お金の使い道は、人によって全く違い、その人を表すものとも言われています。年を重ねるたびに使い方も少しずつ変わっていきますが、うまく自分のために使っている人というのはどのような使い方をしているのでしょうか。

多少値は張っても体に良い食べ物を選ぶ


やはり多少高くてもお金を出すべきもののひとつとしては、体のためにいい食べ物をとることです。身の回りにお金をかけていても、スーパーやコンビニなどのお惣菜や、安いファーストフードばかり食べているとどんどん見た目は貧相に見えるようになってしまいます。

そのため、自分の将来の体のためにも多少高くても体にいい食べ物を選ぶのがおすすめです。健康面は一度悪くしてしまうと良くするのに時間もお金もかかりますが、ずっと気をつけているとそのような必要もなくなります。

そのため、できるだけまずは自炊を心がけて栄養のバランスを考えることと、季節のものや不足していると思われるものをサプリではなく食べ物からとるようにしましょう。なかなかはじめは難しいかもしれませんが、自炊に時間をかけて食材にもこだわるようになると、食生活はかなり改善されます。

食生活に手間をかけることは普段のライフスタイルの中でもちょっとした豊かさを得られるので、お金の使い道としておすすめです。お金持ちに、食べ物を節約している人というのはあまりいません。

食べ物をケチらずにお金をかけるというのは、お金持ちならではの価値観なのかもしれません。食費は家計簿の中で一番変動する部分なので、つい節約したいな、と思う部分ではありますが外食を減らして食材に回すだけでも変わります。

セミナーや読書など未来の自分への自己投資


さらに、ものを買う、サービスを買う、というだけでなく将来の自分のために自己投資するのも使い道としてとてもおすすめです。

なかなか使い道として優先順位を高くするのが難しいのですが、未来への自己投資は後々しておいてよかったな、と一番感じるものです。

例えば視野を広げるためにセミナーにでたり、読書をして頭の中を豊かにするのもいいでしょう。内容としては何でもいいのですが、自分らしく過ごすためには仕事だけでなくこのような自己投資は不可欠です。

現にお金持ちはこのような自己投資を楽し見ながらしている人がとても多いです。お休みや仕事終わりに語学を学びに行ったり、ちょっと映画を見るだけでも価値観が変わっていくものです。

あらかじめ家計簿の中で自分に使うお金を一定額確保しておくのがおすすめです。なかなかその枠を確保しておかないとものを買うことに使ってしまったり、そのまま貯金に回ってしまいがちです。

貯金ももちろん大切なのですが、時には思い切ってお金を使うことも大切です。価値があると思うことであれば、月に1万円から2万円ほどは自己投資してもいいでしょう。何に使っていいのかわからない、という人はまず趣味を深めるのがおすすめです。

何をしている時がリラックスできたり、楽しいと感じるかを考えてそのまま深めていきましょう。

人間関係を円滑にするための交際費は惜しまない


また、人間関係を円滑にするため、交際費も惜しまないというのが特徴です。例えばお付き合いで何かのパーティに出たりご飯に行ったりという機会は多いですが、そのような会には積極的に参加するようにしましょう。

こういったお付き合いは意外とお金がかかるものですが、人間関係を円滑にしたり、交友関係を広くするには欠かせないことです。もちろん、あまり楽しくないと思うような会に出る必要はありません。

自分が必要と思う関係性の人との交際費はケチらないようにしましょう。忙しいとちょっとした会に行くことも億劫になったりしますが、毎日が仕事だけにならないためにもお友達とは会う機会をもうけるのがおすすめです。

また、お誕生日やお祝いごとにはプレゼントも渡すといいでしょう。渡せばいいというわけではなく、お祝いの気持ちを込めてその人に合うプレゼントを渡すと関係性がより深いものになります。

人のためにお金を使うのは、時には重要なことです。必要経費だと割り切って、思いやりのある使い方をするようにしましょう。

30代以降になると狭い人間関係にどんどんなっていく傾向がありますが、30代以降でももちろん新しい出会いはたくさんあります。大人になってからのお友達と出会えるということと、これまでの人間関係を大切にするということをポイントにしましょう。

大人のお金の使い道というのは難しいもので、その人の価値観によってお金がもったいないと思ったり、これは必要経費と思ったりするものです。

ただし、食べるもの、自分への自己投資、交際費の3つは節約してしまうと後から豊かな生活を得られなくなることもあります。すぐに結果が出るものではありませんが、将来より豊かな生活を過ごすためにこれらにはしっかりお金をかけるようにしましょう。

何か高級ブランドのものを買うのもたまにはいいですが、物として形に残らなくてもこのようなものに使うとより人生を楽しめるようになるはずです。