「株式投資だけで生活ができたらいいな」そういう風に考えている方も多いです。特に昨今、投資やFIREという言葉が注目を集めているのもあり、その興味関心は更に強くなっています。

しかし、多くの方は株式投資だけでの生活に不安を持っています。まずは必要な資金やリスクについてしっかり理解しなければなりません。

この記事では、実際に株式投資だけで生活することは可能なのか?実際の方法やリスク、株式投資との向き合い方について解説します。体系立てて説明していますので、ぜひ参考にしてください。

株式投資だけで生活するには

株式投資だけで生活するには

結論からいうと、株式投資だけで生活することは可能です。しかし、ただやみくもに行っても株式投資だけで生計を立てること難しいです。

株式投資だけで生活するためには、主に3つのことを意識する必要があります。

  • 株の利益だけで生活することは可能であると理解する
  • 生活費を算出する
  • 投資資金の元手を準備する

株の利益だけで生活することは可能であると理解する

最近、経済的自立を果たして早期退職を行う「FIRE」が空前のブームになっています。FIREを実践するためには、株式投資を含む資産運用で利益を出せるようにならなければいけません。

株式投資はうまくトレードできれば大きな利益を狙えますし、投資資金が大きければ配当だけで生計を立てることも可能です。

投資資金やトレードスキルにもよりますが、株の利益だけで生活することは十分可能であることを、まずはしっかり理解することが必要です。

生活費を算出する

株式投資だけで生活するには、まずは普段の生活費をきっちりと算出することが重要です。 家賃や光熱費、携帯電話代などの固定費や、食費や交際費といった変動費をしっかり把握する必要があります。

特に固定費に関しては、しっかり見直しをすることで年間の支出に大きな影響を与えます。株式投資だけで生活する以前の問題として、携帯電話の通信費や光熱費、保険の内容を見直すのがおすすめです。

生活費は少なければ少ないほど株式投資で必要な利益が少なくて済むため、無理のない範囲で抑えるのが重要です。しかし、あまりにも切り詰めた生活では苦しくなってしまうため、無理のない生活で必要な金額を算出するようにしましょう。

投資資金の元手を準備する

株式投資で生計を立てるのであれば、投資資金の元手を用意しましょう。投資資金の元手は多ければ多いほど良いです。なぜなら投資資金が多いほど、低リスクの金融商品で利益を稼ぐことが可能だからです。

一方、投資資金が少ないと大きな利益を狙う必要があるため、高いリスクをとる必要があります。当然、リスクが高いとその分大きな損失を負う可能性が高くなります。

多額の資金を用意するのは大変ですが、デイトレードやスイングトレードから始めるのであれば500万円〜1,000万円の資金でも生活できる可能性はあります。

株式投資だけで生活する方法

株式投資だけで生活する方法

株式投資だけで生活するには、当然ですが利益を狙っていかなければなりません。

株式投資で利益を得る方法は主に3つです。

  • デイトレードを活用して収益を得る
  • 配当金で収益を得る
  • 株主優待を活用する

デイトレードを活用して収益を得る

投資資金が少ないときは配当で大きな収入を得るのは難しいため、デイトレードが主な収入源になります。値動き(ボラティリティ)の激しい銘柄を選ぶことができれば、手元資金が少ない場合でも大きな利益を狙えます。

例えば300万円を投資して5%の値上がりがあった場合、評価損益は315万円になります。売却時に利益分の15万円に約20%の税金はかかりますが、約12万円がその日の収益になります。この取引を繰り返し行っていければ、資金を増やしながら生活資金にも当てることが可能です。

しかし、デイトレードで勝ち続けることはプロでも難しいです。ボラティリティが激しいということは下落幅も大きくなる可能性があるため、評価額が-2%になったら損切りするなど、必ずルールを決めて運用するようにしましょう。

配当金で収益を得る

配当金は売却益に比べて安定して収益を受け取ることができるため、株式投資のみで生活をする場合の理想は、売却益ではなく配当金で生計を立てることです。

しかし、配当で生計を立てるためには多額の投資資金が必要になります。例えば年率3%配当の場合、投資資金が1,000万円あっても受け取れる配当金は年間で30万円です。仮に年間300万円の生活費が必要な場合、3%の配当で生活するには税金も考慮すると1億2,000万円以上の投資資金が必要になります。

配当利回りが高い米国高配当株やETFでも、安定的に配当を受け取ろうと思うと5%くらいの配当になります。いずれにせよ、配当で生活するには相当の資金が必要になることは覚えておきましょう。

株主優待を活用する

株主優待とは、日本企業が株を買ってくれた投資家対して商品券や食品、自社製品などをプレゼントしてくれる制度です。株主優待を実施している企業は1,500社以上あり、内容はバラエティに富んでいます。

実際に株主優待をフル活用している投資家の桐谷広人さん(通称:桐谷さん)は有名で、テレビや各種メディアでも株主優待の活用方法を解説してくれています。

株主優待の利回りは高くても5%程度なので、株主優待だけで生活するには配当同様多額の資金が必要になります。ただ、配当に加えて株主優待が貰えるメリットは大きく、特に自身の生活に必要なものが貰える場合は積極的に活用していくのがおすすめです。

株式投資だけで生活するリスク

株式投資だけで生活するリスク

株式投資だけで生活するにはいくつかのリスクがありますが、ここでは2つのリスクをご紹介します。

  • 資金力がないうちは常に不安定
  • 値下がり・減配のリスク

資金が少ないうちは常に不安定

資金力があれば配当に頼れますが、資金力がないと生活費の大部分をデイトレードで稼ぐ必要があります。デイトレードは大きく稼げる可能性はありますが、同時に大きな損失を被ってしまう可能性とも隣り合わせです。

生活費の大部分をデイトレードで稼ぐということはかなり不安定です。資金力がない内は、常に不安定であるということをしっかり理解しておく必要があります。

資金力が高まれば、その分高配当株式に投資して徐々に配当金を得ることができますので、株式投資だけの生活は少しずつ安定してくるのが一般的です。

値下がり・減配のリスク

値上がり益を狙う場合、逆に大きく値下がりしてしまうリスクがあります。下落のスピードは上昇のスピードよりも速いことが多いため、注意が必要です。

配当金についても、デイトレードよりは安定して収益を得られますが、減配のリスクがあることは理解しておく必要があります。配当金がいきなり0になるということは考えづらいですが、業績の悪化に寄って配当が1/4、1/3、最悪1/2になってしまう可能性もなくはありません。

株式投資には常にリスクが伴います。デイトレードの場合は撤退ラインを必ずルールで設定すること。配当金を狙う場合は1銘柄のみに集中投資するのではなく、可能な限り分散投資することでリスクヘッジを行いましょう。

株式投資と仕事の兼業

株式投資と仕事の兼業

株式投資だけでも生活をすることはできますが、仕事を完全にやめてしまうのではなく、仕事と兼業することによってかなり安定的にFIREを実践できます。

株式投資と仕事を兼業する主なメリットは3つです。

  • 安定収入を維持できる
  • 徐々に投資の感覚をつかめる
  • 副業には当たらない

株式投資と仕事を兼業するメリットについてわかりやすく説明していきます。

安定収入を維持できる

ここまで株式投資で生活するための方法やリスクについて解説してきました。これらを踏まえた上で、まずは仕事と株式投資を兼業で進めていくことを強くおすすめします。

会社員として働くことで安定収入が貰えるということは、投資をしていく上で非常に大きな精神的安心感を得ることができます。その安心感のおかげで無茶な投資をしてしまう可能性も低くなります。

株式投資だけで生活をしたい方は、いきなり仕事を辞めるのではなく、最初は株式投資と仕事を兼業して徐々に仕事の比率を減らしていくのがおすすめです。

徐々に投資の感覚をつかめる

株式投資は誰しも最初から勝てるわけではなく、時には損益がマイナスになることもあると思います。むしろマイナスになることのほうが多いかもしれません。最初はマイナスになってもいいので、少額から投資をして勝つこと・負けることに経験し慣れていくことが重要です。

完全に専業トレーダーになってしまうと、日々利益を出さなければいけないと焦るがあまり、正常な判断ができなくなってしまう可能性すらあります。しかし、仕事をしていれば仮に資産を減らしても、給与所得がある安心感から腰を据えて株式取引を行うことが可能です。

まずは仕事と株式投資を兼業しながら、徐々に投資の感覚を慣らしていくのがおすすめです。

副業には当たらない

副業を禁止されている会社は多くありますが、株式投資は副業には当たりません。

「特定口座」という証券口座を使って株式取引を行えば、確定申告も必要ありません。そのため、勤め先の会社に投資を行っていることがバレてしまうこともないです。

一般的に株式投資を禁止している会社は少ないです。副業に該当せず株式投資は行えるので、仕事をしながらでも安心して行うことができます。

まとめ:投資だけで生活することは可能

投資だけで生活することは可能

今回は、株式投資だけで生活する際に必要なことについて解説しました。

近年、FIREが一大ブームとなっており、経済的自立をして早期退職したいと思っている方は非常に増えています。経済的に自立するためには、普段の生活の見直しや株式投資に関する知識は必要不可欠です。

憧れはあると思いますが、まずは投資と仕事を両立させ徐々に資産を増やしていくのがおすすめです。流行りに踊らされること無く、堅実に資産を形成して豊かな生活を目指しましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像