» つみたてNISAをSBI証券で始めよう!始め方や買い方をまとめて解説のメインビジュアル  » つみたてNISAをSBI証券で始めよう!始め方や買い方をまとめて解説のメインビジュアル

M life 記事

M life 2018.7.11

つみたてNISAをSBI証券で始めよう!始め方や買い方をまとめて解説

 

2018年からスタートしたつみたてNISA。少額から投資ができて、なおかつ非課税の恩恵も受けられるというメリットは耳に入るものの、いざ始めるにはハードルが高く、未だ二の足を踏んでしまっているもいることでしょう。ここでは初めてのつみたてNISAにおすすめな「SBI証券」で、口座開設から商品購入にいたるまでの手順について事細かに解説をしていきます。

 

つみたてNISAとは?

 

つみたてNISAとは、金融庁の掲げる「貯蓄から資産形成へ」を目指した仕組みのひとつである「少額投資非課税制度」のうち、特に少額からの長期積立を支援する制度です。

 

2018年1月から始まった新しい非課税制度

少額投資非課税制度のうち先行して2014年1月からスタートしている制度に「NISA」があります。少額からの投資で資産形成を助ける目的として導入された制度で、金融商品を保有している間に得た配当金や、売却益が非課税となるのが大きなメリットでした。それに加えて2018年1月から新たにスタートした制度が、今回ご紹介する「つみたてNISA」です。

 

年間40万円・最長20年の非課税期間がある

通常のNISAは年間120万円の非課税投資枠が設けられており、最長5年間の非課税期間が設定されています。それに比較してつみたてNISAの非課税投資枠は年間40万円と、NISAの3分の1に減額されている代わりに、非課税期間がNISAの4倍である最長20年間とされています。

 

出典:金融庁つみたて|NISAの概要https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/overview/index.html

 

このことからも、つみたてNISAは通常のNISAより、少額からの長期積み立てに特化した制度であることがみてとれますね。

 

積立方式で条件を満たした投資信託が対象

つみたてNISAの対象商品は、つみたて投資を前提として金融庁が定めたガイドラインに合致している金融商品に限られます。インデックスファンドやアクティブファンドの一部、ETFなどが含まれます。その中でも手数料が低水準であったり、分配頻度が毎月でないなど、細かな条件に基づいて決定されています。

 

SBI証券でつみたてNISAを始めるメリット

 

つみたてNISAを始めるにあたり、次なるハードルはやはり金融機関の選択にあると思います。つみたてNISAを扱っている金融機関は数多く存在し、各社それぞれ強みをアピールしているため、知識のない状態ではどれを選んだらよいか右往左往してしまうでしょう。

 

そこで今回は、投資の初心者にとっても、投資歴の長い方にとっても一様におすすめできる「SBI証券」で、つみたてNISAを始めることのメリットについてご紹介していきます。ぜひ、金融機関選びの一助に、ご覧ください。

 

取扱銘柄が豊富

つみたてNISAは、最長で20年間にわたり付き合うことになる商品です。だからこそ、数多くの商品の中からご自身にぴったりな組合せで商品を選ぶことの重要性は、極めて高いと言えます。SBI証券は、100本以上の豊富な商品ラインアップを持ち、さまざまな運用ニーズに適応した商品を組合わせることができるのが、大きな強みです。

 

毎週・毎日の積立ができる

SBI証券は、積立方式(コース)のバリエーションも豊富です。「毎日」「毎週」「毎月」の3コースの中から自由に選択できます。毎週コースであればご自身の好きな曜日に積み立てられ、毎日コースであれば毎営業日に積み立てることになります。

 

この仕組みは、ドル・コスト平均法に当てはめることができます。時間を分散することにより、最終的なトータルリターンが多く見込める投資法を実践できるわけです。

 

100円からの積立が可能

これまでSBI証券では、積立買付は500円から取引が可能となっていましたが、2017年1月から積立買付を「100円」から可能になるよう仕組みが変更されました。この仕組み変更は前述のつみたてNISAの「毎日」コースとも相性抜群で、より細かな金額で、長期にわたり積み立てを可能とする土台が整っていると言えます。

 

投信積立でポイントが貯まる

SBI証券の投信マイレージサービスでは、対象の投資信託を保有している場合に、月間保有額に応じて年率0.05~0.2%相当のSBIポイントを得ることができます。なお、MMFや中国F・MRFなど一部、対象外の商品もあります。非課税の恩恵を得ることができ、かつポイントも貯まるなんて、一度で二度おいしいサービスですね。

 

SBI証券でのつみたてNISAの始め方

 

SBI証券でつみたてNISAを始めるには、SBI証券でNISA口座を開設する必要があります。また開設後、実際に取引を開始するまでにはいくつかの手順を踏む必要もあります。難解な部分も多いため、それぞれの手続きについて順を追ってじっくり確認していきましょう。

 

NISA口座の開設方法

 

口座開設書類の請求

まずはSBI証券にて証券総合口座を開設する手順が必須です。SBI証券では、オンラインと郵送いずれかの方法で口座開設をすることが可能です。ここでは、郵送での口座開設を例にとって解説しますが、オンラインで手続きをした方が郵送期間を挟まない分、手続きに要する時間を短縮することができます。急ぐ場合は、オンラインでの口座開設手続きを検討しましょう。

 

まず公式サイト上で口座開設申し込みフォームを開き、名前や住所、生年月日などを入力のうえ、最後に「つみたてNISAを申し込む」を選択し、口座開設申し込み方法で「郵送での口座開設」を選択します。

 

必要書類の返送

通常約5日程度で、申し込みフォームで入力した事項があらかじめ印字された「証券総合サービス申込書兼NISA申請書」が手元に届きます。申込書に必要事項を記入し、マイナンバーの確認できる書類及び本人確認書類も添えて、返信用封筒へ封入のうえ、返送しましょう。

 

口座開設完了連絡

つみたてNISA口座は総合口座と異なり税務署のチェックが入るため、手続きに少々の時間を要すことは、念頭に置いておきましょう。口座開設書類を返送してからおよそ10日ほど経過後に、簡易書留郵便にて口座開設完了の通知書が届きます。それには口座番号やログインパスワード、取引パスワードが記載されているため、失くすことのないよう大事に保管しましょう。

 

通常NISAから変更する場合

これまではSBI証券に総合口座を持っていないケースを前提として解説してきましたが、既にSBI証券で通常NISA口座を持っている場合は、手続きは非常に簡単です。SBI証券へマイナンバーの確認できる書類を提出のうえ、つみたてNISA口座への切替手続きを済ませるだけで完了します。

 

他の金融機関からSBI証券へ変更し、なおかつ通常NISA口座からつみたてNISA口座へ切り替えたい場合は、上記に併せて金融機関変更手続きも必要とします。上記いずれも、通常NISA口座で保有している金融商品をそのまま非課税期間満了まで運用し続けるか、売却するか、特定口座へ移管するか、扱いについてよく吟味してから実行しましょう。

 

証券口座への入金方法

次に、開設した証券口座への入金方法の解説です。

 

即時入金サービス

SBI証券には、インターネットバンキングを通して手数料無料で即時入金することのできるサービスがあります。24時間利用可能でメリットの大きいサービスですが、提携銀行に限られます。

 

振込入金

証券総合口座の申し込みに応じて用意される専用の振込用口座へ、銀行振込によって振り替えられる方法です。振込手数料を負担する必要があります。

 

ATMカード入金

セブン銀行およびゆうちょ銀行のATMから、SBI証券総合口座へ入金する方法です。セブン銀行であれば所定の時間帯に限り、手数料が無料となります。但し、あらかじめATMカードを発行しておく必要があります。

 

投信積立銀行引落サービスも利用可

各商品の買付に必要な代金を、手数料無料で指定の銀行口座から自動的に引落しするサービスを利用することもできます。証券総合口座への入金の手間を省くことができる、利便性の高いサービスです。

 

つみたてNISA商品の買い方

つみたてNISA口座を開設し、買付代金まで準備することができたら、いよいよつみたてNISAの金融商品を購入してみましょう。

 

積立設定のやり方

まずはつみたてNISAの対象となるファンドをいくつか選び、つみたてNISA設定画面へ追加します。それぞれ積立設定金額を指定していき、商品ごとに目論見書および目論見書補完書面を確認のうえ、確定することで設定完了です。

 

便利な機能を使いこなそう

SBI証券には、便利な機能がいくつも存在します。「NISA枠ぎりぎり注文」は、年間の非課税投資枠を最大限に活用できる機能です。非課税投資枠が積立設定金額以下の場合に、積立注文金額を引き下げて買付を行い、可能な限りNISA枠を使い切るよう注文してくれます。

 

また、「らくらくカートつみたて」機能では、つみたてNISA設定のための専用画面により、つみたてNISA投資可能枠の利用状況がひと目でわかるグラフが表示されます。複数銘柄の積立設定が一括でできるなど、投資初心者でも操作のしやすい仕組みが搭載されています。

 

SBI証券のつみたてNISAのおすすめ商品は?

 

SBI証券では、現在購入可能な全てのつみたてNISA対象ファンドを取り扱っています。豊富な商品ラインアップが魅力ではありますが、あまりに選択肢が広すぎると、投資初心者ではどれを選んだらよいか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで次に、SBI証券での商品の選び方のコツと、自信を持っておすすめできる商品についてご紹介していきます。

 

人気商品はランキングでチェック

SBI証券公式サイト内にある、投資信託の人気商品ランキングを参考にするのもおすすめです。「積立設定金額」や「積立設定件数」などで並び替えることができ、トータルリターンやレーティングもランキング表から一目瞭然のため、商品選びの強い味方となります。

 

参考:SBI証券|投資信託
URL:https://site0.sbisec.co.jp/marble/fund/top.do

 

つみたてNISA商品の選び方

つみたてNISAで運用する商品を選ぶときのチェックポイントは、信託報酬という運用にかかるコスト、運用実績、純資産総額です。長期運用を見据えている以上、手数料はできるだけ抑えられる商品を選択するといいでしょう。またこれまでの運用実績が安定しているか、純資産総額は右肩上がりで、投資家が流入している商品か見極めることも、今後長い付き合いをしていく商品を選ぶ際に重要なポイントとなります。

 

つみたてNISAのおすすめ商品

 

ニッセイTOPIXインデックスファンド

おもに国内の株式等に投資するファンドで、TOPIXの動きに連動した成果を目標として運用されている商品です。信託報酬は0.18%と安く、純資産総額は右肩上がり。平均利回りは約5%です。信託報酬は過去に引き下げが行われた経緯があるため、今後もコスト削減に期待でき、安心感のある商品と言えます。

 

参考:ニッセイアセットマネジメント株式会社
URL:https://www.nam.co.jp/fundinfo/ntif/main.html

 

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

業界トップクラスの低コストを追求した商品です。先進国23カ国に分散投資を行い、世界経済の成長を取り込むことができます。利回りはおよそ5.5~9%程度を見据えています。低コストかつ十分な利回りを見込めるため、投資家の間で大人気なつみたてNISA商品です。

 

参考:三菱UFJ国際投信
URL:https://emaxis.jp/fund/252653.html

 

ひふみプラス

代わってアクティブファンドで大人気の商品が「ひふみプラス」です。高コストであってもなおインデックスファンドより高いリターンをもたらした商品として、非常に注目を集めています。利回りは3年間で約21%と、他の追随を許さぬ圧倒的な実績を上げています。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?少額からこつこつと資産形成をしていく手段として、SBI証券のつみたてNISAはおすすめな方法と言えます。投資の初心者でも取り組みやすい仕組みでサービスが展開されているので、ぜひSBI証券で口座開設をし、非課税の恩恵を享受しながら着実に資産を増やしていきましょう。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る