普段生活をしているなかで不思議に思うことがあります。

  • 「いつも気前よくお金を使っているのに、どうしてこの人はどんどんお金が増えるのだろうか?」
  • 「そんなに節約を心がけているのに、どうしてこの人はお金がたまらないのだろうか?」

せっかくならケチケチせずに自由な生活をしながら、しっかり資産を増やしていきたいですよね。お金持ちにはどのような習慣があり、どのようにお金を使い、増やしているのか?お金が貯まらない人には共通点があるのか?

この記事ではそれぞれの習慣を具体的にご紹介します。全てを一度に変えるのは難しくても、一つずつお金持ちと同じ行動・習慣が身につけば、あなたの資産もきっと増えていくはずです。

お金持ちがしている10の習慣・行動

「お金は必要なものを買うために使う」「支払う以上のリターンを見込めるものは、躊躇せず買う」これが、お金持ちが買物をする時の習慣です。

1. 物は「必要なもの」だけを厳選して購入する

普段買わないものや必要としていないもの、セールや特売で普段よりはお得なものでも、必要がないものは買いません。どれだけ安くても、買物するとお金を使います。

  • 「とりあえず安いから買っておこう」
  • 「せっかく安いし、今は必要ないけどあとで何かに使うかも」

お金持ちの方は、このような理由でお金を使うことはありません。自分の取って本当に価値があるものかを厳選し、必要なものだけを購入する方が多いようです。

2. 価格よりも価値を重視する

お金持ちは物の値段が高いか安いかは気にしません。これを買うことで自分にどれだけのリターンがあるかを考えます。例えば

  • 金銭的なリターンがある(投資商品)
  • 時短になり他のことに時間を使える(ロボット掃除機や乾燥機付き洗濯機)
  • 健康が得られる(フィットネスや美容・健康関連製品)

などは価値があるものとして購入されている方が多いです。逆にどれだけ安くても、自分には価値がないと判断したものは買いません。

3. 積極的に投資をする(お金を働かせる)

お金持ちの方は、お金を現金のまま保有しておくということをあまりしません。ある程度の資金を残したら、あとは投資に回して更にお金を増やしています。

投資にはリスクがありますが、その分リターンも大きいです。株式や投資信託はもちろん、事業や不動産に投資している方も多いです。

まずは積立NISAやiDeCoなど、国が推奨しているお得な資産運用から始めるのがいいでしょう。

4. 時間を大切にしている

お金持ちは支払いを遅延したり、約束の遅刻やキャンセルをすることはありません。それが自分の信用の低下に繋がることをよく理解しているからです。

また時間の使い方についても、浪費したりせず大切に使います。少しの時間でも運動に使ったり、自己啓発に時間を使うなど、限られた時間を有意義に使用する方が多いです。

5. 体の健康を大事にしている

お金持ちの方は食事や運動など、健康のためならお金を使います。ジョギングやフィットネスジムなど、予めスケジュールに健康管理のための時間を入れている方が多いです。

体は生きていく上での資本です。何よりも自身の健康を大事にしている方が多いです。

6. 早寝早起きをする

お金持ちの方は朝の時間を有効に使います。朝の時間は健康管理のために使うこともできますし、仕事に集中する時間にもできます。夜遅くまで会食をしたり、SNSや動画を長時間見るよりも、早起きした方が時間を有効に使えることを知っているからです。

早起きをすることで自然と早寝になるため、結果的に健康的な生活習慣も身につくようです。

7. 本や新聞を積極的に読む

お金持ちの方は情報収集や新たな知識の習得に貪欲です。スマホでも情報収集はできますが、どうしても取得する情報が偏ってしまうことがあります。

本や新聞など、様々な情報をインプットすることで、自分で必要な情報を取捨選択しています。

8. 体験や経験を買う

お金持ちの人は、新たな体験や経験にお金を使う方が多いです。一度しかない人生ですので、様々なことを体験・経験することは自身の貴重な財産になります。

新たな土地への旅行はもちろん、その土地特有の体験を積極的に取り組んでいます。

9. 決断や行動が早い

お金持ちの人は、決断してからの行動が早いです。「いつかやろう」ではなく、やると決めたらすぐに行動します。その行動が次のなにかへつながっていくことを知っているからです。

積極的に行動することで状況が変わり、新たな選択肢や決断が求められます。このような素早い行動が、成功への近道になっていると思われます。

10. 身近な大切な人にお金を使う

お金持ちの方は、普段から一緒にいる家族や親しい友人との時間にお金を使います。逆に関係性が薄い人との時間にお金をかけることは少ないでしょう。

お金が貯まらない人の5つの習慣・行動

1. 目的のないショッピング(買い物)をする

休日に予定がない時、待ち合わせの時間まで少し余裕がある時など、ついつい駅ビルや百貨店に立ち寄っていませんか?

出勤前や帰宅時にコンビニに寄るのが習慣になっている方は、扶養なものを購入している可能性が高いです。これらが習慣になっていると、いつまでもお金がたまらなくなってしまいます。

2. 価値よりも価格(安さやお得さ)を重視する

「安いから買う」は得をした気分になりますが、実は損をしているかもしれません。安いから買ったけど、結局使ってないものはありませんか?

使うかわからない安い(お得)なものよりも、自分が普段から使っていて価値のある本当に必要なものに絞って購入するようにしましょう。

3. 貯金(や投資)をしない

余ったお金を貯金する。という方は、なかなか貯金が貯まらない事が多いです。

事前にしっかりと計画を立てて、毎月少額でもいいので計画的に貯金を増やしていくのが資産形成の上手なやり方です。

貯金が溜まってきたら、少しずつ投資を始めてみましょう。

4. 節約を考えすぎて時間を多く使う

セールの通知が来たので夜遅くまでネットショッピングをしたり、10円安い食品のためにいつもより30分時間遠いお店に出向く。これらは自分の時間単価を安売りしている行為で、結果的に損をしていることが多いです。

自分の時間は思っている以上に貴重です。節約はもちろん大切ですが、自分の時間と節約できたお金のバランスが見合っているかを改めて見直してみましょう

5. 約束を疎かにする

約束を破るということは、自分の信用を下げているのと同じです。たとえ5分10分の遅刻であっても、それは相手の貴重な時間を奪っていることになります。

時間や信用はお金で買うことができません。何気ない約束でも、一度決めたことはきっちり守り抜きましょう。

まとめ:お金持ちの習慣・行動を少しずつ参考にしましょう

既に実践できている「お金持ち習慣」はいくつありましたか?

個人的におすすめなのは「自分の1時間にいくらの価値があるか」を考えてみることです。自分の時給を計算するのです。その時間をかけても行く価値のある場所、やる価値のあることに自分のお金と時間を使いましょう。

例えば家事代行サービスを使って得られた2時間を使って勉強することができれば、その知識が仕事に繋がり料金以上の収益につながることも多々あります。遠くのスーパーに10円安い卵を買いに行くくらいなら、近所のスーパーで買物を済ませ遠くのスーパーに行くはずだった時間で別のことをした方が有意義な時間になるでしょう。

簡単に取り入れられるものから真似をして、お金持ちの習慣・行動を取り入れていきましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像