資産運用の手段として、「社債」と「株式」を比較して検討するケースが多くあります。

本記事では、「社債」とは何か、購入方法やメリットデメリット、「株式」との違いについてわかりやすく解説していきます。「社債」の購入を検討中の方はぜひ参考にしてください。

社債とは

「社債」とは、企業が投資家から資金を借りるために発行する債券のことです。債券は、発行体(国・地方公共団体・企業など)が投資家から資金を借り入れた際に、その証拠として発行する証書です。

定期預金と同じように期限と金利が定められており、購入すると期限までの間、利息を得ることができ、また投資家が社債を購入することで企業は資金を調達し、投資家は定められた期限まで利息を受け取ることができます。期限を向かえると企業から額面金額(債券の元本)が返済される仕組みになっています。

社債の種類

普通社債

一般的に「社債」というと「普通社債」を指します。ストレートボンド(SB)とも呼ばれ、購入すると予め定められた期限までの間、利息が支払われる仕組みになっています。ほとんどの場合、利息は固定金利です。

信用リスク(債権の発行体が経営不振や財政難など、利息や元本を決められた条件で支払えなくなる可能性)が高いほど利息も高い傾向にあります。

転換社債

「転換社債」の正式名称は「転換社債型新株予約権付社債」といい、チェンジャブルボンド(CB)とも呼ばれています。基本的な仕組みは普通社債と同じですが、購入後に一定の条件を満たせば、社債を株式に転換できるという特徴があります。

社債として利息を受け取れるだけでなく、株価が値上がりした際には株式に転換して値上がり益も狙えます。ただ、株式に転換するには条件があり、普通社債と比べても利息が低い傾向にあります。

ワラント債

「ワラント債」は、正式名称を「新株予約券付き社債」といいます。社債を購入すると、発行元の企業の株式を一定の価格で購入できる権利が付いています。

転換社債は債券を株式に転換できますが、ワラント債は株を購入する資金が別途必要となります。

劣後債

「劣後債」は、元本や利息の返済順位が低い債券です。債券の発行企業が破綻した場合、普通社債などよりも後に処理されるため、投資金額が回収できないリスクがあります。しかし、その分利息が高くなっているのが特徴です。

返済順位が最も高い「普通社債」と、最も低い「株式」の間の性質を持った社債です。

電力債

「電力債」は、電力会社が発行するもので、大型な設備投資の際に発行される社債です。通常の社債には担保がついていませんが、電力債は電力会社が保有する資産の全てが担保の対象になります。

そのため、電力会社が倒産した場合、電力会社の保有資産から他の債権者より優先して弁済を受けられるというリスクが低い社債となっています。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像

社債と株式の違い

「社債」は簡単にいうと債券の発行元企業へお金を「貸す」ことです。そのため、利息が発生し、定められた期限になると額面金額(債券の元本)が返還されます。「社債」の場合は、発行元企業の業績が上がっても利息が変わることはありません。万が一企業が破綻した場合は、購入金額が返済されない可能性もあるため注意が必要です。

「株式」は企業への「出資」になるため、企業には投資家への返済や配当金支払いの義務がありません。その代わり、投資家は企業への経営参加権や経営監督権を持つことができ、企業の業績が良くなれば投資家は株価の値上がりによって利益を得たり、多くの配当金を受け取ったりできる仕組みになっています。

社債の購入方法

社債の購入方法は、証券会社で直接購入する方法と、投資信託を通じて購入する方法の2種類があります。

証券会社で直接購入

社債は、証券会社で購入することができます。

【購入手順】
1. 証券総合口座の開設
2. 証券総合口座への入金
3. 債券の注文

参考:株式会社SBI証券:「債券のお買い付けまでの流れ

各企業が不定期で購入を募集し、証券会社によって取り扱い企業のラインナップや引き受け金額も異なります。購入の際には複数の証券会社を見比べてみることをおすすめします。債券の発行数と購入希望者数によっては、必ずしも購入できるわけではないので注意が必要です。

投資信託を通じて購入

社債は、投資信託を通じても購入可能です。債券型の投資信託の場合、複数の債券を組み合わせて分散投資してくれるので、リスクが軽減されます。

ネット証券なら100円から購入できる投資信託もあるので、まとまった資金を用意するのが難しい方は、投資信託から始めるのがおすすめです。

社債購入のメリット

銀行などの預金に比べて利息が高い

社債のメリットは、銀行の定期預金よりも金利が高く、返済期限になれば元本が返還される可能性が高いという点です。

例えば、「三菱UFJ銀行」や「みずほ銀行」の定期預金金利は年0.002%となっています。しかし、2021年6月にソフトバンクグループが発行した社債の利率は、税引前で2.75% (期限:35年、最短5年)とかなり高い設定になっています。

社債は銀行の定期預金に預けるよりも、高い金利が得られることがわかります。

出典:株式会社三菱UFJ銀行「円預金金利
出典:株式会社みずほ銀行「円預金金利

社債購入のデメリット

債務不履行で元本が返ってこないリスクがある

社債のデメリットは、発行元企業の経営状況が悪化し、倒産した場合にお金が返却されない可能性がある点です。そのようなリスクを避けるためには、「格付け」をチェックしましょう。格付けとは、企業業績や財務内容などを分析し、企業が発行する債券の元本や利払い能力の安全度を順位付けすることです。格付機関としては、株式会社日本格付研究所ムーディーズ・ジャパン株式会社 S&Pグローバル・レーティング・ジャパン株式会社など複数あります。

格付けの符号と定義は、それぞれの格付機関によって異なりますが、一般的にAAAが最上位で、AA、A、BBB、BB、Bの順で決まっています。BBB以上は「投資適格」と判断されるので、BBB以上の社債を選ぶようにしましょう。ただ、最上位のAAAでも絶対に破綻しないというわけではありません。

例)株式会社日本格付研究所:ソフトバンクグループ 長期:A-/ 安定的(AA から B までの格付記号には同一等級内での相対的位置を示すものとして、プラス(+)若しくはマイナス(-)が付きます)

格付けは高いほど倒産のリスク(信用リスク)が低くなりますが、その分利息は低めです。

社債はまとまった資金が必要

投資信託が100円から投資できるのに対して、社債はその種類によって10万円、100万円とまとまった資金が必要になることがあります。ただし、社債を組み入れた投資信託を購入することで、少額から社債投資を行うことは可能です。

まとめ:社債は株式との違いを理解した上で購入しましょう

社債は、銀行の定期預金よりも高い金利が見込める点が魅力です。ただ、必ずしも元本が保証された金融商品ではないので、格付けをチェックするなどしてリスク管理に注意しましょう。

また、株式と違い発行元企業の業績が上がった場合でも、手にする金額は予め決められていた金額よりも増えることはありません。社債を購入する際には、以上の点を考慮した上で購入しましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像