» クレジットカードのステータスについて!ランキングやメリットをご紹介!のメインビジュアル  » クレジットカードのステータスについて!ランキングやメリットをご紹介!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.9.12

クレジットカードのステータスについて!ランキングやメリットをご紹介!

 

「クレジットカードを使うならステータスの高いカードが欲しい」

 

このように思ったことはありませんか?

 

とはいえ、

・クレジットカードのステータスはどうやって決まるの?
・ステータスが高いカードはどんなのがあるの?


という方も多いと思います。

 

そこでこの記事ではクレジットカードのステータスについて解説します。

 

具体的には


・クレジットカードのステータスを構成する要素
・ステータスの高いクレジットカード
・ステータスの高いクレジットカードを作る方法

の順番に解説していきます。

 

ステータスの高いカードを作りたい方はぜひとも参考にしてみてくださいね。

 

クレジットカードのステータスに関する3つの要素

 

 

クレジットカードには実はランクが存在しており、ゴールドカードなどはそこまで高いランクではないということをご存知でしょうか?クレジットカードのステータスは3つの要素から主に成り立っています。ここではその3つの要素を掘り下げて解説していきます。

 

1.取得の難易度

1つ目のステータスの基準としては取得の難易度があげられます。当然のことながらクレジットカードは条件が揃えれば18歳から作ることもできます。しかしクレジットカードには様々な種類が世の中に存在していますよね。その中にはゴールドカードを始めとして取得難易度の高いカードも存在するのです。



では、クレジットカードの種類とはどのような物があるのでしょうか?以下がクレジットカードを取得難易度順に分けたものです。


・ブラックカード
・プラチナカード
・ゴールドカード
・一般カード
・年会費無料系カード


などです。主にこの5種類がクレジットカードの大まかな種類です。上に行くほど取得難易度は高くなるのです。特にブラックカードは取得条件がプラチナカードを一定額以上使用して初めてクレジットカード会社からブラックカードの招待がくるのです。



ただし、プラチナカードを作るためには適正な年収と年齢制限があり、ここを突破しないといけません。またプラチナカードによってはゴールドカードを一定以上使用しての招待制のカードもあるため、さらに難易度は高まります。

 

2.年会費の金額

ブラックカードやプラチナカードは難易度もさることながら年会費も非常に高額です。しかし、その分、特別なサービスを受けられることも魅力の一つです。専用のコンシェルジュや空港のラウンジが使えるプライオリティパス、カードホルダー特別優待など様々な特典が用意されています。

年会費の金額は一番高額なのはアメックスセンチュリオンの350,000円(税別)、ダイナース・プレミアムカードも130,000円(税別)、ラグジュアリーカードゴールドは200,000円(税別)と中々簡単に手を出せないような額になっています。

 

3.世間的なイメージ

クレジットカードのステータスを決めるのはスペックだけではなく、世間的なイメージも大切です。例えば楽天のブラックカードとアメックスのブラックカードでは世間的なイメージも違うでしょう。

実際にはどちらのカードも取得難易度は高いので簡単には手に入るようなカードでは無いのですが、やはり世間的な印象として楽天の場合はCM効果もあり、非常に作りやすいカードであるという世間的なイメージによってステータスカードとは見られない傾向があります。

 

反対にアメックスは一般カードから高額な年会費がかかり、世間的には高級感あるカードと言う認識になっています。そのためクレジットカードごとのイメージがそのままステータスにつながっているのです。

 

ステータスの高いクレジットカードをランキング形式でご紹介!

 

1位:アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

現在手に入るブラックカードの中で最高難易度は、アメックスブラックカード「センチュリオン」です。まず、普段お目にかかることは無いに等しいある意味、幻のクレジットカードといってもいでしょう。

 

このクレジットカードは、その難易度の高さから選ばれしものだけ発行される、レジェンド的なカードと呼ばれています。作るのが難しくしているものは、通常の招待性をこのカードではしていない点です。

 

アメックスの「センチュリオン」は、確かにアメックスプラチナカードからの招待(インビテーション)により発行が可能です。しかし、それだけではなく「センチュリオン」の会員には定員があるのです。

 

この定員制のため、まず「センチュリオン」になるためにプラチナで一定額以上クレジットカードを使用します。その後に初めて招待候補の「ウェイティングリスト」に入り、現会員に空きが出た段階で初めてカードを作ることができるのです。

 

このように1枚のカードを作るのにかなりの段階を踏んで初めて作れるカードなのです。まさに幻のカードといっても過言ではないでしょう。

 

出典:アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/jp/benefits/product/rcp-platinum/renew.html

 

2位:ダイナースクラブ プレミアムカード

アメックスと同じくステータスカードの一つであるダイナースカードの最高ランクがダイナースクラブ プレミアムカードです。このカードもセンチュリオンと同じようにダイナースカードからのインビテーション(招待)のみで作ることができるカードです。

 

以前よりは入手の難易度は下がりましたが、ステータスカードとしては十分優秀です。ダイナースを一定額以上使えばプレミアムへの格上げも十分狙えます。

 

出典:ダイナースクラブプレミアムカード
https://www.diners.co.jp/ja/premium/card.html

 

3位:アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメックスのプラチナカードはアメックスのゴールドカードからインビテーションが来た方のみが発行することができるため、難易度は高いカードです。プラチナカードの年会費は13万円(税抜)なのでそういった点でも中々手が出しにくいカードです。

 

普段でもそこまで目にすることの機会も少ないですが、年会費以上の良質なサービスは富豪層から絶大な支持を集めています。国内での利便性も申し分ないのでどこでも使えます。非常に優秀な1枚と言えるでしょう。

 

出典:アメリカン・エキスプレス・カード
https://www.americanexpress.com/jp/benefits/product/rcp-platinum/renew.html

 

4位:JCB THE CLASS 

国産のクレジットカードブランド、JCBカードのブラックカードが、JCB THE CLASS(ザ・クラス)です。国産のカードブランドということや、券面のかっこ良さから、ブラックカードの中でも人気が高い1枚です。

 

もちろん、ブラックカードのためステータスカードとしての役割を果たします。けれども他のブラックカードと比べて、年会費はそこまで高くありません。年会費は、50,000円(税抜)となっています。

 

ブラックカードのため、取得条件は甘くありませんが、会社員でも十分狙いを定める価値のあるブラックカードです。

 

出典: JCB THE CLASS
https://www.jcb.co.jp/service/premium/the-class/index.html

 

5位:三井住友プラチナカード 

三井住友VISAカードの中で最高ランクのクレジットカードなのが、「三井住友プラチナカード」です。このカードは三井住友の中で、最高クラスながら実はインビテーション不要。自分から申込み可能な少し変わったカードです。

 

年会費50,000円(税抜)とそこまで高額な年会費でもありません。三井住友VISAカードを使っているならいつかは目指したいカードです。

 

出典:三井住友プラチナカード
https://www.smbc-card.com/nyukai/platinum/proper/index.jsp

 

6位:Visa Infiniteカード

VISAが発行するブラックカードが「Visa Infinite(インフィニット)カード」です。Visa Infiniteカードは現在、国内ではスルガ銀行のみが「スルガ Visa インフィニットカード」として取り扱っています。

 

国内ではスルガ銀行だけが取り扱っているVISAブラックカードは国内の発行枚数は100枚未満。かなり珍しいクレジットカードと言えるでしょう。

 

出典:Visa Infinite
https://www.visa.co.jp/pay-with-visa/find-a-card/visa-infinite.html

 

7位:ダイナース(レギュラーカード)>

一般カードが既に並のプラチナクラスの審査難易度と付帯サービスを伴うのがダイナースカードの特徴。国内で最も審査の厳しい一般カードと言えるでしょう。ダイナースの入会の目安は27歳以上の方を対象にしており、利用可能枠の制限は個別に設定せれているのも特徴です。

 

以前は年収は600万以上で、持ち家が必要でしたが、年収は500万円でもクレジットカードを作れるようになりました。

 

出典:ダイナースクラブ
https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/dinersclubcard.html

 

ステータスの高いクレジットカードを保有するメリット

 

 

利用限度額が大幅に増える

一般のクレジットカードは利用限度額は30~50万円程度ですが、カードのランクが上がるごとに利用限度額も上昇します。ブラックカードなどは利用額は明確に設定されていません。そのため、どのようなものでも買うことが出来ます。

 

もちろん正確には上限金額はありますが、あえて明確な基準を設定していないのはクレジットカード会社が「この人ならばクレジットカードを積極的に使ってくれているから、上限を儲けないで自由に買い物をしてもらおう」となるためクレジットカードのランクが上がると利用金額が大幅に増えるのです。

 

国内・海外問わず社会的信用を証明できる

ステータスカードを持っただけでは社会的信用を得られるとは限りません。重要なのは使い方です。食事などの際にスマートにブラックカードで支払いすれば社会的信用は上がるでしょう。格付けが高いカードを持てる人は信力のある人ですので、上手に使えば信用を証明できるでしょう。

 

空港ラウンジが利用できる

ゴールドカード以上のクレジットカードを保有している方空港ラウンジを利用することが出来ます。空港ラウンジは飛行機搭乗までに優雅な待ち時間に使える空間です。ソファーがあり、ドリンクが用意されているなど搭乗ゲートでは味わえない時間を過ごせます。


また、場所によってはお酒や軽食なども提供される場合もあります。この空港ラウンジにおけるサービスはクレジットカードのランクが上がると共に内容も充実していきます。

 

各種付帯保険が充実している

ステータスカードの特徴として保険なども充実していす。ブラックカードやプラチナカードを保有している方は海外でも活躍している方多いため各種保険が充実しています。具体的にはブラックカードなどには盗難補償はもちろんのこと海外旅行保険は1億円付きます。海外旅行でもクレジットカード1枚持っていけば、非常に心強いでしょう。

 

ステータスの高いクレジットカードを作る方法(審査でも重要!)

 

ランクの低いカードでクレヒス(クレジットヒストリー)を作る

ステータスカードを作るためにはまずはインビテーションを受けるために狙っているカードの一つのランクカードを作りクレヒスを貯めることが重要です。ステータスカードを受けるためにはクレヒスも重要です。

 

クレヒスはクレジットカードをどの程度利用しているかという証明にもなりますクレジットカードでの支払い延滞などの問題点がないかをクレジットカード会社はチェックするのです。そのためクレヒスを貯めることは自分の信用力の担保にも繋がります。

 

クレジットカードを積極的に利用する

ステータスカードを作るためにはまずは、狙っているクレジットカードの一つのランクカードを作り積極的に使用し利用履歴を貯めることが最も早いでしょう。

 

アメックスならば一般カードからゴールド、プラチナ、と使用履歴を貯めて行くことでクレジットカード会社に優良の顧客と認識させることでインビテーションを狙いましょう。明確な基準はありませんが、利用が多いほどインビテーションを受ける可能性が高まります。

 

支払いは延滞しないよう気をつける

クレジットカードにおいて重要なことは信用です。クレジットカードの取引は全て信用で成り立っているため支払いの延滞などがあった場合はその信用が傷つきます。このような問題があった場合にはクレジットカード会社は「本当に支払いをしてくれるのだろうか?」と疑うため、ステータスカードを作るのが難しくなります。そのため支払いの延滞はしないようにしましょう。

 

ステータスの高いクレジットカードを作る際のポイント

 

 

年会費がいくらかかるかを確認する

ステータスカードを作るためにもまずは年会費の確認をしましょう。当然ですがステータスカードを作りたいばっかりに年会費が払えないなんてことは笑い話にもなりません。そのため、まずは年会費が自分の払える妥当な額かどうかを確認しましょう。

 

サービス内容などから利用メリットを確認する

次に年会費の額を確認したら次はサービス内容が適切どうか確認しましょう。どのようなサービスが存在してどの程度頻度で使う予定なのか、作る前に確認をしておきましょう。メリットを確認する前にクレジットカードを作ってしまい、結局使わ年会費だけ取られるということになり兼ねません。そのようなことにならないためにもサービス内容は事前に確認しておきましょう。

 

自分にとって本当に必要かを確認する

最後にステータスカードは本当に必要なのでしょうか?はっきり言ってほとんどの方は必要ないでしょう。年会費無料のカードでも十分なぐらいの利用可能額にサービスが付いてきます。空港のラウンジやコンシェルジュも必要ない人が大半でしょう。

 

しかし、信用力を付けたい方や最高級のサービスを体感したい方、あるいは非常に忙しコンシェルジュを使いたいなどはステータスカードの作成はおすすめです。

 

クレジットカードのステータスについてのまとめ

 

クレジットカードのステータスカードは難易度は高いですが、非常に優良なサービスが多くついているため、使い方次第で何倍にも利用価値が高まるでしょう。持っているだけではステータスにはならないので、是非ともスマートな使い方を目指してくださいね。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る