株式投資は基本的に利益を求めて行っているため、できるだけ損失拡大を防ぐことが重要です。損失を拡大しないためには、「損切り」という投資手法を欠かすことはできません。

重要といわれる損切りですが、「損切りがなぜ重要なのか」「どのようなタイミングで損切りすればいいのか」わからない方もいらっしゃると思います。

この記事では、「損切りとは何か」「損切りが難しいといわれる理由」を踏まえ、損切りの目安を決める方法について解説します。

損切りをする際の注意点も合わせて紹介していますので、投資をする際の参考にしてください。

損切りとは

損切りとは

損切りとは、保有している株式の価格が下落して含み損を抱えた際に、これ以上損失が拡大しないように損失が出ている状態で株式を売却することをいいます。

ここでは損切りの基本的な内容について解説します。

損失を最小限に抑える投資手法

損切りとは、損失を最小限に抑えるために損失の少ない段階で株を売却して処分する投資手法です。

保有している株式が購入価格を下回った場合、そのまま待っていれば株価が回復する可能性もありますが、回復せずさらに下落する可能性あります。今後の株価を予測するのはプロでも難しいため、株価が回復せず大きな損失となってしまうかもしれません。

また、長期で保有していれば株価が回復するかもしれませんが、保有している間は資金を動かすことができません。最低限の損失で売却して資金を動かし、他の銘柄で運用した方が利益を出せる可能性もあります。

損失が拡大してしまう前に損切りして、新たに収益の見込めそうな銘柄を購入すること機会損失の防止につながるでしょう。

ルールを決めておくと機械的に運用できる

損切りの必要性は分かっていても、いざ売却しようとすると手を付けられないことが多いです。「損をしたくない」「もっと株価が上がるかも」という気持ちがあると、損切りに踏み切るのは難しいことでしょう。

株を購入する際にルールを決め、機械的に運用することで想定外の損失を防ぐことができます。

のちほど詳しく解説する「損切りルール(目安)の決め方」を参考に、「◯%下落したら損切り」というようなルールを決めておくことをおすすめします。

損切りが難しい理由

損切りが難しい理由

損切りの重要性については多くの投資家が理解していながら、実際に行動に移すのは難しいといわれています。

損切りが難しいとされる2つの理由を解説していきます。

損失を確定する行為だから

損切りとは、その名の通り抱えている損失を確定する行為です。売却しなければ評価上の損失が確定することはありませんが、損切りをすると実際に損失が確定してしまいます。

この際、「損失を確定させたくない」という投資家心理が働き、頭では分かっていても損失を受け入れるのが難しくなります。特に投資を始めたばかりの方は損失を被る経験が少ないので、損切りできない傾向にあるようです。

しかし、損切りは長期的には損失を最小限に抑えるための手法です。しかし、短期的にみて損失を認めたくないという心理から、損切りできずにそのまま放置してしまうケースが多くなっています。

価格が回復するだろうという期待がある

いま抱えている損失は一時的なもので、いつか株価が回復するのではないかと期待してしまうことも、損切りが難しい理由のひとつです。株価の値上がりに期待してしまい損切りができない、というケースは少なくありません。

「損切りした翌日に株価が回復したら…」と考えると、売却に踏み切れないのも仕方がありません。しかし、今よりさらに株価が下がっていくかもしれない可能性を考えることも重要です。

もし損切り後に株価が回復しても、「大きな損失を抱えずに済んでよかった」と前向きに捉えることが大切です。

損切りルール(目安)の決め方

損切りルール(目安)の決め方

感情に左右されずに運用するためには、損切りのルールを決めて機械的に運用することがおすすめです。

ここでは損切りルールの決め方を紹介します。

購入価格の◯%下がったら損切りする

「株価が購入価格より◯%下がったら損切りをする」と決めておくと感情に左右されずに運用することができます。◯%に入る数字は、ご自身のリスク許容度と相談して決めることがおすすめです。

株式を長期保有する場合は、10%の損失で損切りをするケースが一般的な目安とされています。しかし、10%の損失にも耐えられないという方は、3〜5%程度を損切りラインに設定するといいでしょう。

株式を購入する時点で「◯%下がったら売ろう」と決めておき、損切りラインを下回ったらためらわずに損切りする癖をつけましょう。

損失額が決めた金額より下がったら損切りする

◯%下落ではなく、損失の金額を基準に損切りラインを設定するのも有効な手段です。

例えば、100万円投資していて10万円までは損失が確定しても問題ないという場合、「評価額が90万円になったら売却する」というように予め決めておきましょう。

◯%下がったら損切りするという方法と、具体的な損失額を決めて損切りする方法のどちらでもご自身のやりやすい方を選択して運用しましょう。

どちらにしても無理のない範囲で損切りラインを設定し、それを下回ったら機械的に売却することがおすすめです。

ポートフォリオを整理するタイミングを作る

損切りラインを設定するルールに加え、定期的にポートフォリオを整理することもおすすめです。3ヶ月〜半年に一回ほどのペースでご自身が保有している銘柄を見直していきましょう。

長期的に含み損が続いている銘柄は売却するなど、保有銘柄を定期的に整理する習慣を付けておくと、損失の拡大を防げます。

ポートフォリオを整理する際は、損失の最も大きな銘柄から整理することで、より効果的に損失を抑えることができます。

損切りする際の注意点

損切りする際の注意点

損切りをする際の注意点について解説していきます。

一度決めた損切りルールは変更しない

株価が下落し、設定した損切りラインに近付いてくると損切りルールを変更したくなる気持ちになるかもしれません。

しかし、損切りルールを変更してしまうと想定よりも損失が拡大する可能性が高くなり、損切りルールを設定した意味がなくなってしまいます。

機械的な運用のためにも、最初に決めた損切りのルールを変更しないようにしましょう。

一度決めたルールを守ることが、損失を最小限にして長期的に利益を増やしていくための効果的なな方法になります。

逆指値を設定しておく

損切りのルールを決めていても、売買タイミングを逃してしまっては損失の拡大になりかねません。売買のタイミングを逃さないために活用したいのが「逆指値」という方法です。

逆指値とは、通常の注文とは反対に指定した株価より高くなったら「買い」、安くなったら「売り」を自動的に注文してくれる設定のことです。逆指値を使えば、「保有している株式の価格が◯円を下回ったら売却する」という設定ができます。

この逆指値を活用すれば、損切りラインに到達した際に売買タイミングを逃すリスクがなくなります。損切りラインを決めたあとは、逆指値を設定することをおすすめします。

まとめ:損切りルールを決めて堅実に利益を狙いましょう

損切りルールを決めて堅実に利益を狙いましょう

損切りは、株式投資における損失を最小限に抑えるための重要な手法です。

「購入価格から◯%下がったら売却する」「決めた損失額になったら売却する」という損切りのルールを決め、機械的に実行することで長期的な利益を上げることにつながります。

投資は勝つ時もあれば負ける時もあります。負けるときは最小限で負け、勝てるときに大きく勝つことで精神的な負担も少なくなるでしょう。

損切りをする目安を決めて、堅実な運用を目指しましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像