所有する不動産には固定資産税が課されます。クレジットカードをよく利用される方の中には、「固定資産税をクレジットカードで払いたい」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事では、クレジットカードで固定資産税を払えるのかどうかや、メリット・デメリット、納付方法など詳しく解説していきます。

固定資産税はクレジットカードで払えるのか

そもそも、固定資産税はクレジットカードで払えるのでしょうか?結論からいうと、固定資産税をクレジットカードで支払うことは可能です。不動産を所有していると固定資産税が課されます。持ち家を所有されている方は、毎年自治体から納付書が送付されているでしょう。持ち家など以外にも、土地や田畑・山林などおおよそすべての不動産が対象となり、毎年1月1日時点でのその不動産の所有者に納税の義務があります。

自治体ごとに若干違いがありますが、概ね4月~6月ごろに固定資産税の納税通知書が送られてきます。そして、送られてきた納付書を役所・銀行・郵便局・コンビニに持参することで固定資産税を納付することになります。これに加え、平成28年の税制改正により固定資産税はクレジットカードでも納付できるようになりました。

クレジットカード払いできる自治体は日々増えている

固定資産税は、自動車税や不動産取得税と同様に「地方税」に分類され、その納付先は市区町村となります。そのため、納付先の市町村がクレジットカード払いに対応しているのかによって、支払えるのかは異なるのです。

納付先の自治体がクレジットカード払いに対応しているのかは、次の方法で調べられます。

  • 各自治体のホームページにクレジットカード払いの案内があるか
  • Yahoo!公金支払い」サイトで納付先の自治体が該当するか

現時点で多くの自治体がクレジットカード払いに対応していますが、一部対応していない自治体もまだあります。また、自治体によっては利用できるクレジットカードの国際ブランドに限りがあります。基本的に5大国際ブランドである、Visa、Mastercard、JCB、AmericanExpress、DinersClubはほとんどの自治体で対応しているので問題はないでしょう。納付先の自治体や所有しているクレジットカードが対応しているのか、調べてみるとよいでしょう。

決算手数料がかかる

クレジットカード払いでの注意点として決算手数料がかかるという点があります。通常であれば利用店舗が決算手数料等を負担していることが多いものです。しかし、税金の場合は納付者の公平性のため、手数料の負担は納付者本人がしなければなりません。そのため、固定資産税を払う場合も、決算手数料がかかってしまうのです。決算手数料は自治体によって異なりますが、基本的に一律の金額ではなく納税額により異なり、納税金額が多ければ手数料も上がる仕組みです。

たとえば、東京都では納税金額に応じて次のように手数料がかかります。

税額 決済手数料
1円~10,000円 73円(消費税込80円)
10,001円~20,000円 146円(消費税込160円)
20,001円~30,000円 219円(消費税込240円)
30,001円~40,000円 292円(消費税込321円)
40,001円~50,000円 365円(消費税込401円)

50,000円以降は10,000円増えるごとに決済手数料80円(消費税込)が加算されていきます。

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像

固定資産税をクレジットカードで支払うメリット

固定資産税をクレジットカードで支払うメリットには次のようなことがあります。

  • ポイントを貯められる
  • 24時間対応している
  • お金の管理がしやすい
  • 分割払いができる

それぞれ見てみましょう。

ポイントを貯められる

クレジットカードで支払う大きなメリットが、ポイントが貯められることでしょう。固定資産税の金額は比較的高額になることが多く、数万円から数十万円位なる場合もあります。ポイントの還元率が1%であっても、固定資産税が10万円であれば1,000円のポイントを得られるのです。また、クレジットカードによっては年間の利用料に応じて年会費を減額する会社もあります。クレジットカードで支払うことでポイントを一気に貯められ、年会費の減額につながるのは大きなメリットといえるでしょう。ただし、ポイント還元率はカード会社によって異なります。ポイントがそれほど付かないのであれば、決済手数料の負担のほうが大きくなり、損してしまうので注意しましょう。税金の支払いではポイントがつかない場合もあるので、支払う前に確認することが大事です。

24時間対応している

クレジットカード払いはインターネットで手続きができるため、基本的に24時間いつでも支払いができます。銀行など窓口での支払いは対応時間が限られているため、仕事によっては間に合わないという方もいらっしゃるでしょう。また、高額になる固定資産税を持参してコンビニなどに出歩くのもリスクがあるものです。24時間いつでも自分のタイミングで支払いができ、現金を持ち歩く必要もないので便利に利用できます。

お金の管理がしやすい

クレジットカード払いにすることで、納付した税金の種類や金額が利用明細に記録されます。日常的な支払いと同じクレジットカードでまとめることで、家計の収支をまとめて把握でき、お金の一元管理がしやすくなるでしょう。また、クレジットカード払いであれば、今手持ちの現金がなくても支払えるものです。固定資産税は納付期限を過ぎてしまうと延滞金が課せられることもあります。しかし、期限内に高額なお金の用意が間に合わないこともあるでしょう。支払い期限はカード会社により異なりますが、翌月や翌々月の引き落とし日までに金額を用意すればいいことがほとんどです。お金の準備期間に猶予ができ、支払い計画を立てやすくなるでしょう。

分割払いができる

固定資産税は納付書での支払いの場合、基本的に第1期から第4期までの4回払いか一括払いかを選べます。4回以上の分割払いはできないため、高額な固定資産税の場合4回払いでも1回ごとの負担は大きいものでしょう。クレジットカード払いにすることで、4回払いをさらに分割払いやリボ払いで支払えます。ただし、固定資産税の支払いサイトでは一括払いにしか対応していない自治体がほとんどです。一度、一括払いを選択したあとに、クレジットカード会社のサイトで分割払いやリボ払いに変更手続きをする必要があります。また、分割払いやリボ払いは手数料がかかってしまうので、支払い金額の総額が増えてしまうことに注意が必要でしょう。

自動引き落としではないので支払い忘れに注意

口座振替であれば、4回の分割払いでも自動的に期日で引き落とされます。しかし、クレジットカード払いは4回分割払いにしても自動的に引き落とされるわけではなく、現金での納付同様にそれぞれの期ごとで支払い手続きが必要となるのです。支払ったつもりでほかの期の手続きを忘れてしまっていた、ということがないように注意しましょう。

固定資産税をクレジットカードで支払うデメリット

デメリットには次のようなことがあります。

  • 決済手数料がかかる
  • 納税証明書の発行手続きが必要

それぞれ見てみましょう。

決済手数料がかかる

先述したとおり、クレジットカード払いでは納税金額に応じた決済手数料がかかってくるものです。高額な固定資産税であれば決済手数料も千円以上になることもあります。また、手数料は1件の支払いごとにかかってくるため、4期分納した場合4回分の決済手数料がかかり、支払い合計額もより多くなるので注意が必要でしょう。

たとえば1期30,000円を4期支払い、手数料が各350円、ポイント還元率が1%の場合は次のようになります。

支払い合計額:30,350円(手数料込み)×4期分=121,400円
ポイント付与額:1,200円(1ポイント=1円の場合)

この場合、ポイント付与額よりも手数料が上回ってしまい損することになるのです。ポイント還元率以上の手数料がかかってしまうのかどうか、支払う前に確認するとよいでしょう。

納税証明書の発行手続きが必要

納税通知書を利用して窓口などで支払った場合は、領収書を手元に残せます。しかし、クレジットカード払いの場合は、領収書はありません。納税証明書が必要な場合、申請し発行してもらわなければいけないのです。ただし、発行までには日数がかかり手数料もかかる場合もあるので、納税証明書がすぐに必要な場合は注意が必要です。たとえば、東京都の場合は、発行までに約10日かかり手数料は400円かかります。納税証明書が必要な場合は、発行までの日数を確認したうえで支払うようにするとよいでしょう。

固定資産税をクレジットカードで支払う方法

固定資産税をクレジットカードで支払う場合、窓口やコンビニにクレジットカードを持って行っても対応してもらえません。それぞれの自治体の指定する支払いサイトから支払い手続きをする必要があるのです。基本的には、支払いサイトの案内に従って必要事項を入力することで支払いが完了するため、簡単に手続きできるでしょう。

支払い方法としては次の2つがあります。

それぞれ見てみましょう。

自治体のホームページから手続き

納付先の自治体が指定する支払いサイトで手続きすることで支払えます。

基本的な支払いの流れは次のようになります。

1. 自治体のホームページから支払いサイトへアクセス
2. 注意事項などを確認し、確認にチェック
3. 納付情報の入力や納付書のバーコードの読み取り
4. クレジットカード情報の入力
5. 支払い内容確認
6. 支払い完了

納付情報の入力の必要があるため、事前に納付通知書を準備するようにしましょう。また、サイトによっては納付書の読み込みに対応しているのでパソコンではなくスマートフォンやタブレット端末から手続きしたほうがいい場合もあります。自治体によって、支払い方法の指示や必要なものは異なりますので事前に確認するとよいでしょう。

「Yahoo!公金支払い」から手続き

Yahoo!公金支払い」とは税金やさまざまな料金をウェブ上で支払えるサービスのことです。固定資産税以外にも、住民税や自動車税・国民健康保険料などにも対応しており、便利に利用できます。しかし、対応している自治体は限りがあり、その数もまだ少ないものです。利用前に納付先の自治体が対応しているのか確認するようにしましょう。

「Yahoo!公金支払い」での支払い方法は次のとおりです。

1. Yahoo!公金支払いサイトへアクセス
2. 納付先の自治体を選択する
3. 注意事項の確認
4. 納付情報の入力
5. クレジットカード情報の入力
6. 支払い内容確認
7. 支払い完了

手続きには納付情報が必要なため、納付通知書の準備が必要です。サイト内で支払い案内もされており、自治体のホームページからの支払い同様に、必要事項の入力だけで手続きでき簡単に利用できるでしょう。

まとめ:固定資産税のクレジットカード払いはポイント還元に魅力を感じる方にはおすすめ

固定資産税をクレジットカードで支払う方法やメリット・デメリットをお伝えしました。固定資産税は多くの自治体でクレジットカード払いに対応しており、対応自治体も増えてきています。クレジットカードで支払うことで、ポイント還元などのメリットもあるため、日常的にクレジットカードを利用している方は便利に利用できるものです。しかし、手数料がかかり領収書が手元に残らないなどのデメリットもあります。メリット・デメリットを理解したうえで、クレジットカード払いにするのか判断するとよいでしょう。

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像