月〜1年間と言われています。

クレジットカード会社の審査に通ればクレジットカードを何枚も所有することはできますが、短期間で複数の申し込みをする際にはお気をつけください。

クレジットカードの均所持枚数は1人あたり2.8枚

「一般社団法人日本クレジット協会」の2020年3月末の調査によると、クレジットカードの発行枚数は2億9,296万枚とあります。これは成人1人あたり2.8枚所有しているという調査結果です。クレジットカード利用者の多くは複数持ちであることがわかります。

参考:一般社団法人日本クレジット協会

基本的には2〜3枚あれば十分

1枚しか持っていない場合は、管理が楽というメリットはありますが、その1枚に何かあった際にクレジットカードが使用できなくなるというデメリットがあります。クレジットカードを複数持つことによって、1枚のカードが磁気やICチップの乱れによる故障、盗難や紛失で使えなくなった場合でも他のカードで代用が可能です。意味もなくクレジットカードをたくさん持っても管理の手間がかかる、年会費のコストがかかるなどのデメリットがあるので、2〜3枚程度クレジットカードを持っていれば十分だと考えます。

クレジットカードを何枚も持つメリット

クレジットカードには会計時に利用することで、現金を使わなくていい、ポイントが貯まる、分割で支払うことにより大きな買い物ができる、などのメリットがあります。

これらのメリットの他にもクレジットカードを複数持つことにより受けられるメリットもあるので、それらについてみていきます。

多くの店舗で支払いに対応できる

店舗によってはJCBが使えない、VISAが使えない、ということがあります。そのため複数のクレジットカードを持つことによって、多くの店舗での支払いに対応できるようになります。

異なるサービスや特典を利用できる

クレジットカードには会計時に現金の代わりに支払いをする他にもできることがあります。

クレジットカードのサービスや特典

  • 空港のラウンジの無料利用
  • 旅行保険
  • ロードサービス
  • キャッシング
  • ホテル優待
  • 提携店舗での優待

など他にもサービスや特典があります。

クレジットカードごとに異なるサービスや特典があり、複数所有するとその分多くのサービスや特典を利用できます。

海外旅行保険の補償額を合算できる

クレジットカードのサービスの中には海外旅行保険が付帯されているものもあります。複数のクレジットカードを持っているとそれぞれの補償額を合算できます。

クレジットカードを多く持てばその分だけ多くの補償を受けられるわけではないので注意が必要です。死亡・後遺障害の場合は複数のクレジットカードを所有していても最も高い補償額が限度額になります。治療費用や賠償責任などの保険に関しては、複数のクレジットカードの補償額が合算されます。

クレジットカードの旅行保険には自動付帯保険と利用付帯保険があります。自動付帯保険の場合はクレジットカードを所有しているだけで適用され、利用付帯保険の場合は旅行の飛行機代やツアー代金を支払った際などの一定条件下で適用されます。

破損・劣化している場合に代用できる

長期間使っているとキズや汚れなどによって、磁気の部分やICチップの部分が劣化し使えなくなってしまうこともあります。そんな時に複数クレジットカードを所有していると、別のカードで代用できます。キャッシュレスが進み現金を多く持ち歩かないことが増えてきていることを考えると、クレジットカードが使えないと困る場面が出てくると考えられます。その際、会計で慌てないようにクレジットカードを複数持っておくことをおすすめします。

クレジットカードを何枚も持つデメリット

クレジットカードを複数所有することにメリットがある反面、デメリットも存在します。メリット・デメリット双方を照らし合わせて、新しいクレジットカードを作るか、今持っている使用頻度の低いクレジットカードを解約するかどうかなどの判断に役立ててください。

複数枚所有することで管理が雑になる

それぞれのクレジットカードごとに利用金額、暗証番号、ポイントの管理などが必要になってきます。
多く持つと全てのクレジットカードに意識を割くことが困難になると予想できるため、管理が雑になってしまいます。

また、引っ越しの時に住所が変わった場合、クレジットカード会社に住所変更の手続きをしなくてはなりません。住所変更の手続きは会社によりますが、インターネットか書面での手続きが主流です。一社ごとに住所変更をする必要があるため、クレジットカードを多く所有していると結構な手間になるでしょう。

住所変更をしない場合のデメリット

  • 新しいクレジットカードを受け取れない
  • クレジットカードが使えなくなる
  • 個人情報が他人に漏れる
  • クレジットカードの請求書が届かない

などのデメリットが想定されますので、住所変更の手続きは必ず行ってください。

盗難・紛失などのリスクが増える

クレジットカードを多く持てば多く持つほど、管理の手間がかかり全てのカードを把握することが困難になります。普段使っていないクレジットカードの場合、盗難・紛失が起きても実際に被害が出るまで気がつかない、なんてことも考えられます。

クレジットカードの盗難・紛失が起きた場合には、カード会社への連絡、警察署に紛失・盗難の届出を出す、再発行手続きをする、などが必要です。盗難・紛失にすぐに気がつけばいいですが、カード会社ごとに設定されている補償期間を過ぎると不正利用された金額が戻ってこない可能性があります。

クレジットカードの盗難・紛失が起こると大変なので、ご自身で管理できる範囲内でクレジットカードを所有することをおすすめします。

ポイントが分散してしまう

クレジットカードは利用するとポイントが貯まります。ポイントはクレジットカード会社ごとに異なることがほとんどのため、複数のクレジットカードを使い分けている場合、ポイントが分散してしまうでしょう。普段使わないクレジットカードに貯まっているポイントに有効期限がある場合、気がついたらそのポイントが消滅している、ということも考えられます。

年会費のコストがかかる

クレジットカードによっては年会費がかかります。多くのクレジットカードを保有すればするほど、年会費のコストがかかってきます。ほとんど使わないのに毎年年会費を払っている、年会費分の恩恵を受けていない、ということが複数のクレジットカードを保有しているとあるかもしれません。

クレジットカード複数枚を使い分けるコツ

クレジットカードを複数枚上手に使い分けるコツ、それは「メインカード」と「サブカード」という使い分けです。

よく使用するものやポイントを貯める為のメインカードを作り、それを補完するようなタイプのものをサブカードとすると良いでしょう。

メインカードとサブカードを分ける

メインとして使うクレジットカード1枚と、サブとしてメインのクレジットカードが使えない場合に使うカードを1〜2枚所有することで利用金額やポイントが集中するため管理が楽になりポイントが無駄になりにくいのでおすすめです。またJCBしか使えない、VISAしか使えない、といった店舗があるため、複数の国際ブランドに対応できるようにしておくことが無難です。海外での使用を視野に入れるならば、VISAかMasterCardのどちらか、あるいは両方の国際ブランドのクレジットカードを所有しておきたいです。JCBのクレジットカードは日本で使用する分には問題ありませんが、海外での加盟店が少ないというデメリットがあります。

付帯サービスや特典、ポイント還元率で選ぶ

クレジットカードごとにサービスや特典、ポイント還元率は異なります。あなたにとって必要なもの、有益なものがあったらクレジットカードの契約を検討してください。

例えば特定のお店でよく買い物をする場合、そのお店の発行しているクレジットカードを利用するとポイント還元率が高いことがあります。例えばイオンならばイオンカード、楽天市場なら楽天カードが他のクレジットカードと比較してポイント還元率がいいです。また、海外旅行保険や国内旅行保険、ロードサービスなどがついているクレジットカードもあります。旅行保険を目当てに新たに契約するならば、所有しているだけで保険を受けられる自動付帯のものがおすすめです。

サブカードなら年会費無料のクレジットカードを選ぶ

クレジットカードには年会費が必要なものと年会費無料のものがあります。サブカードとして、メインのカードが使えなくなった場合のスペア以外に役割がないのなら年会費無料のクレジットカードがおすすめです。

楽天カードやdカード、リクルートカードなど、年会費が無料のクレジットカードはたくさんあります。年会費がかからないクレジットカードは、年会費のかかるクレジットカードと比較するとサービスや特典の面で劣りますが、会計の際に利用するだけなら利便性に差はありません。

使わないクレジットカードは解約する

クレジットカードを複数所有していると、使うカードと使わないカードがあることがわかります。使わないカードをたくさん持っていても、管理の手間や年会費のコスト、盗難・紛失のリスクを抱えてしまうだけなので解約を検討してみてください。当初は旅行保険やロードサービスなどを目当てに契約したクレジットカードも数年経つと本当に必要かどうか怪しくなってしまうものもあるでしょう。クレジットカードを多く持っている方は、一度ご自身の持っているカードが本当に必要かどうか確認してみてはいかがでしょうか。

まとめ:クレジットカードは必要に応じた枚数を所有しましょう

クレジットカードは審査に通れば何枚でも所有することが可能です。クレジットカードごとに異なるサービスや特典があるため、たくさん所有するメリットはあります。しかし、たくさん所有することによるデメリットもあります。今持っているクレジットカードが本当に必要かどうか、メリット・デメリットをよく考えた上で、ご自身にとって適切な枚数を所有してください。

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像