社債とは、企業が発行する債券です。債券とは、国や地方公共団体、企業などが投資家からお金を借りるときに発行する有価証券です。株式の発行や金融機関の借入といった資金調達以外の方法として、よく用いられています。

国が発行する債券を「国債」企業が発行する債券を「社債」といい、いずれも預金より金利は高めです。今回は、社債の種類やメリット・デメリット、購入方法について解説します。

社債とは

社債とは、企業が必要となる資金を調達するために発行する「債券」です。債券とは、資金調達をしたい発行体(国・地方公共団体・企業など)が投資家から資金を借入れ、その証拠として発行する証書です。債券は定期預金と同じように期間と金利が決まっています

預金と異なるのは、債券は途中売却も可能なことです。ただし、債券の価格は変動しているので、買った値段より売った値段の方が安ければ損失がでる可能性があります。

しかし、債券は償還日を定め、ほとんどの債券は額面金額(債券の元本)で返ってきます。そして、償還までの間に金利(通常は年2回)が支払われます。

投資やお金の殖やし方を学べる『マネカツセミナー』
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

社債の種類

社債には、次の5つの種類があります。

普通社債(SB)

一般に社債というと普通社債のことを指します。英語ではSB(Straight Bond)といい、あらかじめ返済期限が設定され、その間に投資家に利息(クーポン)が支払われます。ほとんどの場合、利息は固定金利です。信用リスク(利息や元本を決められた条件で支払えなくなること)が高いほど利息も高い傾向にあります

転換社債(CB)

転換社債は、英語でChangeable Bond(CB)と呼ばれています。基本的な仕組みは普通社債と同じですが、一定の条件で社債を株式に転換できるという特徴があります社債として利息を受け取れるだけでなく、株式に転換して値上がり益も狙えるのです。ただ、株式に転換できる条件がついているため、普通社債と比べて利息が低い傾向にあります。

ワラント債

ワラント債は、新株予約権付き社債ともいいます。社債に株式を一定の価格で購入できる権利が付いています。転換社債は債券を株式に転換できますが、ワラント債は株を購入する資金が別に必要です。

劣後債

劣後債は、元本や利息の返済順位が低い債券です。企業が破綻した場合、普通社債などよりも後に処理されるため、投資金額が回収できないリスクがあります。しかし、その分利息が高くなっているのが特徴す。

電力債

電力債は、電力会社が発行する債券です。 通常の社債には担保がついていませんが、電力債は電力会社が保有する資産に担保がついていますですから、万が一電力会社が倒産しても、保有資産から他の債権者より優先して弁済を受けられるので、リスクが低社債す。

国債と社債の違い

債券は公社債ともいいます公社債の「公」は国や地方公共団体および公共団体、「社」は民間の事業会社や金融機関で、それぞれが発行する債券の総称が公社債です。

国が発行する債券が「国債」、企業が発行するのが「社債」です。種類によって異なるものの、社債の購入には50万円や100万円などまとまった資金が必要です。一方、国債は最低1万円から購入可能です。

また社債は固定金利ですが、個人向けに発行している国債は、固定金利と変動金利があります。ただし、金利は社債の方が国債よりも高い傾向にあります

社債と株式との違い

企業が資金を調達する手段として「株式」の発行もありますが、社債との違いは何でしょうか。もっとも大きな違いは、発行した企業に返済義務があるかどうかです。 株式は、投資家が企業に出資するという形になるため、株式会社の一部を保有します。株式会社は、投資家に資金の返済義務はなく必ず配当金を出す必要もありません

しかし、企業の業績が良くなれば、投資家は株価の値上がりによって利益を得たり、多くの配当金を受け取ったりできます。

一方、社債を購入するということは、企業にお金を貸すことす。社債は利息が決まっていて、償還期限を迎えると額面で返ってくることが約束されています。ただし、 企業が破綻した場合は返済されない可能性もあるため、注意が必要です。

それでは、社債のメリット・デメリットを確認しましょう。

 

社債のメリット

銀行などの預金に比べて利息が高い

社債は、 銀行の預金よりも金利が高いことが多いというのがメリットです。たとえば、みずほ銀行の定期預金の金利は0.01%です(2019年7月時点)。

一方、社債は発行会社によって異なりますが、個人投資家に人気の高いソフトバンクGの社債を見てみましょう。2019年4月に発行された5,000億円の普通社債は、償還期限2025年4月の6年債で利率は1.64%です。

国内社債市場の1本あたりの発行額として過去最大となったものの、申し込みが引受け額を上回る人気となりました。銀行の定期預金の164倍もの利息というのが人気の理由です。

社債のデメリット

債務不履行で元本が返ってこないリスクがある

社債には返済期日があり、返済日に利子付きで貸した金額が返却されます。 しかし、経営状況が悪化し倒産した場合、お金が返却されない可能性があります。

そのようなリスクを避けるために、格付けをチェックしましょう。格付けとは、企業業績や財務内容などを分析し、企業が発行する債券の元本や利払い能力の安全度を順位付けすることす。

格付機関としては、株式会社日本格付研究所、ムーディーズ・ジャパン株式会社、 S&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社など複数あります。

格付けの符号と定義は、それぞれの格付機関によって異なりますが、一般にAAAが最上位で、AA、A、BBB、BB、Bとなります。BBB以上は「投資適格」と判断されるので、BBB以上の社債を選ぶようにしましょう。ただ、最上位のAAAでも絶対に破綻しないというわけではありません。

格付けは高いほど倒産のリスク(信用リスク)が低くなりますが、その分利息は低めです。

社債はまとまった資金が必要

社債によって異なりますが、10万円、100万円といったまとまった資金が必要になります。さきほどのソフトバンクGの社債も最低購入金額は100万円です。投資信託はネット証券なら100円から始められるので、社債の資金的なハードルは高いと言えます。

ただし、社債を組み入れた投資信託を購入することで、少額から社債投資を行うことも可能です。

社債の購入方法

社債の購入には、証券会社で直接購入する方法と、投資信託を通じて購入する二つの方法があります。

証券会社で直接購入

社債は、証券会社で購入可能です。ただし株式の場合、基本的にどの証券会社でも購入することが可能ですが、社債は取扱い証券会社が決まっています。また証券会社によって引受金額が異なります。

先ほどのソフトバンクGの社債の場合、発行額5,000億円に対し、引受額は野村証券が約1,500億円、大和証券が900億円、SMBC日興証券が800億円となっています。証券会社ごとに購入できる金額も異なるので、注意するようにしましょう。

投資信託を通じて購入

社債は、投資信託を通じても購入可能です。債券型の投資信託の場合、複数の債券を組み合わせて運用しているので、リスクが軽減されます。ネット証券なら100円から購入できる投資信託もあります。

まとまった資金を用意するのが難しい方は、投資信託から始めるのがオススメです。

まとめ

今回は社債について解説しました。社債は、銀行の定期預金なり高い金利が見込め、償還日まで保有すれば額面で返ってくるのが魅力です。ただし、元本が保証された金融商品ではないので、格付けをチェックするなどリスク管理をきちんとしましょう。

また社債はある程度まとまった資金が必要です。少額から気軽に社債投資したいという方は、社債を組み入れた投資信託から始めるようにしましょう

記事 山下 耕太郎

投資やお金の殖やし方を学べる『マネカツセミナー』
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

【過去記事はこちらから】

【株式投資入門】投資のためにチェックしておきたい3つの経済指標

【株式投資入門】投資のためにチェックしておきたい5つの情報サイト

【株式投資入門】投資のために知っておきたいテクニカル分析!2つのチャートの見方

【株式投資入門】NT倍率とは|日経平均株価とTOPIXの仕組みと違いを知ろう!

【株式投資入門】インデックスファンドとアクティブファンド|5つの違いとは?

【株式投資入門】インカムゲインとは?キャピタルゲインとの違いとメリット・デメリット

【投資コラム】積立投資は「つみたてNISA」で始めよう

【投資コラム】分散投資とは?メリット・デメリットと4つの方法を詳しく解説

【投資コラム】信用取引とは?押さえておきたい4つの仕組みとメリット・デメリット

プロが教える株式市場下落時の5つの対処法!フラッシュクラッシュとは?

ETFとは?株式・投資信託との5つの違い