低金利が続く日本において、高い金利が得られる外貨預金は投資初心者からも根強い人気を誇っています。

老後に向けた資産形成の重要性が叫ばれる今、外貨預金を投資の選択肢の一つとして考える人もいるでしょう。

この記事では、外貨預金の特徴やメリット・デメリットについて解説します。

外貨預金とは

外貨預金とは

円を外国の通貨に換えて預金すること

外貨預金は、円を米ドルやオーストラリアドル(豪ドル)、ポンド、ユーロといった外貨に換えて預け入れる預金のことをいいます。

基本的な預金方法は円と同じですが、外貨預金では手持ちの円を外貨に換えて預け、外貨から円に戻して引き出すことが一般的です。

円から外貨、外貨から円に換える際に、その都度その時点での為替レートが適用されます。

そのため、預け入れ時と引き出し時の為替レートに差があれば、引き出し時の金額が増減することになります。

円高・円安の仕組み

外貨預金の特徴の一つとして、為替の変動によって預けている外貨の資産価値も変動するという点があります。

米ドル建てで外貨預金を行う場合、米ドルに対して円安が進むと、預金として預けている米ドルの資産価値が高まります。

反対に円高になると、預金として預けている米ドルの資産価値はその分低下します。

円高とは、対象となる外貨に対して円の価値が上がることです。反対に円安とは、その外貨に対しての円の価値が低下することを指します。

円高と円安の例

元値 変動後の価格 日本円の状態
1ドル = 100円 1ドル = 95円 円高
1ドル = 100円 1ドル = 105円 円安

例えば、1ドル = 100円だった為替レートが、1ドル = 95円になったとします。

それまでは1ドルを手に入れるために100円が必要だったのが、95円で済むようになります。

この場合、米ドルに対しての日本円の価値が高まったことを表すので、「円高」ということになるのです。

反対に、1ドル = 100円だった為替レートが1ドル=105円になった場合は、1ドルを手に入れるための円がよりたくさん必要になります。

つまり、米ドルから見て円の価値が下がったということになるため、「円安」となったといえます。

為替差益と為替差損について

引出時の価格 元金(10万円)からの差額 呼び方
1,000ドル = 105,000円 + 5,000円 為替差益
1,000ドル = 95,000円 – 5,000円 為替差損

外貨預金では、引出時の為替レートが預入時よりも円安になっていると、利息収入とは別に「為替差益」も得ることができます。

例えば、1ドル = 100円の時に10万円分の円をドルに換えて預けた場合、1,000ドルが外貨預金口座に預けられることになります。

満期時に1ドル = 105円の円安になっていたとしたら、「105円 × 1,000ドル = 105,000円」を受け取ることができます。

預けた10万円から増えた5,000円のことを「為替差益」と呼びます。

これに対して、満期時に1ドル=95円まで円高が進んだ場合は、「95円×1,000ドル= 95,000円」が円での受取額となります。

この場合は受取額が預けた時より減っているので、減った5,000円のことを「為替差損」と呼びます。

「普通預金」と「定期預金」の2種類

外貨預金には「普通預金」と「定期預金」の2種類があります。

どちらも預けたお金に対してあらかじめ定められた金利の利息がつくという仕組みは、日本円での預金と同じです。

「外貨普通預金」はいつでも預け入れ・引き出しができ、預入期間の定めはなく、変動金利となっています。

一方、「外貨定期預金」は満期が定められているため、原則として満期まで途中解約はできません。しかし、外貨普通預金より高い金利を得ることができます。

また、一般的に外貨普通預金および外貨定期預金の金利は、日本円よりも高金利に設定されているものが多いです。

外貨預金のメリット

外貨預金のメリット

外貨預金を行うメリットはどういうものでしょうか。

外貨を保有する魅力について解説します。

円よりも金利が高い通貨が多い

ゼロ金利が続く昨今は、円よりも外貨建てで運用する方が高い利回りを得られる場合があります。

例えば、日本円普通預金の金利が0.001%であるのに対して、外貨預金の金利は以下の表の通りです。

世界的にも低金利が続いているため、普通預金金利はほぼ最低水準に設定されていますが、定期預金の場合は円よりも高い金利の通貨が多くなります。

通貨 普通預金金利 定期預金金利
日本円 0.001% 0.100%
米ドル 0.001% 0.360%
ユーロ 0.001% 0.001%
豪ドル 0.001% 0.110%

さらに、利息を元金に上乗せして外貨預金を継続することで、「複利」の恩恵を受けることもできます。

※出典元:NEOBANK 住信SBIネット銀行(2021/12/21時点)
※定期預金は預入期間1年、1万通貨未満の金利

長期で運用するほど複利効果が高まり、大きな利益を生み出します。​​

外貨預金は為替変動によるリスクがありますが、為替レートの影響によって円換算で損失が出ていても、金利による利息収入で損失を相殺できる場合もあります。

出典:NEOBANK 住信SBIネット銀行「外貨普通預金 | 金利のご案内」
出典:NEOBANK 住信SBIネット銀行「外貨定期預金 | 金利のご案内」

為替レート次第で為替差益を狙える

外貨預金は、為替レートの動きによっては利息とは別に「為替差益」も得られます。

円高の時に外貨預金として預け入れ、円安になったタイミングで外貨を円に戻すことで為替差益を狙えます。

ただし「外貨定期預金」の場合は、満期にならないと円に換えて引き出すことができません。

仮に円安に為替が動いたとしても、満期を迎えるまで円に戻すことができないことは覚えておきましょう。

円安時のリスク対策になる

外貨預金という形で外貨を保有することは、分散投資によって自分の資産を守ることにつながります。

今後日本は少子高齢化が進み、国全体としての経済力が低下する可能性があります。

諸外国と比べて経済成長が鈍化しているとみなされると、円安につながる恐れがあるからです。

加えて日本は食料やエネルギー資源など、様々なものを海外からの輸入に頼っています。

そのため、円安が進み輸入品の値段が上がると、結果として私たちの生活費が圧迫されてしまいます。

こうした事態に備えて経済成長が期待できる国の通貨を保有しておくことで、円安外貨高による資産価値の目減りを軽減する効果に期待できます。

外貨預金のデメリット

外貨預金のデメリット

外貨預金も、他の金融商品と同じくリスクやデメリットがあります。

外貨預金を行う際に注意すべきことを確認しておきましょう。

為替コストがかかる

外貨を預け入れたり引き出したりする際には、為替手数料が発生します。

円から外貨預金に預け入れる際の為替レートを「TTS(Telegraphic Transfer Selling rate)」、外貨預金から円で引き出す際の為替レートを「TTB(Telegraphic Transfer Buying rate)」といいます。

例えば、為替相場(仲値)が1ドル = 100円で、為替手数料が1円の場合を考えてみます。

元金 預入時の金額 引出時の金額
1ドル = 100円 1ドル = 101円
(手数料:+ 1円)
1ドル = 99円
(手数料:- 1円)
50ドル = 5,000円 50ドル = 5,050円 50ドル = 4,950円

100円を預ける場合は101円が必要となり、引出時は100円が99円になります。

この場合、1ドル引出時の為替が預入時よりも2円以上円安にならないと、「預ける・引き出す」をした際に円ベースで損失が発生します。

為替手数料は両替のたびに発生するため、為替レートが変動しなくても為替手数料だけで元本割れすることもあります。

為替手数料について

参考までに、住信SBIネット銀行の為替手数料を紹介します。

通貨 円との取引による為替手数料
米ドル 4銭
ユーロ 13銭
豪ドル 25銭

仮に1ドル = 100円の時に1,000米ドル分の預金を行うケースを考えてみましょう。

TTSは100円 + 4銭 = 100.04円となります。1,000米ドル預けるためには、1,000米ドル × 100.04円 = 100,040円が必要となります。

仮に為替レートが全く動かなかったとして円に戻す場合、TTBは100円 – 4銭 = 99.96円となります。1,000米ドル × 99.96円 = 99,960円が手元に戻ってくる円の金額です。

この例の場合、預入・引出それぞれ1回の取引あたり40円(合計80円)の為替手数料が発生しています。

為替差益を得られるのは、為替手数料分以上に円安が進んだときということになります。

出典:NEOBANK 住信SBIネット銀行「為替コスト(手数料)・金利 | 外貨普通預金」

元本割れのリスクがある

為替手数料や為替レートによっては「為替差損」が生じ、元本割れするリスクがあります。

為替が預入時よりも円高に値動きしてしまうと、円ベースでは預金元本を割ることになります。

円と比較して高い金利が設定されていたとしても、為替差損が大きい場合は利息分の利益を相殺してしまうことがあります。

「預金」といっても、円預金とは異なり元本保証ではない点に十分注意しましょう。

円預金と同じ感覚で行うよりは、投資の一環(資産分散)として行うことをおすすめします。

預金保険精度(ペイオフ)の対象外

外貨預金は、金融機関が破綻した際に預金者を保護する「預金保険制度(ペイオフ)」の対象になりません。

日本国内の銀行の「円預金」の場合、仮に銀行が破綻したとしても一つの金融機関につき元本1,000万円までと破綻日までの利息が保護され返ってきます。

外貨預金はペイオフ対象外のため、万が一に金融機関が破綻した際に全ての払い戻しがされない、もしくは遅れるといった可能性があります。

利息には税金がかかる

外貨預金によって得られた利益は、課税対象となることも認識しておきましょう。

具体的には「利息に対する税金」と「為替差益に対する税金」の2つがあります。

利息に対しては円預金と同様に、20.315%の源泉分離課税(国税15.315%、地方税5%)がかかります。

為替差益は、雑所得として総合課税の対象となるため、確定申告が必要です。

ただし、年収2,000万円以下の給与所得者で、給与所得および退職所得以外の所得と為替差益の合計が年間20万円以下であれば、確定申告は原則不要となっています。

税金については給与形態や収入状況等によって異なる場合があるため、不安な方は公認会計士や税理士に相談することをおすすめします。

出典:三菱UFJ銀行「外貨預金のしくみ」

まとめ:外貨預金のメリット・デメリットは背中合わせ

外貨預金のメリット・デメリットは背中合わせ

資産形成において、資産を複数地域や通貨に分散させる「分散投資」の考え方は非常に重要です。

外貨預金は、老後に向けての資産形成手段の一つとして活用できます。

しかし他の金融商品同様、元本割れの可能性がある商品です。

投資初心者にも取り組みやすい金融商品ですが、リスクを理解した上で余裕資金から始めることをおすすめします。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像