積立NISAは、老後のための資金対策・資産運用として注目を集めています。投資運用益が非課税となるため、利用している方も多いですが、一方で積立NISAがどのような制度なのか詳しく理解していない方も多いと思います。

積立NISAにはメリットだけでなくデメリットもあります。デメリットも理解していないと思った通りの運用ができない可能性があります。この記事では、積立NISAについて

  • 積立NISA制度の概要
  • 積立NISAのデメリット
  • 積立NISAはこんな人におすすめ

をそれぞれ解説します。

積立NISAとは

日本居住の20歳以上の方が口座開設可能です。投資期間は最長20年で1年間に40万円まで非課税投資枠を利用できます。積立NISAの口座を利用して購入した投資信託から得られる分配金や譲渡益は全て非課税になるというメリットがあります。また、投資の非課税制度としては、一般NISAという制度もありますが、投資できる内容や1年間の上限額が異なります。

具体的な積立NISAと一般NISAとの違いはこちらです。

項目 積立NISA 一般NISA
非課税枠 40万円 120万円
非課税期間 20年間 5年間
対象商品 金融庁の基準を満たした投資信託
ETF
など
上場株式
公募株式投資信託
など
購入方法 積立投資 一括購入、積立投資

 積立NISAのデメリット

積立NISAは投資運用益や分配金が非課税になるという大きなメリットがありますが、同時にデメリットもあります。

具体的には、以下のようなデメリットが挙げられます。

  • 元本割れの可能性がある
  • 運用できる金融商品が少ない
  • 損益通算できない
  • 繰越控除できない
  • 一般NISAと併用できない
  • 非課税枠の繰越ができない
  • スポットでの買い増しができない

元本割れの可能性がある

積立NISAでは、金融庁が厳選した投資信託とETF(上場投資信託)の中から実際に運用する商品を選びます。いずれも、投資の基本である「長期・積立・分散投資」に適した商品ばかりですが、「厳選」されているといっても、「元本保証」されているわけではありません。

投資信託やETF(上場投資信託)は、「元本確保型商品」ではなく、元本が変動する商品です。運用中に値下がりで元本割れする可能性もあります。

運用できる金融商品が少ない

積立NISAで運用できる商品は、金融庁の厳しい審査をクリアした投資信託、ETFに限定されています。金融庁の審査基準とは、販売手数料が無料、信託報酬が一定以下などが挙げられます。投資初心者にとっては商品を選びやすいというメリットもある反面、多数の商品を比べたい人にとってはデメリットとなってしまいます。

さらに、金融機関によって取扱商品や取扱数が異なる場合もあり、積立NISAで運用できる全ての商品が利用できるわけではありません。NISA口座を開設する前に事前に購入できる商品について確認しておきましょう。

また、積立NISAでは個別株式の購入ができませんので注意が必要です。もし、たくさんの商品から運用したい場合には一般NISAを利用しましょう。

損益通算できない

積立NISAは、損益通算ができません。損益通算とは、1つの商品で出た利益と他の商品で出た損失を差し引くことです。

例えば、商品Aで100万円の運用益があり、商品Bで50万円の損失が出た場合を考えます。商品Aと商品Bを損益通算すると、全体の利益は50万円となります。税法上では、商品Aと商品Bの運用益50万円に対して課税がされるのです。しかし、積立NISAでは他の商品と損益通算することができないのです。積立NISAの運用益は非課税ですので損益通算しなくても問題はありません。

一方で、積立NISAで運用した商品が損失となってしまった場合には、他の金融商品の利益と相殺できないので注意しましょう。ちなみに、損益通算は一般NISAでもできません。

繰越控除できない

積立NISAは、繰越控除ができません。繰越控除とは、投資で発生した損失を3年間繰り越すことができるという制度です。

例えば、前年に100万円の損失があり、翌年に200万円の利益が出た場合には相殺して100万円の利益とすることができます。

前述した通り、積立NISAは損益通算ができないので損失の相殺自体ができません。積立NISAは、利益が出た場合にはメリットのある商品ですが、損失が出た場合にはデメリットとなってしまう点に注意しましょう。ちなみに、繰越控除は一般NISAでもできません。

一般NISAと併用できない

積立NISAは、一般NISAと併用ができません。NISA口座を開設できるのは、全ての金融機関を通じて1人1口座のみとなっています。NISA口座は1年単位で変更することができます。自分の投資スタイルや金額を確認して、どちらのNISA口座を利用するか決めましょう。

非課税枠の繰越ができない

NISA口座には、非課税枠が設定されています。一般NISAは120万円、積立NISAは40万円が毎年非課税枠として利用できます。NISA口座で利用できる非課税枠のうち、余った分は翌月に繰り越すことができません。

例えば、積立NISAを利用して年間の積立額が20万円だった場合に、余った20万円の非課税枠は繰越せません。毎月積立をする場合には、月額33,000円であれば非課税枠の40万円を使い切れます。そのため、運用資金に余裕のある方は月々33,000円の積立が賢い運用と言えるでしょう。

スポットでの買い増しができない

積立NISAは、積立投資にしか対応していません。そのため、自分が買いたいタイミングで金融商品の買い増しができないという点に注意が必要です。

例えば、投資信託の価格が大幅に下がり、買いの局面になったとしても、積立NISAでは毎月同額での購入しかできません。もし、追加で購入したい場合には、NISA口座の非課税枠を利用せずに購入するしかありません。

また、任意のタイミングで購入するスポット購入を希望する場合には、一般NISAを利用しましょう。

積立NISAがおすすめな人

積立NISAがおすすめな人は以下のような人です。

  • 投資初心者の方
  • 運用できる資金が少ない方
  • 投資商品を選ぶ時間がない方
  • リスクを抑えたい方

投資初心者の方

積立NISAは投資初心者、投資経験の少ない方はおすすめです。積立NISAの商品は、金融庁の厳しい審査基準をクリアした商品に限られます。積立NISAで運用できる商品は、販売手数料が無料で、信託報酬が少ないものになっています。つまり、運用にかかる手数料が抑えられるので、長期投資に向いています。

また、運用できる商品が厳選されているので、「何を選んだら良いか分からない」という方でも商品を選びやすいのも特徴です。

運用できる資金が少ない方

積立NISAは、積立型の投資信託を購入することになります。そのため、運用できる資金が少ない方でも気軽に始めることができます。

通常、株や投資信託を購入する場合には数十万円程度のまとまった資金が必要になります。そのため、投資初心者や資産に余裕のない人にとって敷居が高くなってしまいます。積立NISAは毎月少額の資金で始めやすいというメリットがあります。

投資商品を選ぶ時間がない方

前述した通り、積立NISAの商品は金融庁が厳選した商品のみに限られます。あらかじめ運用しやすい商品が厳選されているため、投資商品を選ぶ時間がない方でも選びやすくなっています。

現在金融機関で販売されている投資信託は、数千本以上あります。そのため莫大な種類の投資信託の中から、自分が投資したい商品を選ぶためには投資商品を選ぶための時間と投資の知識が必要になります。

積立NISAを利用することにより、運用商品を選択する手間は少なくなります。つまり、積立NISAは忙しくて投資にかけられる時間がない人で、資産運用したい方におすすめとなっています。

リスクを抑えたい方

積立NISAは数ある投資の中でも比較的リスクを抑えられる傾向にあります。その理由がドルコスト平均法で購入金額を平均化することができるからです。投資信託は常に価格が変動します。

例えば、投資信託Aという商品の価格が200円だったとします。この商品が1ヶ月後には100円、2ヶ月後には50円になったとします。この投資信託を毎月10,000円で積み立てた場合、最初は200円なので50口、1ヶ月後は100円なので100口、2ヶ月後には200口購入でき、合計で350口保有できます。

もし、この投資信託Aを最初に一括で30,000円購入した場合には、150口しか買えなかったことになります。1ヶ月後に30,000円で購入した場合も300口しか購入できなかったことになります。

このように、投資商品の購入するタイミングを分散することで、平均買付単価が抑えられるというのがドルコスト平均法の特徴です。つまり、一括で購入するとその時が一番高値の可能性もあるので、そのリスクを最小限まで抑えられるというメリットがあります。

もちろん、積立投資は安値だった場合にも同じ金額しか購入できないので、リターンも少なくなってしまいます。しかし、リスクをなるべく抑えたいという方にとってはおすすめの投資方法です。

まとめ:積立NISAはデメリットも理解して運用しましょう

今回は、積立NISAのデメリットや積立NISAがおすすめな人の特徴について解説しました。 積立NISAには、デメリットもありますが、投資初心者にとっては利用しやすい制度となっています。本記事を参考に、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像