» 貯金200万円を目指す人が参考にしたい支出の見直し方法と節約アイディアのメインビジュアル  » 貯金200万円を目指す人が参考にしたい支出の見直し方法と節約アイディアのメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.8.31

貯金200万円を目指す人が参考にしたい支出の見直し方法と節約アイディア

 

『貯金200万円』と聞くと、どのような印象を持たれるでしょうか。

 

「貯金100万円でさえ難しいのに!」

「収入が今のままだと貯金200万円は程遠い…」

 

結局本格的に貯金することから目を背けてしまう方も多いのではないかと思います。だからといって、今すぐにお給料を増やすということは、現実的なアイディアとも言えません。

 

では、貯金200万円を達成するためには現在の収入で、どのような貯金をすればいいのでしょうか。

 

その答えは「支出」の改善です。

 

そこで今回は「支出」に着目して貯金を200万円貯める方法をご紹介します。

支出は固定費・変動費という2種類に分類して見直すことで、無理することなく確実に200万円の貯金が達成できるのです。

 

目次

貯金200万円を達成するための目標を立てる

 

 

貯金200万円を確実に達成するために、必ず明確な目標を立てましょう

 

貯金を200万円貯めることは長期的な目標になります。そのため、どれくらいの期間がかかるのかイメージが浮かびづらいのではないでしょうか。目標を立てないままだと、無理な貯金をしたり、結局貯金を始められなかったりといった事に陥ってしまう可能性があります。

 

目標を明確にしてしまえば、貯金の進行度が分かり、より確実に貯金を継続する事ができます

 

「200万円をいつまでに貯めるか」という事をご自身の収入から見て、しっかり決めましょう。また、「貯金100万円までは1年半、貯金200万円までは3年」というように中期的な目標を立てることも大切です。

 

貯金200万円を3年、4年、5年で達成するには?

貯金200万円を達成するためには、どれくらいの期間が必要なのでしょうか。今回は3~5年の期間で毎月いくら貯金をすれば貯金200万円を達成できるのか、イメージを立てました。

 

また、ここでは月に手取り収入の20%を貯金に回した際の具体例をご紹介しますが、月に30%~の貯金ができればもっと早く200万円を達成する事ができます。

 

3年で貯金200万円を目標にする場合

3年で貯金200万円を目標に場合は、毎月約56,000円を貯金する必要があります。 そして、理想的な貯金割合が20%であることから、手取りの年収が336万円の方が、3年で貯金200万円を目指す計算になります。

 

4年で貯金200万円を目標にする場合

4年で貯金200万円を目標にする場合は、毎月約42,000円を貯金する必要があります。 そして、理想的な貯金割合が20%であることから、手取りの年収が252万円の方が、4年で貯金200万円を目指す計算になります。

 

5年で貯金200万円を目標にする場合

5年で貯金200万円を目標にする場合は、毎月約34,000円を貯金する必要があります。 そして、理想的な貯金割合が20%であることから、手取りの年収が204万円の方が、5年で貯金200万円を目指す計算になります。

 

各年代の平均貯金額

貯金200万円を目指す人が参考にしたい年代別の平均貯金額です。周りの方たちがどれくらい貯金をしているのかを把握する事は、貯金する上でモチベーションになるでしょう。

 

(※)出典:知るぽると

https://www.shiruporuto.jp/public/house/loan/yoron/tanshin/2017/17bunruit001.html

 

貯金200万円のカギは「支出」にある

お金を貯めるには、大きく分けて「収入を増やす」、「支出を減らす」の2つの方法しかありません。会社勤めの方にとって、「収入を増やす事によって貯金をする」というのは少し強引な気がします。

 

つまり、貯金をするためには「支出を減らす」という事が現実的と言えます。

そのため今回は「支出」という点に着目した貯金方法をご紹介していきます。

 

毎月の支出、把握していますか?

「支出を減らす方法」の前に、現在どのくらいの支出をしているかを把握していなければなりません。

なぜなら、何にいくら支出しているかを把握していなければどこの支出を抑えられるかを洗い出すことができないからです。

 

こちらを確認してみると、

・毎月クレジットカードで洋服を買っている

・給料日後は飲み会が多い

・お昼休みにカフェでコーヒーを買う事が多い

などといった支出の傾向が把握できます。支出の傾向が分かれば、その支出をどう改善するべきなのかが明確になります。

 

支出の見直しはとても重要な手順です。貯金に失敗する多くの方は支出の見直しをしないまま節約をしてしまいます。結果的にいくら節約できているかも分からないまま、貯金の目標が薄れていってしまいます。

 

貯金200万円を目指す人にオススメの家計簿アプリ

 

支出面を見直すために役立つものが、家計簿アプリです。アプリだと気軽にお金のチェックができるため、これから支出を見直す方には大変オススメです。今回は数ある家計簿アプリの中から、オススメのアプリを3つピックアップしました。

 

マネーフォワード(※)

まずはマネーフォワードです。こちらは銀行口座やクレジットカードをつなげることで、2,600以上の金融関連サービスの利用履歴や残高を自動で取得し、自動で家計簿を作成してくれます。金融機関の対応数は最も多く、対応できるサービスが豊富に揃えられています。

 

(※)出典:マネーフォワード
https://moneyforward.com/

 

Zaim(ザイム、※)

次にZaim(ザイム)です。オンライン家計簿のZaimは、紙のレシートをスマホで撮影することで買い物した品目や金額を自動読み取りします。また、約 1,500の金融機関の公式サイトに接続して貯金を自動管理することができます。

 

様々な分析グラフが用意されていますので、家計をしっかり見直し、節約や貯金につなげることができます。

 

(※)出典:Zaim
https://zaim.net/

 

finbee(フィンビー、※)

そしてfinbeeです。こちらは日本で初の銀行口座と連動した自動貯金サービスです。貯金する金額を決めるだけで、あとは自動的に貯金をしていく優れものです。貯金する手間が省けて、いつの間にか目標とする貯金額を達成できるかもしれません。

 

(※)出典:finbee
https://finbee.jp/

 

貯金200万円を目指すための3つのステップ

ご自身の支出状況を把握したら、その中で「無駄遣いかも?」と思える支出があったのではないでしょうか。

 

この「支出」を2つに分解することで、さらにお金の流れを見やすくし、生活の中の支出を改善していきましょう。

 

1.毎月の固定費を見直す

まずは毎月の固定費を見直しましょう。固定費とは、日常生活で欠かせない一定金額の支出のことです。

家賃や通信費、保険料などが挙げられます。固定費の項目のなかにも削減が期待できる項目では、生命保険や医療保険などの各種保険料があります複数の生命保険、医療保険に加入されている方は、特約部分などが重複している場合、いずれかを外すことも検討してみてはいかがでしょうか。

 

2.毎月の変動費を見直す

また毎月の変動費も減らすことができないか確認しましょう。変動費とは、毎月の利用状況などに応じて金額が変わってくる支出です。例えば、食費や交通費、旅行代などが挙げられます。

 

変動費に関しては、外食を減らし自炊したり、洋服の衝動買いを減らすことなどによって支出を抑えることができるでしょう。

 

3.毎月の貯金額目標を設定しよう

貯金200万円を目標とする上で、毎月の手取り収入からどのくらいの割合を貯金に回すか決めておくことはとても大切な事です。毎月の貯金額が決まっていれば、月に使える額も決まるため、管理のしやすさは格段に上がります

 

理想的な貯金割合は、一般的には20%ほどといわれています。例えば月30万円の収入がある方は、貯金に6万円を回すことが理想的です。

 

ただし、20%という数字は、絶対的な数値ではなく、その時の家族構成や年齢などによって変わってきます。例えば、夫婦ダブルインカムの時は、20%より多めに貯金に回し、子育ての時期は、20%よりも低い割合に抑えるといった工夫もできます。 

 

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

 

貯金200万円を達成したい人が参考にしたい節約アイディア

 

 

ここからは、貯金200万円を達成したい方が参考にしたい節約アイディアをご紹介します。ご自身に合った節約方法を見つけ、貯金額を増やしていきましょう。

 

スマホは格安SIMに乗り換える

スマホを格安SIMに乗り換えることで固定費である通信費を改善します。最近では格安SIMといって、ドコモやKDDIなどの大手通信会社よりも廉価で通信サービスを提供してくれるところもあります。一般的に、大手通信会社で月7,000から8,000円ほどといわれる料金が、格安SIMに乗り換えることにより、月1,000から2,000円ほどに抑えることが期待できます。

 

コーヒーをインスタントに変えるだけ

出勤、お昼休憩の際にコーヒーをテイクアウトする習慣がある方も多いのではないでしょうか。

 

仮に、1杯300円のコーヒーを平日20日間買った場合6,000円の支出になります。これを1杯30円のインスタントコーヒーに変えるだけで月6,00円に抑えることができます。

 

結果的に月に5,400円を貯金に回すことができます。年に換算すると約65,000円も節約ができるためとても有効な手段といえます。

 

不要品をフリマアプリで売り、貯金に回す

次に、メルカリやラクマなどのフリマアプリを活用して、不用品を出品していきましょう。家庭で要らなくなったものをどんどん出品して、コツコツ収入を得ることができます。なかには、どんぐり10個が300円で売れた事例があるようですので、皆さんの家庭の不用品も意外な値段がつくかもしれません。

 

・メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
URL:https://www.mercari.com/jp/

・ラクマ(旧フリル) | 楽天のフリマアプリ – 中古/未使用品がお得!
URL:https://fril.jp/

 

家賃の見直しや引っ越しの検討をする

そして生活費のうち、一般的に最も負担が大きい固定費が家賃です。つまり、家賃を見直すことができれば、貯金200万円を達成する期間が短縮できる可能性があります。

 

まずは現在の収入や支出状況を踏まえたうえで、今の家賃がとても大きな負担になっていないか確認しましょう。そして貯金をしっかり着実にしていくためにも、場合によっては、少し家賃を抑えたところへ引っ越すことも検討してください。

 

ポイントが貯まるクレジットカードを利用する

ポイントがたまるクレジットカードを利用することは貯金をする上でも有効な手段になります。

 

イオンや楽天市場などで定期的に商品を買うような場合、楽天カードやイオンカードなどを利用することにより、それぞれポイントを貯めることができます。そして、次のショッピングの時などに利用すれば、実質的に節約できたことと同じで、賢い買い物の仕方といえるでしょう。ポイントを利用すれば、その分貯金に回す余裕も大きくなると思われます。

 

貯金200万円を達成するまでボーナスは使わない

そして、貯金200万円を最短期間で目指したい方は、ボーナスは使わないようにしましょう。毎月のコツコツと貯金するのに加えて、比較的まとまったお金を貯金にまわせれば、早期に貯金200万円を達成して、次の目標に向かって進むことができます。

 

食費・交際費の節約を心がける

変動費のなかで削減が見込めるのが、食費や交際費です。例えば毎月外食に5万円使っているようなら、そのうちの何回かを自炊することで、浮いた分を貯金に回すことができるでしょう。貯金200万円を目指すうえで、こうした地味ながらもコツコツと節約することが大切です。

 

貯金200万円を達成した後に始めたい資産運用

 

 

そして遂に貯金200万円を達成した後は、資産運用を行うことをおすすめします。ライフステージに応じてこれからも多くの支出が見込まれます。そこでここからは、貯金200万円ならどのような資産運用がおすすめかご紹介します。

 

金利の高い定期預金で貯金する

まずは金利の高い定期預金で貯金することが挙げられます。定期預金は元本保証のため、安心して資産運用することができるでしょう。また、普通預金に預けておくよりも金利が高い傾向にあり、まったく資産運用をやらないよりも、金利分でもしっかりと資産を増やしていくことができます。

 

株式投資で配当収入を得る

次に株式投資です。株式投資とは、企業が事業推進に必要となる資金を調達するために発行する株式を購入することで、その対価として配当金や株主優待などの権利を得ることができるものです。

 

そして安定成長を続ける優良企業に投資することで、安定的に配当収入を得ることもできます。例えば200万円を元手に、配当利回りが5%の企業へ投資した場合、保有し続けていれば年間10万円の配当収入を得られます。

 

投資信託で資産運用する

そして投資信託です。投資信託とは、運用のプロが皆さんに代わって株式や債券などで運用を行ってくれる商品です。運用がうまくいけば利益が分配され、失敗すれば元本が目減ります。つまり株式同様、元本保証はありません。ただし、投資信託は運用をプロに任せられるので、資産運用初心者におすすめといえるでしょう。

 

クラウドファンディングを行う

クラウドファンディングとは、ネット上で事業や支援活動などに融資を行えるシステムです。事業に投資した場合、その投資額に対する分配金、モノ、サービスといった形で利益を受け取れます。

 

利回り5%~10%ほどで、月々1万円~の投資額で運用できるクラウドファンディングもあるため、気軽に投資を始めることが可能です。

 

個人向け国債で資産運用する

次に個人向け国債です。こちらは国が発行し、個人が購入できる国債のことです。元本保証で、定期的に利子も支払われますので、投資初心者の方におすすめな金融商品といえるでしょう。

 

目標に向かって貯金200万円を達成しよう!

 

これまで様々な支出の見直し方法や節約アイディアをご紹介してきました。

「貯金って地味だな…」

こういった感想を抱いている方が多いのではないでしょうか。

 

貯金は継続して行うことが大切です。継続する習慣がつけば、時間が経つにつれて貯金額が増え、達成感が得られるでしょう。また、ご自身に合ったオリジナルの貯金方法を見つけることができれば、もっと効率よく貯金ができるかもしれません。

 

貯金200万円を達成するために、今日からでも家計を見直し、コツコツと貯金を続けていきましょう。

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る