お金持ちになる方法を知りたくはありませんか?億万長者になりたいという思いは、多くの人に共通する願いのはず。少なくとも、今よりも収入が増えて困るという人はいないでしょう。では、一体どうすればお金持ちになれるのでしょうか。この記事ではお金持ちになるための理論実際にお金持ちになった人の生き方などを踏まえながら、サラリーマンや主婦でもお金持ちになる方法をお伝えします。

億万長者への一番の近道!お金持ちに共通する考え方を真似しよう

お金持ちには共通する考え方があります。素直に真似てみることで、お金持ちの思考を身に付ける事ができます。お金持ちを見習って、同じ考え方に従って行動してみましょう。

世の中には、お金持ちになった人たちの情報があふれています。普段から「お金持ちの成功体験」などが書かれた本やサイトに目を通すなどして、積極的にお金持ちの考え方を学んでおきましょう。今回は、お金持ちが実践している代表的な考え方をいくつか紹介しておきます。

自己投資を惜しまない

いくら支出を抑えることが大切だといっても、自己投資だけは惜しまないようにしましょう。なぜなら、自分に投資したお金はさらなるお金となって返ってくるからです。

たとえば、CG(コンピューターグラフィックス)を学び、アニメスタジオやゲーム制作会社を立ち上げた人たちがいます。ファッションやコンピューター業界で成功した人たちにしてもそうです。その多くは、借金をしたり働いたお金を投じたりして、若い頃にスキルを身につけていきました。何年もたって、自己投資した時間やお金が収入となって返ってきたのです。

自分を信じて行動する

現在お金持ちになった人たちも、最初は似たような苦い体験をしています。それは「外部から批判」です。自分で努力することも夢を見ることもなくなった人たちの多くは、懸命に努力している人たちを見て「お前には才能がない」「そんなことをしても時間の無駄だ」と言って、やる気をなくさせるような言葉で阻害してきます。

けれども、お金持ちになった人たちはみんな、同じような言葉を投げかけられても自分を信じて努力し挑戦し続けてきたのです。あなたも先人たちに習って、自分を信じまだ見ぬ成功に向かって挑戦し続けましょう

長期的思考を持つ

多くの人たちは、目の前の利益や成果ばかりを追い求めて生きています。けれども、目の前しか見ていないと、大きな利益や時代の流れを見逃してしがち。そうではなく長期的思考を持って生きてみましょう。

投資の世界でも、この考え方は大切。目の前の値動きばかりに目を奪われていると、結果的に損失を出してしまうことが多いのです。基本を忠実に学び、どっしりと腰を据えて構え、長期的思考に基づいて資産を運用できるようになってください。それがお金持ちになるために最も重要な考え方です。

\こちらの記事もおすすめ/
お金持ちの習慣20選!成功者には共通点があった


今からお金持ちになる方法

では、一体どうすれば人やお金を働かせて、お金持ちになれるのでしょうか?それは、サラリーマンや主婦など一般人でも可能なのでしょうか?それらの疑問に答えるべく、ここから先は「今からお金持ちになる方法」を具体的にお伝えしていきます。

収入が上がる仕事に就く

いきなり人やお金を働かせる立場に立つのは難しいかもしれません。そこで、まずは収入が上がる仕事に就くことを目指しましょう。多くの人たちは、目の前の収入に目を奪われて将来性を考慮に入れて仕事を選んだりはしません。

けれども、何も考えずに「ただ今月の給料がもらえればいいや」と働き続けていたらどうでしょうか?これではいつまでたっても収入は増えませんし、お金も貯まりません。そうではなく、仕事を長く続ければ続けるほど、スキルが上がれば上がるほど収入もアップしていく仕事に就くのです。

たとえば、事務や窓口業務。安定した仕事であり、最初はそれなりの給与をもらえるように思えるかもしれませんが、収入は頭打ちです。何年たってももらえる金額はほとんど変わりません。似たような職業は世の中にあふれ返っています。

いくら目の前でそれなりにお金になっても、収入が増えていかないのでは意味がありません。それならば、最初はまともな収入にならなくとも、将来性のある職に就いた方がマシです。職を選ぶ際は目の前の収入や環境にとらわれず、数年先・十数年先を見据えて選ぶように心がけましょう。

起業し経営者になる

起業し経営者になるのもひとつの手です。これならば、いきなり人を雇う側に回れます。ただし、注意しなければならないのは、いきなり起業は危険であるという点です。会社を立ち上げて、1年後も続いているのは50%。つまり、2社に1社は1年以内に倒産してしまっているのです。

これが3年後になると30%。10年後には5%程度しか残っていません。ほとんどの会社は経営が立ち行かなくなり、倒産していきます。その一番の理由は「とりあえず会社を作ってみた」からです。

右も左もわからない業界で利益を出し続ける会社を生み出すなど土台無理な話。まずは得意分野を作り、実績を重ねましょう。勉強自体は独学でも構いませんが、相応の能力や自信がつくまで起業はひかえるべきです。

独立開業する

独立開業するという方法もあります。最初は人に雇われて、その業界のノウハウや効率の良い仕事のやり方などを学び、いずれは独り立ちして一国の主となる手法です。これならば全てを独学で学ぶよりも近道ですし、信用さえ得ていれば元の雇用主に出資してもらえることもあります。独立前にその分野で信用を積み上げ、顧客も作っておくことが大切です。

それほど大それた分野でなくとも構いません。たとえば、マッサージや整体師はどうでしょうか?最初の数年間は雇われて働き、メキメキと腕を上げて独立したという人は何人もいます。もちろん、勉強は必要です。努力もしなければなりません。常連のお客さんを作っておくことも大切です。それでも腕があってまっとうな経営ができれば、雇われ時代に比べて収入は格段に増えます。

高収入の仕事に転職する

今の仕事に不満があるなら、高収入の仕事に転職するという方法もあります。もちろん、転職にもスキルが必要です。能力のない人を高給で雇ってくれる企業などありません。

転職して収入を増やした人たちの多くは、前の仕事をしながら自分で勉強したり学校に通ったりして、別の分野で通用するスキルを身につけていったのです。「お金持ちになりたい!」という思いは大切です。けれども、気持ちだけでは何も変わりません。お金持ちになるためには、それなりの方法と努力が不可欠だということだけは忘れないでおいてください。

資産運用をする

なんらかの理由で仕事を変えることができないならば、手持ちの資金で資産運用をするという方法もあります。これならば、ライフスタイルを大きく変えることなく収入を増やすことができるはず。ここから先は、どのような運用方法があるのか説明していきます。

得た収入を年利10%で複利運用していく

まずは得た収入を年利10%で複利運用することを目指しましょう。毎年10%ずつ利益があれば、10年後には資産が2.5倍に増えている計算。もちろんこの計算は理論値であり、実際にはうまくいかない可能性もあります。また税金を考慮に入れると得られる額はもっと減ってしまいまうでしょう。

それでも、年利10%というのは安全過ぎる運用とは言えず、決して無理な目標でもありません。安全に運用しても意外と達成できる数字です。もちろん全ての投資で10%の利益が出せるわけではありませんが、様々な方法を組み合わせることで、総合的に10%を越えることは十分に可能。

毎年確実に10%の利益を得るのは難しいかもしれませんが、少なくとも数値としては、危険過ぎず安全過ぎずバランスが取れていて良い目標と言えます。

不動産投資で不労所得を得る

では、具体的に年利10%の目標を越えるためには、どのような投資方法を用いれば良いのでしょうか?まずは、不動産投資で不労所得を得るという方法。不動産というのは、土地や建物のことです。

うまく物件を選ぶ必要がありますが、不動産投資ならば購入した土地やマンションなどを人に貸し出すことができます。家賃収入や駐車場の賃貸料などが定期的に入ってくるので、安定した利益を上げられるはず。

ただし、あまりにも需要のない場所では借り手がいないこともあります。また家やマンションの修繕費が必要になりますし、固定資産税なども支払わなければなりません。ヘタをすれば投資金額を下回ることもあるので、不動産投資に関する勉強が必要です。

運用商品を運用利回りの良いものに随時変えていく

運用商品を運用利回りの良いものに随時変えていくのも大切です。たとえば、投資信託で資産を運用していたのだけど、思うように利益が上がらないという場合。別の銘柄に買い替えたり、投資信託以外の運用方法に切り替えた方が良いです。

もちろん利回りの良い金融商品はそれだけリスクも大きくなります。利率だけにとらわれず「その商品が本当に安全なのか?」「商品のリスクはメリットに見合ったものなのか?」といったことも考慮に入れながら決断しましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

お金持ち・億万長者になるための考え方を身に付ける

お金持ちになるのに大切な考え方はお金のために働くのではなくお金を働かせることです。毎日与えられた業務をただこなすのは、労働です。お金のために働いているにすぎません。大げさに表現すると、お金に働かされていると言ってもいいでしょう。そうではなく、お金そのものを働かせることが重要です。

一見すると同じように働いている人にも大きな違いがあります。全く同じ業務をこなしながら、頭の中で考えていることが全く違っているのです。考え方が違えば、おのずと結果も変わってきます。

「お金のために働くのではなくお金を働かせる」という考え方は、少しわかりづらいかもしれません。そこで「お金を働かせる」ことの意味を具体例を交えながら詳しく説明していきます。

いくらあるとお金持ちって言えるの?

お金持ちになるためのノウハウを学ぶ前に、まずはお金持ちの定義をしておきましょう。では、いくらあればお金持ちと言えるのでしょうか?生き方や考え方は人によって違うので、お金持ちの定義もまた人によって変わってきます。

さしあたって年収3000万円、純資産1億円以上をお金持ちとしておきます。このくらいあれば、税金を支払う金額を考えても、かなりゆとりのある人生が送れるはず。もちろん、あまりにも無駄づかいが過ぎれば年収3000万円でも足りないでしょう。また大きなトラブルに見舞われれば、1億円など瞬く間になくなってしまいます。それでも、まっとうに生きていれば充分にお金持ちでい続けられる収入と資産と言えるでしょう。

お金持ちは最終的なプラス額で考えている

お金持ちの多くは細かい支出にこだわりずらい傾向にあります。正確に言えば細かい支出にこだわる人もいるのですが、支出よりも大きな収入を重視していたり、必要経費にはこだわらないタイプが多いのです。

みなさんもこの考え方を学びましょう。支出より収入を増やし、資産を増やし続けることが大切です。細かい支出を減らすのは、収入を増やしてからでも遅くはありません。お金持ちを見習って、まずはいかにして収入を増やすか?を考えてみましょう。

自分は働かず人やお金を働かせるシステムを作る

自分は働かず、人やお金を働かせるシステムを作ることも大切です。人に雇われるのではなく、人を雇う側に回りましょう。いくらコンビニやスーパーのレジ打ちを続けていても、大した収入にはなりません。そうではなく、コンビニやスーパーのオーナーになることを目指してみると良いでしょう。単純労働は他の人に肩代わりしてもらいましょう。

理想を言えば、チェーン店のコンビニやスーパーを作り出す方法を考えるべきです。フランチャイズの仕組みそのものを生み出した人が一番儲かっています。フランチャイルズにこだわる必要はりませんが、少なくとも「雇用を生み出す側に回る」という考え方自体は忘れないでください。

会社経営だけではなく、日常生活にも雇用を生み出すチャンスはいくらでも転がっています。たとえば、確定申告。面倒な作業は税理士や行政書士に任せて、自分はもっと重要な仕事に専念しましょう。もちろん、そのためには税理士や行政書士よりも高単価で働けるようになっておくことが必須条件。それだけの収入を得られるようになるのは決して不可能ではありません。うまくシステムさえ作り出せれば、充分に可能です。

正しい知識を身につけ、お金持ちの仲間入りをしよう!

正しい方法に従って、しかるべき努力を続ければ、誰でもお金持ちになることはできます。みんながみんな最初からお金持ちだったわけではありません。お金持ちの多くは、自分を信じ、たゆまぬ努力を続けて成功へとのし上がっていったのです。サラリーマンでも主婦でも大丈夫。あなたも正しい知識を身につけ、悪意ある人たちの誹謗中傷に負けずに自分を信じて挑戦し続け、お金持ちの仲間入りをしましょう。

\こちらの記事もおすすめ/

ポイントは習慣化!お金持ちが「していること」と「しないこと」