金鉱山を保有し、金の採掘などを行う企業の株を「金鉱株」といいます。

ここ数年、金の価格が上昇していることから、金鉱株への投資を検討する方もいるのではないでしょうか。

この記事では、金鉱株の特徴や注目される理由・今後の見通しや、金鉱株の投資信託・ETFについて解説します。

投資の関連記事
株式投資の始め方 従業員持株会とは 
投資で生活可能? 配当金で生活できる?
自社株買いとは 空売りとは
10万円以下の株主優待 高配当株のメリット
投資はいくらから? モメンタム投資とは
投資の種類 分散投資とは 
長期投資の効果 コアサテライト戦略
複利の効果 アセットアロケーション
ポイント投資の特徴 株主総会とは

金鉱株とは

金鉱株とは

金の採掘や精錬を行う企業の株式のこと

「金鉱株」とは、金や貴金属の採掘や精錬を行う企業の株式のことです。

金の価格は日々変動するため、関連する企業も投資の対象となります。

金を鉱山から掘り出して精錬する企業の業績も、金価格の影響を受けるため、金価格を反映して変動するのです。

金鉱株の価格は、企業が所有する「金鉱山の埋蔵量」や「金を採掘するためのコスト」、「金価格」などによって決まります。

もちろん、通常の株式と同様に世界経済や市場動向、会社の業績そのものの影響も受けます。

金地金(インゴット)の作り方

金の採掘や精錬には、多くの手順が必要となります。

まず、鉱山から金を含む鉱石を採掘します。

鉱石には金以外にも鉄や銅などの金属や不純物が含まれているため、これらを取り除く作業が必要です。

電気で分解したり、ガスを使って分離させたりとさまざまな工程を経て金地金(インゴット)は作られます。

金鉱石1トンあたりに金は、2〜10g程度しか含まれません。そこから純度の高い金地金を作るには、莫大なコストがかかります。

金に関連する金融商品

金に関連する金融商品

金に投資をしたい場合は、投資方法がいくつか考えられます。

金投資の種類 特徴
金貨・金地金 現物への直接投資
純金積立 少額からの積立投資
金ETF、投資信託 金価格に連動した金融商品への投資
金鉱株、金鉱株ETF 金鉱企業の株式や、金鉱企業の株価に連動した金融商品への投資

金貨・金地金

金貨・金地金

金そのものに直接投資をしたい場合は、「金貨」や「金地金」を現物で保有する方法が一般的です。

買いたいときに買いたいだけの金を購入して保有する投資方法で、「純金スポット購入」とも呼ばれます。

純金積立

現物の金への投資を毎月一定額継続する投資方法が「純金積立」です。

毎月の金額を決めて定額で投資をする方法と、毎月1gや3gなど金の量を決めて購入する方法があります。

少額から長期にわたって金への投資を積み立てていけるのが、純金積立のメリットです。

金ETF・投資信託/金鉱株ETF・投資信託

現物の金を保有する投資方法に対し、証券会社などを通じて金融商品に投資する方法もあります。

金価格を直接参照する「ETF」や「投資信託」に投資する方法のほか、金の採掘に携わる金鉱株に投資をする方法、金鉱株の株価を参照するETFや投資信託に投資する方法などが存在します。

金融商品の形であれば、個人投資家も投資しやすいという点がメリットとなるでしょう。

金鉱株が注目される理由

金鉱株が注目される理由

金鉱株は、最近投資家の間でも注目されている金融商品です。

なぜ、今金鉱株が注目を集めているのでしょうか。

金の値段が上がっている

金の値段が上がっている

直近は、アメリカの利上げに伴うインフレ懸念が金相場に大きく影響を及ぼしています。

インフレへのリスクヘッジのため、安全資産である金の価格がじわじわと上昇しているのです。

金価格が上昇すれば金を採掘・精錬する企業の業績が改善するため、金鉱株の株価上昇が期待できます。

過去の金価格の動きを見ると、2016年頃までは右肩下がりだった価格が2019年前後から徐々に上昇に転じていることが分かります。

アメリカを始めとする世界各国の金融緩和の動きによって、現物資産である金に資金が流入したことが要因です。

その後も、2020年の新型コロナウイルス感染拡大、2022年はロシア・ウクライナ問題に対する警戒感から、資金の逃避先としての金の需要が高まっています。

ここでの金の需要は値上がり益を狙うというよりも、万が一の際に資金が目減りしてしまうリスクを避けるためのものです。

こうした経済・政治が混乱した際に金が買われる動きは「有事の金」といわれます。

出典:SBI証券「Gold先物(COMEX)」

金価格上昇に伴う金鉱関連の企業の業績

金価格の上昇によって金鉱株の事業が成功すれば、1株あたりの金埋蔵量や生産量、キャッシュフローが増えます。

金の価格が上下したとしても、金を採掘するための費用は大きく変わりません。

そのため、金の価格が上がれば会社の利益も上がり、金の価格が下がれば利益も下がります。

オペレーティング・レバレッジの効果

金の価格が上昇した場合、「オペレーティング・レバレッジ」の効果によって、金価格そのものの上昇率よりも金鉱企業の利益が大きく上昇しやすいという特徴があります。

オペレーティング・レバレッジとは、固定費をテコにした利益の増大効果のことです。

金鉱株は金採掘のためのコストが一定水準である場合が多いため、この恩恵を受けやすくなっています。

つまり、金価格が固定費となる採掘コストを上回れば、「掘れば掘るほど儲かる」という状況になるため、金価格を上回るペースで株価が上昇します。

ただし、オペレーティング・レバレッジが効くということは、金価格の下落時にも大きく反応しやすいということです。

金鉱株は金の価格を参照しつつも、それよりも大きな値幅で動くという点に注意しましょう。

金鉱株は資産形成におすすめか?

金鉱株は資産形成におすすめか?

金鉱株は金と同じような動き方をするものの、値動きの幅は金よりも大きくなります。

急激な金融ショックや戦争・紛争などで相場が荒れている時にうまく利用すれば、大きな利益を狙えることもあります。

そのため、短期間で利益を稼ぐ「攻めの投資」がしたい人には、おすすめの投資手法です。

ただし、短期で大きく利益を狙えるということは、短期で損をする可能性もあるため、ハイリスク・ハイリターンな投資になることは認識しておく必要があります。

リスクヘッジの目的で金関連の資産を保有したい場合は、「金」そのものへの投資の方が良いでしょう。

金鉱株の今後の見通し

金鉱株の今後の見通しは?

金鉱株の値動きは、採掘する金の価格に大きく左右されます。

そのため、金鉱株を購入する際は、まず金価格の見通しを確認する必要があります。

今後の金価格の動向を予測する上では、新型コロナウイルスへの各国の対応やロシア・ウクライナ情勢といった「有事」の他、各国の金融政策にも注目が必要です。

加えて、金鉱株は企業特有のリスクもあることを認識しておきましょう。

金は安全資産とされているため、金自体に信用リスクはありません。

しかし、金鉱株はあくまでも金を採掘・精錬する企業の株式なので、株式特有のさまざまなリスクがあります。

代表的なものとしては、財務リスクや政治リスク、確認埋蔵量の見積もりを誤るリスク、創業リスク、地政学リスクなどが挙げられるでしょう。

これらの金鉱株特有のリスクにも注意しつつ、投資対象を検討することをおすすめします。

金鉱株・投資信託・ETFのおすすめ銘柄

金鉱株・投資信託・ETFのおすすめ銘柄

金鉱株や、金関連の投資信託・ETFについて個別銘柄を確認していきましょう。

金への直接投資では、配当や利子は期待できませんが、金鉱株への投資では配当によるインカムゲインも期待できます。

ただし、配当は企業の分配方針や業績によって変化するので、必ず支払われるわけではない点には留意しておきましょう。

一方、ETFや投資信託を通じて金関連の複数銘柄に投資を行う場合は、リスク分散効果が得られます。

投資ニーズや許容できるリスクに合わせて投資銘柄を選ぶことをおすすめします。

【金鉱株】住友金属鉱山(5713)

住友金属鉱山は、日本の金鉱株を代表する銘柄です。

鹿児島県にある「菱刈鉱山」という、日本最大の金鉱山を保有しています。

22年3月期決算は、新型コロナウイルスからの経済再開によって銅などの資源が高騰した影響を受け、14年ぶりに過去最高益を更新しました。

堅調な業績やチリの銅鉱山の売却益を踏まえ、22年3月期の年間配当予想を前期比137円増の258円にすると発表したことにより、大きく株価は上昇しました。

増配の発表があった2月24日以降も株価は上昇を続け、2022年3月末時点6,200円程で推移しています。

出典:日本経済新聞「住友鉱山、年間配当258円に上方修正 銅鉱山売却で」

【金鉱株】バリック・ゴールド(GOLD)

バリック・ゴールド社は、カナダのトロントに本拠地を置く世界最大級の金採掘会社です。

北米・南米の他、世界各地に金鉱山を保有しており、金や銅などの金属の生産と販売、鉱山改札などの事業を主に行っています。

バリック・ゴールドの株式はニューヨーク証券取引所で取引されています。

そのため、投資をしたい場合は外国株式取引口座を開設するか、バリック・ゴールドを投資対象とするETF・投資信託への投資が必要となるでしょう。

株価は2022年の年明けから上昇し始め、2022年3月末時点24ドル前後で推移しています。

参考:Yahoo!ファイナンス「バリック・ゴールド【GOLD】」

【投資信託】ブラックロック・ゴールド・ファンド

ブラックロック・ゴールド・ファンドは、南アフリカ・オーストラリア・カナダ・アメリカ等の金鉱株を中心に投資を行うファンドです。

各企業の持つ金鉱山の埋蔵量や産金コストなどを分析し、割安な株価水準だと判断される銘柄に絞って投資を行います。

2022年2月末時点での組入銘柄数は42で、組入の上位銘柄はアメリカのニューモントやイギリスのエンデバー・マイニング、カナダのバリック・ゴールドなどです。

海外の金鉱株の情報収集や相場予測はなかなか難しいですが、投資信託の形で投資を行うことで手軽に海外金鉱株にも分散投資が行えます。

出典:ブラックロック「ブラックロック・ゴールド・ファンド 運用レポート(月報)」

【ETF】ヴァンエック・ベクトル金鉱株ETF(GDX)

ヴァンエック・金鉱株ETFは、大手の産金会社を投資対象としたETFです。

「NYSE Arca産金株指数」に価格が連動するような運用成果を目指したETFで、2022年2月末時点での保有銘柄数は56となっています。

幅広い金鉱株の銘柄に分散投資するのと同じ効果が得られるため、リスクを抑えつつ金鉱株に投資したいという方におすすめの銘柄です。

個人でも、SBI証券や楽天証券などのネット証券を利用して投資できます。

出典:VanEck「GDX – VanEck Gold Miners ETF | Fact Sheet」

まとめ:金鉱株は金投資との違いを理解して使い分けよう

金鉱株は金投資との違いを理解して使い分けよう

金鉱株で満足のいく資産形成ができるかは、投資するタイミングや銘柄選定によって大きく変わります。

金鉱株は価格が変動しやすくリターンを狙いやすいという特徴がある一方、想定と異なる動きをした場合のリスクも大きい金融商品です。

投資する際は、購入タイミングや購入銘柄の情報収集・分析をしっかり行うようにしましょう。

\ 人気FP講師による『無料』の資産運用セミナー /

マネカツセミナーのバナー画像

投資の関連記事
株式投資の始め方 従業員持株会とは 
投資で生活可能? 配当金で生活できる?
自社株買いとは 空売りとは
10万円以下の株主優待 高配当株のメリット
投資はいくらから? モメンタム投資とは
投資の種類 分散投資とは 
長期投資の効果 コアサテライト戦略
複利の効果 アセットアロケーション
ポイント投資の特徴 株主総会とは