「ドルコスト平均法」という言葉を聞いたことはありますか?ドルコスト平均法は投資や資産運用の分野で使われる言葉です。つみたてNISAやiDeCoなど、国が推奨する投資制度にも採用されている手法です。

この記事では、ファイナンシャルプランナー資格を持つ筆者が、ドルコスト平均法の解説を中心に将来のお金の悩み、不安を減らすための情報を紹介します。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは、株や投資信託などの価格が変動する金融商品を、一定の金額で買い続ける手法のことです。短期投資には向かず、基本的には中長期的な投資の際に用いられる手法です。

例えば、年間12万円を投資する人がいるとします。ドルコスト平均法では、一度に12万円を一括購入するのではなく、毎月1万円ずつ金融商品を購入する、ということです。

毎月定額をコツコツ投資していく手法

株や投資信託は毎日価格が変動しています。そのような金融商品を購入する際に、数をベースに購入すると毎月必要なお金が変わります。

例えばAという投資信託を毎月購入すると仮定します。価格が1万円の時に1口購入すると1万円、価格が2万円の時に1口購入すると2万円かかるという具合です。

ドルコスト平均法の考え方では「毎月1万円投資する」と購入前に決めます。価格が1万円の月は1口購入し、価格が2万円の月では0.5口購入する、ということです。毎月の投資額を一定にすることで、「今月お金が足りない」「予想以上の出費になって大変」といったことが避けられます。

ドルコスト平均法のメリット

投資タイミングの分散が可能

投資はタイミングを分散することにより、金融商品の価格が高い時は少し買い、価格が安い時はたくさん買う、ということが可能です。

先程の例のように、Aという投資信託を毎月1万円(1年間に12万円)購入すると仮定します。

価格 購入口数
1月 1万円 1口
2月 1万円 1口
3月 0.5万円 2口
4月 1万円 1口
5月 2万円 0.5口
6月 0.5万円 2口
7月 1万円 1口
8月 1.5万円 0.75口
9月 0.5万円 2口
10月 0.5万円 2口
11月 2万円 0.5口
12月 0.5万円 2口
合計 12万円 15.75口

この表のように1年間価格変動した場合、ドルコスト平均法では年間15.75口を購入できます。価格が1万円の時に15.75口全てを売却すると157,500円、37,500円の利益です。

価格が1万円の時に12万円一括で購入した場合は12口、2万円の時は6口、0.5万円の時は24口購入できます。毎月1万円購入した場合は、2番目に多く購入できたことになります。

投資の理想は安い時に一括で購入すること。最悪なケースは高い時に一括で購入すること。ドルコスト平均法による毎月の定額購入は、その中間の結果を生み出します。理想の買い方はできない代わりに、最悪の買い方を避ける安定した投資法といった感じです。長期投資においては高値掴みのリスクを減らし、着実に利益を積み重ねられる素晴らしい投資手法といえます。

投資初期にまとまったお金が不要

投資や資産運用と聞くとお金をたくさん持っている人がする印象はありませんか?ドルコスト平均法では、定期的に定額で投資を行うため、まとまったお金は必要ありません。

働いている女性であれば、毎月のお給料から無理のない範囲内で投資額を決めて運用に回せます。1回の投資額は少なくても、5年・10年と続けることにより投資元本を無理なく大きくすることができます。

毎日株価を確認しなくても済む

投資を始めたての頃によくありがちなのが、株価を細かくチェックしてしまうことです。長期投資を目的としたドルコスト平均法での投資は、一度積立ルールを決めてしまえばあとはそれにしたがって運用するだけになります。

高値掴みを回避できますし、仮に下落している場合は将来の利益を増やせる仕込み場となるため、相場の動きに一喜一憂する必要がありません。株価が気になって仕事に集中できない…ということを回避できますし、株価の動きを読むような必要もなく、淡々と積立をするだけで済みます。

これらの点が、積立投資が初心者におすすめされている理由でもあります。

いつ始めてもいい

ドルコスト平均法は長期投資において、「高値掴みを避けること」「安い時に多くの口数を購入すること」で利益を出します。そのため、基本的にいつ投資を始めても問題ありません。できるだけ安い時に買おうとしていつまでも購入しない方が、時間を無駄にして損をします。

長期投資は複利の力を利用して利益を大きくします。金融商品から得た利息を再び投資に回すことで、投資元本を増やしながら運用を続けます。

例えばAという投資信託を100万円分持っているとし、利息を年1%とします。利息は1万円。その1万円を投資に回すと、101万円分の投資信託を保有していることになります。この場合、次の年は101万円の1%が利息となります。

このようにして、利息を再投資し、投資元本をどんどん増やしていくところに長期投資の魅力があります。将来のお金について考え、対策しようと思った時に始める。これがドルコスト平均法では正解です。

ドルコスト平均法のデメリット

機会損失につながる

金融商品の価格が右肩上がりで上昇する場合、複数回に分けて投資をするドルコスト平均法では、最善の購入タイミングを逃すことになります。このような価格変動の場合は、最初に一括で購入した方がより大きな利益が出ます。

価格が上昇するたびに購入できる口数は少なくなるため、最終的な利益は一括投資より低くなる可能性があります。

短期投資には向かない

投資タイミングをいい意味で見極めないため、価格が高い時に購入することもあります。

投資したタイミングが良ければ短期投資でも利益を出すことは可能です。しかし、ドルコスト平均法のメリットである価格が安い時に多く購入して利益につなげることは難しくなります。

近い将来のために必要なお金を用意するための手段としては、あまり適していないと言えます。

ドルコスト平均法の注意点

ドルコスト平均法は、投資のリスクを無くせるいい投資法と聞いたことがあるかもしれません。しかし、ドルコスト平均法で減らせるリスクは、購入時の高値掴みのリスクだけです。元本割れのリスクや暴落に巻き込まれることは防げないので注意してください。

売却時に保有している金融商品の価格が低いと、ドルコスト平均法で安い時に多く購入してもマイナスの補填が十分にできないことが想定できます。

例えばBという投資信託を合計で100万円投資し、120口保有していたとします。売却時の価格が8,000円とすると、96万円にしかなりません。(120×8,000円)4万円マイナスです。

ドルコスト平均法は損失を防止できるわけではない

ドルコスト平均法で高値掴みを防ぎつつ運用しても、元本割れのリスクは消えません。金融商品を保有している期間が長ければ長いほど、暴落に直面するリスクがあります。近年だとコロナショックやリーマンショックなどがありました。経済は好景気と不景気を繰り返すものですし、歴史を振り返ると定期的に暴落は起きています。

元本割れのリスク同様、暴落のリスクも避けることはできません。暴落時は価格が安いため、たくさん購入できるある意味お得な期間でもありますが、日々自分の証券口座からお金が減っていくことに耐えられずに売却してしまう人は多いです。そうなるとせっかくドルコスト平均法で投資をしてきたにも関わらず元本割れする可能性が高くなります。

ドルコスト平均法で防ぐことのできるリスクと、できないリスクがあることに注意してください。

まとめ:ドルコスト平均法でリスクを軽減した投資を楽しみましょう

長期投資で将来のお金の悩みや不安を減らすことを目的とした場合、ドルコスト平均法で長期積立投資をすることは最善だと考えられます。

10年後、20年後に現在と比較して大幅に価格が下落している商品を選ばないという前提は必要ですが、ドルコスト平均法で高値掴みを避けつつ、無理なく長期投資を続けることにより、資産はほぼ確実に増えるからです。

国が推奨している投資の優遇制度である「積立NISA」や「iDeCo」も、ドルコスト平均法で積立します。老後資金はiDeCoで、それ以外の資金は積立NISAで少額から投資を始めてみることをおすすめします。

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓