クレジットカードを扱うにあたって「署名」は切っても切り離せない関係です。大きく分けて2つあり、ひとつはクレジットカードの裏面。もうひとつはレシートに記入するサインになります。

ここでは、この2つの署名の意味するところを詳しく掘り下げて解説します。日常的にカード払いを多用するなら、ぜひ身に付けておきたい知識です。

クレジットカードの裏面には必ず署名をしましょう

クレジットカードを新規に発行すると、クレジットカード会社から配達記録の残る郵送方法で封筒が届きますね。封筒を開けて、クレジットカードをすぐにお財布へしまいたくなりますが、それは厳禁。

なぜならクレジットカードは、裏面の署名欄へサインをするのが原則だからです。新しいクレジットカードが届いたら、表面やクレジットカードが貼られた台紙の内容をチェックし、問題なければ裏面へきちんと署名してから、お財布へしまいましょう。

署名の必要性の根拠については、以下で詳しく解説します。

裏面に署名がないカードは原則利用できない

ほとんどのクレジットカード会社の規約には、利用前に裏面へ署名することが求められています。署名のないクレジットカードは原則利用できず、販売者側に買い物を断られても文句を言える立場ではありません。

クレジットカードは、審査基準をクリアしているという信用のもと、後払いで商品を購入するしくみで成り立っています。

カード裏面の署名は「クレジットカードの利用者は信用に値する所有者である」ことを証明する意味合いがあり、買い物時のレシートに記入するサインと併せることで初めて、その責任を明確化しているわけです。

裏面に署名がないカードは盗難・紛失時に補償されない

カード裏面に署名がないと普段の買い物で利用できないばかりか、万が一犯罪に巻き込まれた際にも十分な補償が受けられないリスクがあります。

一般的にクレジットカードが不正利用された場合の被害額は、クレジットカード会社で補償されます。

ただしそれは、あくまで規約に則った範囲内で利用していた会員のケースであり、カード裏面の署名を怠っていた場合は規約に違反していたと判断され、不正利用時の補償が受けられずに自己負担を余儀なくされる可能性があります。

また署名のないクレジットカードが第三者に渡った際、他人が署名を書き込んで利用されてしまうというリスクもはらんでいます。この場合、所有者本人に支払い責任があるとみなされるケースもあるので注意が必要です。

クレジットカードの署名欄は漢字とローマ字どちらで書くべきか

ここまで目を通していただけたのなら、クレジットカードの署名の必要性については理解できたのではないかと思います。

そこで次なる疑問として浮かぶのは…そう。「どんな署名をしたらいいのか」ですね。

クレジットカード表面の名義はローマ字ですが、戸籍上の本名は漢字。いったいどっちで書いたらいいの?と迷う人もいることでしょう。ここでは、カード裏面の署名の書き方について見ていきます。

明確な決まりはなく漢字とローマ字どちらでも大丈夫

実はクレジットカード裏面の署名に明確な言語の規定はありません。漢字やローマ字、もっといえばイニシャルやニックネームなど、本人が書いたものであると証明できれば何だって構わないのです。

特別な理由がなければ漢字がおすすめ

署名が自由と聞くと、買い物の際の手間を避けるために平易な文字を選んで書き込む人もいるかもしれませんね。しかしそれには警鐘を鳴らさざるを得ません。

明確な決まりがないとはいえ、それはあくまで大前提の話。次なるポイントは「犯罪抑制」です。買い物レシートのサインとの整合性を見るうえで、平易な文字は第三者に偽造されやすく、一見して異なる筆跡と判断が難しくなります。

一方、漢字は画数が多くクセも出やすいため、第三者が模倣しづらいという点で犯罪抑制に効果が高いといわれています。外国人による不正利用を防ぐのにも役立つため、特別な理由がない限り、普段の漢字で署名をするといいでしょう。

水性ペンではなく油性ペンで記入しましょう

クレジットカード裏面の署名に適した筆記具は「油性ペン」です。水性ペンではサイン欄が擦れて滲んでしまい、サインが判読不可能になってしまう事態が想定されるからです。

油性ボールペンか油性サインペンを用いて記入するようにしましょう。なおボールペンは細すぎないものを、サインペンは太すぎないものがおすすめです。

裏面の署名の書き方を失敗した場合は再発行を依頼しましょう

油性ペンで署名を書き込む最大のネックが、書き直しが利かないことですね。一度記入すると消せないので、うっかり書き損じてしまったときには取り返しがつかないことになります。

そんなとき、慌てて線を引いて訂正してはダメ。訂正や上書きをした跡のある署名欄では、クレジットカードを利用することができなくなるからです。もし書き損じた場合は、速やかにクレジットカード会社へ連絡し、再発行を依頼するとよいでしょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

クレジットカードのレシートに書くサインは署名と同じものにすべき?

これでひとまずクレジットカード裏面に書き込む署名はわかりましたね。

そうなると気になるのは「お店で買い物した際のレシートへ記入する署名…同じものを書かないとダメなの?」という点。つい手間が優って、煩雑に記入している方も多いのではないでしょうか。

ここではレシートに書くサインについて、詳しく解説します。

クレジットカードのレシートへのサインの書き方に明確な決まりはない

そもそもクレジットカードのレシートに書くサインの意味について知っているでしょうか。あれは本来「確かに私はこの支払いをしましたよ」という証拠のためのものであって、実は明確な決まりというものが存在しないのです。

ですから普段の漢字や筆記体、ニックネーム等、自由に記入することができるのが実態です。

ポイントはいつも使っているサインを利用すること

一般的にレシートのサインや電子サインは本人確認として使われる非常に重要な要素を秘めています。そのため、毎回異なったサインをしていてはいざ犯罪に巻き込まれた際、どのサインが本人でどのサインが不正利用かの判断がつきにくいという危険性をはらみます。

こういった事態を避けるためにも、いくらサインにルールがないとはいえ、これと決めたひとつのサインを統一して使うようにするのが賢明といえますね。

署名と同じ書き方のサインを利用することがおすすめ

犯罪抑制の観点からすれば、署名と同じ書き方でレシートにサインをすることがもっとも効果的です。店舗側で買い物の際に一目で視認ができ、整合性も取れやすいため、証明性がもっとも高いといえるからです。

もし筆記体やニックネーム等でレシートにサインをしたいと思うのなら、クレジットカード裏面の署名も同様に筆記体やニックネームで統一するとよいでしょう。

なお、現状で漢字の記載をしてあるのなら、次回更新のタイミングか、クレジットカード会社に依頼して新たなクレジットカードを再発行してもらい、署名を書き込むようにしてくださいね。くれぐれも二重線で訂正してはいけませんよ。

クレジットカードの署名・サインについてのまとめ

ただの署名と思っていたものが、実は深い意味が込められていることを知ってさぞ驚かれているのではと思います。

また同時に、クレジットカード裏面の署名とレシートのサインにも密接な関係性があることをご理解いただけたのではないでしょうか。

本人の意思を持って購入していることの証明および犯罪抑制に繋がる大事な署名。今一度、ご自身が所有しているクレジットカードの署名欄について、確認してみるといいかもしれませんね。