近年はキャッシュレス決済の普及に伴い、クレジットカードの利用頻度も増えてきています。

支払いがスムーズだったり、ポイントが付与されたりと、何かとお得なことも多いクレジットカードですが、「クレジットカードを使わない」という選択をする方もいるようです。

この記事では、クレジットカードを持っているけど使わない派の意見や、クレジットカードを使わない、持たないことによるデメリットを解説します。

クレジットカードの良い面と悪い面の両方を理解し、クレジットカードを使うべきか、持つべきかを考えるきっかけにしてください。

クレジットカードの関連記事
カードを停止する方法 コンビニでのカード利用
カート持たない派の主張 キャッシュカードとの違い
カードのステータスとは サインが必要な理由
CVVとは 紛失時の対処方法
理想的な枚数は何枚?  

クレジットカードが便利な場面

クレジットカードが便利な場面

クレジットカードがあると便利な場面がいくつかあります。

例えば、高額な買い物をするときやネットショッピングをするとき、海外旅行時です。

付帯サービスによる恩恵を受けられることもありますので、これらについて解説します。

高額な現金を持ち歩く必要がない

クレジットカードを持つことにより、現金を多く持ち歩く必要がなくなります。

最近ではキャッシュレス化が進み、ほとんどのお店でスマホ決済やクレジットカード決済が利用できるようになっています。

高額な支払いが必要になりそうなお店ほど、クレジットカード払いに対応している場合がほとんどです。

クレジットカードがあれば、基本的に大金を持ち歩く必要はありません。

ネットショッピングで役立つ

ネットショッピングにおいて、クレジットカード決済は非常に便利です。

クレジットカードを使わない支払い方法として、銀行振込や代金引換があげられますが、どちらも手間がかかるうえ、手数料は自己負担であることが多いです。

銀行振込の場合、ネットショップで購入を確定した後、振込手続きを行う必要があります。

インターネットバンキングを利用していなければ、近くのATMや銀行まで出向く必要が出てきます。

また、代金引換を選んだ場合、商品が届くタイミングで在宅して配達員に料金を支払う必要があります。

クレジットカード払いであれば、購入後にクレジットカード情報を入力するだけで決済が完了し、手数料もかからないので便利です。

海外旅行で大活躍

クレジットカードは海外旅行時においても便利です。クレジットカードが利用できれば、外貨に両替する必要がなく、決められた基準の為替レートによって決済が行われます。

海外でクレジットカード払いを行った場合、為替レートはクレジットカード会社の決済センターにカードの利用データが届いた日に決定します。

クレジットカード会社の事務処理手数料が発生しますが、現地の割高なレートで日本円を両替してしまう恐れはありません。

海外ではクレジットカードでの決済が安心で便利です。

保険やポイントなどの付帯サービスが充実

クレジットカードは決済としての機能以外にも、保険・補償サービスやポイント還元などの付帯サービスが魅力です。

例えば、海外・国内旅行傷害保険や航空便遅延保険がサービスとして付帯しているものもあり、旅行に行くときは心強い味方になります。

また、使えば使うほどポイントも溜まっていきます。例えば50万円の買い物をした場合、ポイント還元率が1%だと5,000円分のポイントが獲得できます。

意識的にポイントを貯めようと思っていなくても、支払いのほとんどをクレジットカードで決済していくことでポイントを積み上げることができます。

ポイントの有効活用は、生活費の節約にもつながるでしょう。

クレジットカードを使わない(持たない)派の主張

クレジットカード使わない(持たない)派の主張

クレジットカードには便利な面がある一方で、「クレジットカードを使わない」という方も一定数います。

クレジットカードを使わない派の主張をみてみましょう。

現実味がなく使いすぎてしまう

クレジットカードは、お金としての実体が見えないためお金を支払っているという感覚が希薄になり、つい使いすぎてしまうという意見があります。

現金では、手持ちの資金以上のものを買うことができません。

しかし、クレジットカードは分割払いやリボ払いなどが選択でき、実際に現金を持っていなくても買い物ができてしまいます。

衝動買いをしてしまいがちな方や、計画性のない方にとっては、クレジットカードを持つことによって、所持金以上の高額な買い物をしてしまうというリスクがあります。

現金を財布から取り出すことを通してお金の収支を管理したい人や、持っている現金の範囲でしか買い物をしないという制限を課すことによって支出をコントロールしたい人は、クレジットカードを持たない方が良いのかもしれません。

スマホ決済や電子マネー決済で十分

スマホ決済や電子マネーなら、クレジットカードからではなく現金からチャージすることもできます。

利用できる店舗も多くなってきているため、スマホ決済や電子マネー決済があればクレジットカードを持つ必要がないという意見もあります。

現金からのチャージ式であれば残高以上の決済はできないため、使いすぎてしまうというリスクを抑えることができます。

例えばPayPayなら、コンビニで現金によるチャージや銀行振込によるチャージが可能です。

チャージ金額を自分で管理することにより、現金と同じような感覚で支払うことができ、残高以上に使いすぎてしまうことを防ぐことができます。

紛失・盗難や不正利用が怖い

クレジットカードは紛失、もしくは盗難のリスクがあるので持たないという意見もあります。

暗証番号がわからなくても、セキュリティーコードで決済できてしまう場合があるため、不正利用への対策は考えておかなくてはいけません。

クレジットカードには、不正利用されたときに損失を補償してくれる制度があります。

しかし、万が一の際の手続きや適応条件を理解していなければ、不正利用されたときに慌ててしまいます。

紛失や盗難のリスクと対策を考えるくらいであれば、クレジットカードを持たないことが安全という考えもあります。

クレジットカードを使わない(持たない)デメリット

クレジットカードを使わない(持たない)デメリット

クレジットカードを使わない(持たない)デメリットは、主に以下の4つです。

  • ネットショッピングを活用しづらい
  • ポイント還元がない
  • 海外旅行で不便なことが多い
  • 社会的信用が低いと見られる

ネットショッピングを活用しづらい

クレジットカードがないと、ネットショッピングでは不便になります。

銀行振込や代金引換しか決済に使えないのは、支払いの手間がかかるうえ、手数料も余計にかかってしまいます。

さらに、お店によってはクレジットカード払いのみしか対応していない場合もあります。

その場合は欲しいものは実店舗に買いに行くという選択しかできなくなってしまいます。

買い物は実店舗で実物を確かめて行いたいという方はいいかもしれませんが、ネットショッピングを活用したい場合は不便な場面が多くなります。

ポイント還元がない

クレジットカードにはポイント還元サービスがありますが、現金支払いではポイント還元はされません。

例えば、生活費として毎月約15万円かかっていたとします。

クレジットカードの平均的なポイント還元率である0.5%で生活費すべてを支払ったとすると、還元されるポイントは750円になります。

これを1年続ければ、9,000円分が還元されることになります。

ポイントの還元率がもっと高いカードを選んだり、利用の仕方を工夫したりすればさらに大きな還元を得られるでしょう。

日々の少額の積み増しが大きな差となっていきます。

海外旅行で不便なことが多い

海外旅行の際クレジットカードがなければ現地通貨を両替して手に入れる必要があります。

両替の手間や手数料が発生してしまうのはデメリットといえます。

また、海外旅行では最初に旅行中に使いそうな金額を予想して両替をすることが多いです。

両替所を見つけられたとしても、不利なレートで両替を強要される可能性もあります。

クレジットカードを持っていれば、現金のように不足してしまうことや盗難の恐れもなく安心です。

社会的信用が低いと見られる

クレジットカードの利用履歴である「クレジットカードヒストリー(クレヒス)」がないと、社会的信用が低いとみられる場合があります。

クレヒスは過去の支払いに対して延滞がないことの確認として利用されるものであり、社会的信用を証明するために利用されることがあります。

具体的には、クレジットカードの新規の入会や更新、また、金融機関でローンを組む際にチェックされます。

もし、クレヒスがない場合、あなたの信用を測る目安がないため、審査がより厳しくなってしまう可能性があります。

少額であってもクレジットカードの支払いを滞りなくできているということが、社会的信用を示す材料になります。

まとめ:クレジットカードは使わなくても1枚あると便利

クレジットカードの特徴

クレジットカードがあると便利な場面やクレジットカードを持たない派の主張、持たないデメリットについて解説しました。

クレジットカードは日常的に使わなくても、1枚持っていると便利な場面が多いでしょう。

また高額な買い物をする場合や、海外へ行く際に便利な場面も多くあります。

ただし、クレジットカードで必要以上にお金を使いすぎてしまうことや、紛失・盗難には注意が必要です。

クレジットカードを使わなくても1枚持っておく場合は、年会費無料のものがおすすめです。

無料のケードの中でも、楽天カードやJCB カード W、三井住友カード(NL)などは有名です。

自分の使い方に合ったクレジットカードや、あると便利な保険が付帯しているカード探してみましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像

クレジットカードの関連記事
カードを停止する方法 コンビニでのカード利用
カート持たない派の主張 キャッシュカードとの違い
カードのステータスとは サインが必要な理由
CVVとは 紛失時の対処方法
理想的な枚数は何枚?