新しいクレジットカードが届いたら最初に行わなければいけないのが、クレジットカード裏面の署名欄への署名(サイン)です。署名のないクレジットカードは使用を断られてしまうことがありますが、それだけでなく不正利用防止の役割も果たすものになっています。

この記事ではクレジットカードに署名(サイン)が必要な理由や、署名の書き方・書き直しのルールについて解説していきます。

クレジットカードに署名(サイン)が必要な理由

クレジットカードの署名には、次のような意味があります。

  • クレジットカード利用者本人であることを証明する
  • クレジットカードの不正利用を防止する

クレジットカードはお買い物の際に便利ですが、盗難やカードを不正に読み取られるスキミングのリスクがあります。

盗難時にクレジットカードが不正利用されないためにも、必ず利用者本人の署名が必要となっています。

署名のないクレジットカードは原則利用できない

原則として、署名のないクレジットカードは利用することはできません。クレジットカード裏面の署名は利用者を証明するものです。署名がないということは、利用者を証明していないということになります。

お店側はクレジットカードの裏面に署名がない場合は、その場で署名の記入を求めることができ、応じない場合はカードの利用を断ることができます。

そもそもクレジットカード裏面の署名欄へのサインは会員規約として定めされているため、署名がない場合は規約違反とみなされます。

不正利用があった際に補償されない可能性がある

クレジットカードの署名には不正利用を防止するという役割があります。例えばクレジットカードが盗難被害にあった場合に、他の人にクレジットカードを利用される可能性があります。

もし、盗まれたクレジットカードが不正に利用された場合は、売上票に書いた署名とクレジットカードに記載されている署名が同じかどうか確認することで、不正利用であるかどうか証明できます。

一方で、クレジットカードの裏面に署名がない場合は、売上票に書いた署名がクレジットカード所有者のものであるかの証明ができません。もし署名がない状態で不正利用があった場合、代金は補償されず、カード所有者本人が不正利用分を支払わなければならない可能性が高くなります。

支払いの同意という観点からもサインは必要

署名には支払いに同意したという意思表示の役割もあります。

例えばお店でクレジットカードを利用する場合、売上票に記載されている金額・支払い方法が間違いないことを確認して署名します。

つまり、クレジットカードで支払った際の署名は、支払い金額や品物、支払回数等に間違いがないことの同意でもあります。

クレジットカードへの署名(サイン)にボールペンは使えるか

クレジットカードへの署名方法については、明確に決まりが定められていません。

そのため、ボールペンで署名しても問題はありません。しかし、不正利用を防止するという観点から、文字が消えてしまう可能性があるボールペンの使用は推奨されていません。

クレジットカードの署名には見やすく、消えにくい油性ペンやマーカーペンで署名するのがよいでしょう。

油性ペンがおすすめ

クレジットカードの署名には油性ペンがおすすめです。

油性ペンで署名することには、次のようなメリットがあります。

  • 文字が消えにくい
  • 文字がくっきり読みやすい

ボールペンと比べて消えてしまうという可能性が低く、はっきり書けるため視認性も高いです。不正に書き換えられるリスクも少なくできます。

署名の書き直しはできない

クレジットカードの署名は書き直しができません。署名欄に書き直しの痕跡がある場合は、署名として認められなくなります。

もし、署名の書き直しを認めてしまうと、クレジットカードの盗難被害にあった際、犯人に署名が書き直されて不正利用される危険性が高くなるからです。

署名を間違えた場合はカードを再発行する

クレジットカードの署名は書き直しできないため、署名を間違えて書いてしまったり署名が薄くなってきた場合はクレジットカード会社に再発行を依頼する必要があります。

署名を書き損じたカードをそのまま利用することはできないため、クレジットカードを再発行して新たに書き直すことが望ましいです。

クレジットカードの署名(サイン)はひらがな?カタカナ?漢字?

クレジットカードの署名(サイン)はひらがなでもカタカナでも問題ありません。もちろん漢字も大丈夫です。利用者の自筆であればどのような署名でも構わないため、ローマ字や筆記体など自分の好きな書体で書いても使用できます。

ただし、クレジットカードの署名と売上票に記入する署名は同じ筆跡である必要があります。

明確な決まりはない

クレジットカードの署名そのものに文字や言語の明確な決まりはありません。

そのためひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字(大文字、小文字、筆記体、ブロック体)など自分の好みの記載で問題ありません。

クレジットカードの署名の目的は不正利用の防止であるため、カードの署名と店舗の署名が同一であれば問題ないためです。

署名を書くシーンは比較的多いため、自分が普段から書き慣れている書体にするといいでしょう。

真似がしづらい「漢字」がおすすめ

不正利用の防止という観点で考えると、漢字で署名するのがおすすめです。

漢字がおすすめな理由は次のようなものが挙げられます。

  • 筆跡の真似がしにくい
  • 海外での署名偽造を防ぎやすい

漢字はひらがな・カタカナに比べて画数が多く、署名の際に時間がかかるデメリットがあります。それでも不正利用の防止効果があることを考えれば、漢字での署名をおすすめします。

クレジットカードの署名(サイン)の字体や書体に決まりはある?

クレジットカードの署名を漢字やひらがな以外で記載している人もいます。

ここからは、クレジットカードの署名の字体や書体のルールについて、解説していきます。

書体についての決まりはない

クレジットカードの署名について、書体の決まりはありません。漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字だけでなく、ハングル文字やその他の国の文字で記載しても大丈夫です。

クレジットカードの署名は店舗の売上票と整合性が取れれば問題ないため、店舗スタッフが読める文字である必要もありません。したがって、自分の好きな文字で書くことができます。

書体について決まりはありませんが、次の2点について注意が必要です。

  • 普段から書き慣れた書体にする
  • 他人に偽造(真似)されにくい書体にする

特に不正利用を防止するためには、他人に偽造されにくい書体で書くことが重要です。

字体の決まりもない

クレジットカードの署名は、字体についてもどのような記述をしても問題ありません。字体についても明確な決まりがないため、自分の書きやすい字体で記入して大丈夫です。

例えば、ローマ字などで記載する場合に、極端に崩した形で署名してもOKです。

クレジットカードの署名は読めなくても問題がなく、それよりも署名が偽造されないことが重要になります。不正利用を防止するために、あえて特殊な字体にすることも効果的です。

ただし、あまりにも特殊な字体にしてしまうとクレジットカードで支払いをする際、署名に時間がかかってしまうので、その点は認識しておきましょう。

苗字のみ、名前のみでもOK

クレジットカードの署名はフルネームである必要はなく、苗字のみ、名前のみの署名でも認められます。

イニシャルやニックネームなどの愛称でも問題ないため、自分の好みの署名にしましょう。

ただし、イニシャルのみの場合は、他人に偽造されるリスクが大きくなるという点に留意が必要です。

まとめ:クレジットカードには忘れずに署名(サイン)しよう

クレジットカードの署名について解説しました。

利用規約の観点からはもちろん、不正利用防止の観点からも署名は必要です。クレジットカードに署名がない場合は、原則としてカードを利用することができないため、カードが届いたら真っ先に署名するようにしましょう。

書体や字体に決まったルールはないですが、海外での不正利用を考慮すると漢字のサインがおすすめです。記載してあることが大事なため、カードを複数枚所有している方はサインに遊び心を取り入れてみるのもいいでしょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像