引っ越しをするときに、最初に気になるのはやはり費用のことです。家賃や敷金、礼金をはじめ、引っ越し業者やエアコンの設置などの付帯費用、家具家電の購入など引っ越しにはさまざまなお金がかかります。

その後の新生活のためにも、できる限り引っ越し費用は抑えたいという方も多いでしょう。

引っ越し費用は、引っ越し距離や運ぶ荷物の量のほかにも、引っ越しをする時期によっても変化します。また引っ越し費用を抑えるためには、引っ越しをするタイミングも重要になってきます。

この記事では、引っ越し費用を抑えることができる時期と月ごとの特徴を解説します。

引っ越し時期の特徴

【月別比較】引っ越し時期の特徴

引っ越し費用は、引っ越しする人が多いオンシーズンとオフシーズンによって変わります。

また、家賃や礼金など不動産会社に支払う費用も交渉しやすい時期と難しい時期があります。

1年のうちどの月を選べば安く引っ越しできるのか、それぞれの時期の特徴をみてみましょう。

【1〜3月】新生活に向けて人の動きのある繁忙期

1月は、AO入試などで進学先が早めに決まった高校生や、就職が決まった大学生が新居を探し始める時期です。2月や3月と比べると引っ越し業者は落ち着いてはいますが、不動産会社への問い合わせが徐々に増えてくるタイミングなので、徐々に物件の動きも出てきます。

2月・3月は、入学や就職(転職)など4月から始まる新生活に向けて多くの人が引っ越し準備を始めます。不動産会社も引っ越し業者も、1年で最も忙しく予約が取りづらい時期です。

入居はもちろんのこと、退去する人も多いので物件の流動数は増加します。需要が高いため空き物件はすぐに埋まってしまうことも多く、ゆっくり物件を吟味して決めることは難しいです。

【4〜6月】GWを除くと落ち着いてくる時期

4月は3月の繁忙期が続き、引っ越し業者はまだ予約数が多い時期です。不動産会社は、下旬になるにつれて余裕が出てきます。

物件の多くは埋まってしまい選べる物件数は減りますが、争奪戦も落ち着く頃なので2、3月と比べるとゆっくりと物件が選べるでしょう。

5月は新生活需要がひと段落し、GWが終われば引っ越しのオフシーズンになります。GW中は休みを利用して引っ越す人が多く、引っ越し業者は予約が埋まりがちなので注意しましょう。不動産会社も同様にGW以降は、落ち着いてくる傾向にあります。

GW明けから6月以降は、1年のうちで最も引っ越し希望者が少ない閑散期になります。物件数は少ない可能性が高いですが、ゆっくり物件を選びたい方にはおすすめの時期です。

空室を埋めたいと考える大家さんも多いため、初期費用や家賃の交渉がしやすいといったメリットもあります。

【7〜9月】夏休みが終わると第二の繁忙期

7月は6月に続いて閑散期になります。物件の流動数は少ないですが、不動産会社はゆとりのある時期なのでじっくりと物件を検討しやすいタイミングです。

8月は夏季休暇やお盆休みを利用して引っ越しを計画する人が増えるため、7月よりは引っ越し希望者が多くなります。とはいえ、気温が上がるこの時期は引っ越しを避ける人もいるため、引っ越し料金はそれほど上がりません。

9月は人事異動や転勤にともない、会社員の引っ越し希望者が増える時期です。引っ越し業者は忙しく料金は割高になりますが、物件数は増える傾向にあります。

【10〜12月】ゆとりがあり融通がききやすい時期

10月からは再び閑散期に入ります。9月に引っ越す人が多いため、物件数も増えてじっくりと物件を探しやすい時期です。不動産会社や引っ越し業者の予約は取りやすく、価格や日程の相談にも応じてくれるかもしれません。

11月、12月は新生活に向けて徐々に引っ越し準備を始める時期です。物件数は多くはありませんが、良い物件は早く埋まっていきます。

年明けに引っ越し予定を控えている人は、この時期から物件探しをしておくとよいでしょう。引っ越し業者の閑散期は続いており、価格や日程の融通がききやすい時期でもあります。

引っ越し費用が安い時期の特徴

h2引っ越し費用が安い時期の特徴

月ごとに引っ越しの特徴をみると、閑散期と繁忙期で予約の取りやすさや値段の交渉のしやすさに大きな違いがありました。

同じ条件なら、できれば安い時期に引っ越しをしたいという人も多いでしょう。

次は、引っ越し費用が安い時期に引っ越しをした場合、どんな特徴があるのかみてみます。

家賃、初期費用の交渉がしやすい

引っ越しが安い時期の大きな特徴は、閑散期のため家賃や初期費用が相談しやすいことです。

大家さんにとっても空室期間が長くなるのはデメリットになるため、交渉に応じてもらいやすくなります。

また、不動産会社も予約が少ない傾向があるため、ゆとりがあります。

引っ越し業者と価格・日程調整がしやすい

引っ越し業者も日程の空きが多いため、繁忙期よりも自分の予定に合わせて予約が取りやすくなります。

引っ越しの前後は荷造りや荷解きなど時間がかかる作業も多いことから、スケジュールに余裕が欲しい人にもおすすめです。

また、繁忙期に比べるとベテランの作業員の方が多く割り振られたりするケースが多いのもうれしいポイントです。閑散期で値段も安いため、安い費用で質の高いサービスに期待できます。

引っ越し時期のおすすめ

引っ越し時期のおすすめ

引っ越しが安い時期の特徴をみると、他のシーズンに比べてメリットが多いことが分かります。

1年のうち、引っ越しが安い月はいくつかありますが、その中でも特におすすめしたいのは「6月」と「10月」といわれています。

どうしてこれらの月がおすすめなのか、理由を解説します。

費用を抑えたいなら6月

引っ越しにあまり費用をかけたくないという方には、6月がおすすめです。

春までの繁忙期が終わり、夏のボーナス支給前で引っ越し希望者が少ないため、3月までの繁忙期に埋まらなかった空室は契約時に敷金や礼金などの交渉がしやすくなります。

また、ジューンブライドで結婚するカップルが多く、カップル・ファミリータイプの新築物件の需要が増えます。そのため1LDK以上の物件流動数が増え、探しやすい時期です。

落ち着いて引っ越しするなら10月

10月は不動産会社、引っ越し業者ともに余裕があり、自分のペースでお部屋探しと引っ越しが進めやすい時期です。

引っ越しするときに発生する付帯作業(エアコンの取り付け作業等)の会社も比較的空きが多く、スムーズに予約が取れるのも利点といえます。

また、他の時期よりも気候が安定しているので、快適に引っ越し作業が行えます。

引っ越し費用が安い時期のメリット・デメリット

引っ越し費用が安い時期のメリット・デメリット

一般的に引っ越し費用が安いといわれているのは、閑散期の5月・6月・7月・10月・11月・12月です。

これら時期に引っ越しするとどのようなメリットとデメリットがあるのか解説します。

初期費用を抑えられる可能性がある

この時期の一番大きなメリットは、初期費用が抑えられることです。

閑散期は、引っ越し業者も比較的安いプランを提供していたり不動産会社との交渉もしやすい時期になります。

また、最近ではフリーレントといった契約後一定期間の家賃が無料になる条件契約を導入している物件も増えています。

交渉が苦手な方は、こういった物件を探してみるのもよいでしょう。

じっくりと物件を探せる

この時期の不動産会社は繁忙期と比べて余裕があるため、じっくり物件を探せるといったメリットもあります。

「長く住む家だから焦って決めたくない」「慎重に家を選びたい」という方は、閑散期に物件探しをするのがおすすめです。

物件の選択肢が少ない

引っ越し費用が安い時期のデメリットは、物件の選択肢が少ないことです。

引っ越しをする人が少ないということは、物件が空く(増える)数も少ないため、ゆっくりは選べても理想の家に出会えない可能性があります。

より多くの物件から家探しをしたい方は、安い時期の引っ越しには向いていないかもしれません。

引っ越し費用が高い時期のメリット・デメリット

引っ越し費用が高い時期のメリット・デメリット

引っ越し費用が高い時期は、一般的に2月・3月・4月・9月といわれています。

この時期に引っ越しはデメリットの多いイメージがありますが、引っ越しの需要が高まるからこそのメリットもあります。

物件数が多い

2月から3月にかけては引っ越しする人が増えるため、物件の流動性が高い時期といわれています。

物件の数が多いため希望条件に合った家を見つけやすく、様々な物件を比較しながら家探ししたいと考える人はこの時期が狙い目でしょう。

空室情報も毎日多く更新されるため、この時期はこまめに物件情報を確認しましょう。

物件がすぐに埋まる

引っ越し費用が高い時期は物件の競争率が高く、良い物件ほどすぐに決まってしまうためスピーディーな決断が要求されます。

中には内覧をする前に申し込みをする人もいるため、じっくり家を探したい方にとっては難しい時期かもしれません。

引っ越し費用の交渉がしづらい

不動産会社・引っ越し業者ともに需要が高い時期なので、価格や日程交渉はあまりできないと考えておいた方がよいでしょう。

特に2月〜3月にかけての引っ越し費用は、閑散期と比べて1.5〜2倍になることも珍しくなく、平日でもあまり安くはなりません。

2月〜3月の引っ越しはできるだけ避けたい

2月から3月は物件数が多いというメリットがあります。

しかし費用が高額になったり、ゆっくり物件が選びづらいといったデメリットもあるため、引っ越し時期を選べる方は避けた方がよいでしょう。

新生活に向けて引っ越しする予定が決まっている方は、下記を意識して少しでもいい物件を探し、引っ越し費用を押さえましょう。

  • こまめに物件情報を集める(いい物件はすぐに埋まってしまうため)
  • 友人・知人に引っ越し業者を紹介してもらう(紹介割引サービスが利用できる可能性がある)
  • 引っ越し日時を業者に委ねる(日時指定をしないことで割引になる可能性がある)

まとめ:引っ越し時期毎のメリットデメリットを把握しよう

まとめ:時期を検討して引っ越しよう

引っ越しは、同じ条件でも時期(閑散期・繁忙期)によってかかる費用が大きく異なります。

物件の探しやすさや初期費用の交渉のしやすさなど、引っ越し時期によるメリット・デメリットを理解してどの時期に引っ越しをするべきなのか検討してみましょう。

もし引っ越しをしなければならない時期が繁忙期と重なってしまった場合も、早め早めに準備することでいい物件・ピークよりは安い金額で引っ越しできることもあります。

物件探しも一期一会ですので、納得いく物件探しをしてください。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像