皆さんのなかでも多くのが、クレジットカードやキャッシュカードを利用されているかと思います。両者の違いを把握しておくと、ますます効果的な活用ができることでしょう。

そこで今回は、クレジットカードとキャッシュカードそれぞれの特徴や違い、更にクレジット一体型キャッシュカードについても解説していきます。

クレジットカードとキャッシュカードについて

まずはクレジットカードとキャッシュカードの特徴についてみていきましょう。

 

クレジットカードは支払いや決済に使うカード

クレジットカードは、インターネットショッピングやレストラン、スーパーといった実店舗でのお買い物の際、料金の支払い・決済のために使うカードのことです。

クレジットカード利用者にとってのメリットは、事前に銀行やコンビニATMなどで現金を下ろす必要がなため、単純に料金の支払いが簡単になることが挙げられます。また、各クレジットカード会社から、利用代金や回数などに応じてお得なポイントをもらえることも、クレジットカード利用の大きなメリットと言えるでしょう。

なお、クレジットカードのポイントとは、クレジットカードの利用金額に応じて受け取れっるポイントのことです。

例えば、楽天カードを利用した時には楽天ポイントが、ヤフーカードを使った際にはTポイントが貯まる仕組みとなっています。そして、貯まったポイントは、次回以降のショッピングに利用することが可能で、利用代金から差し引くことができます。

そのため、より賢くクレジットカードを活用していくうえで、効率的にポイントが貯まるクレジットカードに申し込むこと、ど一つのものさしと言えるでしょう。

更に、クレジットカードにもよりますが、付帯保険が付されているものがあります。

例えば、楽天カードを例に挙げますと、付帯機能として海外旅行傷害保険がついています。また、クレジットカードの不正利用を防止・補償すべく、カード利用お知らせメール機能や、不正利用探知システムが付されています。

更には、ネット不正あんしん制度として、ネットショッピングにおいてカード情報を盗難された場合、不正利用分を補償する制度も整備されており、クレジットカード保有者にとっては安心してショッピングを楽しめる環境となっていると言えるでしょう(※)。

(※)出典:楽天カード

https://www.rakuten-card.co.jp/card/rakuten-card/?l-id=corp_oo_kv_detail_ex_card_pc

 

キャッシュカードはATM利用時に使うカード

続いて、キャッシュカードは、銀行やコンビニATMなどでお金をおろす際に使用するカードのことです。キャッシュカードがあれば、通帳がなくても銀行に預けているお金をおろすことができます。

ただし、実際に現金を引き出す際には、キャッシュカードの暗証番号を入力する必要があります。万が一、キャッシュカードを紛失・盗難され不正利用の被害を受けてしまう可能性がありますので、キャッシュカードの暗証番号は、他人が推測しやすいクレジットカード保有者の誕生日、1111や1234といった簡単な数字の羅列などは避けるようにしましょう。

また、クレジットカード保有者の推測されやすい数字にするのに設定するのはやめたほうが良いいです。

参照:JCB
【カードの暗証番号の管理で避けるべきパターン】
https://www.jcb.co.jp/service/safe-secure/notice/treatment/index.html

J-デビットカードについて

また、J-デビットカードというものもあります。こちらは、先ほどご紹介した金融機関で発行したキャッシュカードが、買い物や食事代のお支払いにそのまま利用できるカードです。

料金の支払いの際にキャッシュカードを提示し、キャッシュカード情報を読み取る専用端末に暗証番号を入力すると、料金がキャッシュカード保有者が登録する金融機関の口座から即時に引き落とされる仕組みとなっています。

そのため、J-デビットカードの場合も、クレジットカード同様、多額の現金を持ち歩く必要がなく、また金融機関の口座残高以内でしか利用できないため、お金を使いすぎてしまうことも抑えることができるでしょう。

クレジットカードとキャッシュカードの違いを整理

それではここからは、クレジットカードとキャッシュカードの違いを整理していきます。

 

1.支払いや決済で使えるかどうか

まず、クレジットカードが、支払い・決済機能が付されているのに対し、キャッシュカードは、ATMでの現金引き出しに対応しています。

 

2.口座残高が必要かどうか

次に、キャッシュカードを利用してお金を引き出すには、口座残高が必要な一方、クレジットカードはその必要がありません。そのため、クレジットカードは、お金を使いすぎてしまうデメリットも挙げられます。

 

3.審査が必要かどうか

クレジットカードは、収入や過去のクレジットカード料金の支払い実績であるクレジットヒストリーなどを基に、発行するための審査が必要である一方、キャッシュカードは基本的に銀行で口座開設する際に併せて作ることが可能です。

 

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

クレジットカード一体型キャッシュカードについて

 

ここからは、クレジットカード一体型キャッシュカードをご紹介していきます。

 

クレジットカード一体型キャッシュカードとは

まず、クレジットカード一体型キャッシュカードとは、キャッシュカードにクレジットカードの機能が付されたカードのことです。

 

クレジットカード一体型キャッシュカードの例

三井住友銀行「SMBC CARD」(※)

クレジットカード一体型キャッシュカードとしては、三井住友銀行の「SMBC CARD」があります。こちらは、毎年カードを利用することで年会費が無料となる他、ATM手数料も無料です。

 

(※)出典:三井住友銀行

https://www.smbc.co.jp/kojin/sougou/other/credit-attached/

 

楽天銀行「楽天銀行カード」(※)

もう一つ、楽天銀行の「楽天銀行カード」もクレジットカード一体型キャッシュカードです。こちらも年会費は永年無料で、全国約90,000台のATMで使えるため、利便性が高いカードと言えるでしょう。

 

また、ショッピングで100円の利用の都度、1ポイントがたまります。更に、ご利用内容をメールでいち早く通知されるため、不正利用などを比較的すぐに認識できることにもつながると思われます。

 

なお、楽天銀行カードに新規入会し、1回利用(キャッシュカード利用を除く)することで、5,000円相当のポイントをプレゼントするキャンペーンも実施しているようです。

 

(※)出典:楽天銀行

https://www.rakuten-bank.co.jp/card/rc/

 

クレジットカード一体型キャッシュカードのメリット・デメリット

それではここからは、クレジットカード一体型キャッシュカードのメリット・デメリットを整理していきましょう。

 

1枚でキャッシュカードとクレジットカードの機能が利用できる

クレジットカード一体型キャッシュカードのメリットとして、従来クレジットカードとキャッシュカードを2枚持っていたものが、1枚にまとめることができるようになるため、財布もすっきりします。

 

再発行する場合は銀行とクレジットカード会社での手続きが必要

一方で、クレジットカード一体型キャッシュカードのデメリットとしては、クレジットカードとキャッシュカード機能の両方が付帯されているため、万が一、紛失・盗難などで再発行する場合には、銀行とクレジットカード会社それぞれでの手続きが必要となります。

解約手続きが面倒

また、再発行だけでなく、解約の際も、クレジットカード部分はクレジットカード会社で、キャッシュカード部分は銀行にて、それぞれ解約手続きが必要となってきますので、少々手間がかかります。

なお、SMBCカードのような一体型カードの退会については、三井住友銀行窓口で手続きすれば済む場合もあるようです(※)。

出典:三井住友カード

https://qa.smbc-card.com/mem/detail?site=4H4A00IO&id=155

暗証番号の管理がしづらい

更に、クレジットカードとキャッシュカードそれぞれ暗証番号を設定する必要があるため、管理を適切にしなければならない点も挙げられます。

 

クレジットカードとキャッシュカードの特徴や違いについてのまとめ

最後となりますが、これまでクレジットカードとキャッシュカードそれぞれの特徴や違い、更にクレジット一体型キャッシュカードについても解説してきました。

 

それぞれの特徴やメリット・デメリットを理解したうえで、自分自身のライフスタイルに合ったカードを活用していきましょう。