非課税で積み立て運用ができることから人気を集めている積立NISA。毎月コツコツと投資してリターンを狙うことができます。

しかし、コツコツ投資するよりも「株価が下落したときに一括で購入した方が良いのでは?」と考える人もいると思います。

この記事では、積立NISAを一括購入した場合のメリット・デメリットを解説します。さらに楽天証券・SBI証券で銘柄を一括購入する方法について画像付きで紹介していきます。

積立NISAの一括購入について

積立NISAの一括購入について

積立NISAを一括で購入するにあたって、「どのように購入するか」「メリット・デメリット」を把握しておく必要があります。

以下、積立NISAの一括購入について解説していきます。

積立NISAは年間40万円まで

積立NISAを利用できる期間は最大20年間で、年間の非課税枠は40万円までです。20年間、枠をフルで活用すれば合計で800万円を投資することができますが、年間の非課税枠は翌年に持ち越せません。したがって800万円を一括で投資することはできません

また、積立NISAは毎月コツコツ運用していくことを目指しています。そのため「基本的には」年間の非課税枠40万円を一括で使い切ることはできません。

ボーナス積立を利用すれば一括購入可能

積立NISAはその性質上、一括で購入することはできません。しかし「ボーナス積立」という方法を活用することで、一括購入が可能になります。

ボーナス積立とは、勤務先からのボーナスが出た月にまとまった金額を投資できる制度です。積立NISAに限らず、投資信託の積立投資ではボーナス積立が用意されています。

例えば6月と12月にボーナスが支給される企業の場合、毎月10,000円の積立金額に加えて「6月と12月だけさらに5万円を投資する」といったことが可能です。

積立NISAの一括投資をするには、このボーナス積立を利用します。一括投資をしたいと思ったタイミングでボーナス積立を設定することで、まとまった金額の投資が可能になります。

積立NISAで一括購入するメリット

自身のタイミングで資金を投入できる

一括投資の利点として、価格の下落時にまとめて購入できるという点が挙げられます。下落時に一気に購入することで、取得単価を抑えることができます。

例えば、1月に10,000円だった投資信託の価格が2月に8,000円に下落したと仮定します。1月と2月に半分ずつ分散投資をした場合、平均の取得単価は9,000円になります。一方で2月にまとめて一括購入すれば取得単価は8,000円です。

翌月の3月に10,000円に金額が戻った場合、分散投資で9,000円で購入したケースでは、利益が1,000円分になります。2月に8,000円で一括購入したケースでは、利益は2,000円分です。

このように下落したタイミングで一括購入ができれば、積立投資をするよりも高い収益を得られる可能性があります。

積立NISAで一括購入するデメリット

相場下落のピークは誰にもわからない

一括投資をすると下落時にまとめて購入できるというメリットを紹介しましたが、その下落が続く可能性もあります。

例えば1月に10,000円だった投資信託が、2月に8,000円に下落。

このタイミングで一括購入した後に、3月には6,000円まで下落した場合、大きな損失を抱えることになります。相場の正解は誰にも分からないため、いつが下落のピークなのかは分かりません。

ドルコスト平均法が活用できない

ドルコスト平均法を活用できないというデメリットもあります。ドルコスト平均法とは、毎月一定の金額を積み立てることで、価格が高い時には少なく買い、安い時には多く買うことができる仕組みです。そのため高値で購入するリスクを避け、平均の取得単価を抑えることが可能です。

一括投資をした場合、このドル・コスト平均法を活用できないため、高値で購入してしまうリスクがあります。

このような点から、積立NISAを一括で購入することはあまりおすすめできません

楽天証券で積立NISAを一括購入する方法

楽天証券のロゴ

楽天証券で積立NISAのボーナス積立をする方法を解説します。

すでに積立NISAで毎月積立をしている人は、まず設定を解除することから始めます。

積立設定を解除する(すでに積立NISAを利用している人)

1. 楽天証券のマイページにログインし、ページ上部の「NISA・つみたてNISA」というボタンをクリック

2. 「積立設定」をクリック

3. 現在積み立て設定している投資信託を選択し、「解除」をクリック

4. 解除内容を確認し、取引暗証番号を入力。下にある「解除する」ボタンをクリック

以上の手順で積立設定の解除は完了です。

ボーナス積立を設定する

1. 楽天証券のマイページにログインし、ページ上部の「NISA・つみたてNISA」というボタンをクリック

2. 「ファンドを探す」をクリック

3. 「ファンド一覧から選ぶ」をクリック

4. 購入したい銘柄にチェックを入れ、「一括積立注文へ」をクリック

5. 「楽天カードクレジット決済」以外のどちらかを選択する

注:「楽天カードクレジット決済」ではボーナス積立を利用することができません。

6. 積立タイミングを「毎月」に設定し、一括購入したい日を積立指定日に設定する

今回は10日で設定します。

7. 毎月の積立金額に「100円」を入力し、分配金コースを「再投資型」を選択。ボーナス設定を「する」を選び、一括購入したい金額を入力。一括購入したい月も合わせて選択

8. 「今年のつみたてNISA枠を最大限利用する」は「増額しない」を選択する

9. 好きなポイント利用方法を選択し、「目論見書の確認へ」をクリック

10. 「目論見書等を閲覧する」ボタンをクリックし、ファンドの目論見書を確認

11. 「注文内容確認へ」というボタンをクリックする

12. 取引暗証番号を入力し、「注文する」ボタンをクリック

以上で、積立NISAのボーナス積立設定が完了です。

SBI証券で積立NISAを一括購入する方法

SBI証券のロゴ

SBI証券で積立NISAのボーナス積立をする方法を解説します。すでに積立NISAで毎月積立をしている人は、まず設定を解除することから始めます。

積立設定を解除する(すでに積立NISAを活用している人)

  1. SBI証券のマイページにログインし、「NISA・つみたてNISA」をクリック
  2. つみたてNISA設定一覧から削除したい銘柄のゴミ箱マークをクリック
  3. 設定確認画面をチェックし、「確定する」ボタンをクリック

以上の手順で積立設定の解除は完了です。

ボーナス積立を設定する

  1. SBI証券のマイページにログインし、投資したいファンドを選択
  2. 「つみたてNISA買付」ボタンをクリック
  3. コースは「毎月」を選択し、申込設定日を一括投資したい日で設定
    設定金額は上限の33,333円以内であれば、好きな金額でOK(ここでは10,000円)
  4. ボーナス月設定で一括投資したい金額を入力
    (先ほど入力した10,000円と合算した金額が一括投資される)
  5. ボーナス日をすでに入力した申込設定日と合わせて設定
  6. 取引パスワードを入力
  7. 「確定する」ボタンをクリック

以上で、積立NISAのボーナス積立設定が完了です。

まとめ:積立NISAの一括購入はおすすめではない

積立NISAは、ボーナス積立を利用することで一括での購入ができます。相場の下落時にまとめて購入することができれば、積立投資をするよりも利益を上げることができるというメリットがあります。

一方で、「ドルコスト平均法が活用できずリスクが高くなってしまう」「相場の正解は誰にも分からず、一括購入の後にもっと下落してしまうかもしれない」などのデメリットも抱えています。積立NISAの良さは「相場を気にすること無く機械的に積み立てることができる」という点もあるので、相場を気にして買付を行うのは積立NISAの投資方法ともあっていません。

特に投資初心者の方は、リスクの高い一括投資よりドルコスト平均法の恩恵を受けながら積立投資をしていく方がおすすめです。

もし自信を持って「今が相場の底だ!」と思うのであれば、積立NISAは継続しつつ特定口座で一括投資をすることをおすすめします。わざわざ積立NISAの年間非課税枠を使って、リスクを被る必要はありません。

積立投資を一括投資のメリットを上手に活用しながら、賢く資産運用をしていきましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像