「ナンピン買い」とは、株を購入した価格よりも値下りしたタイミングでその株を買い増し、平均取得単価を引き下げる投資手法です。損失を軽減したり、利益を増やすための手法として活用されています。

実際、個人投資家の多くはナンピン買いを行っています。しかし、株式投資経験の浅い方が安易にナンピン買いをすると、大きな損失につながる可能性があります。

この記事では、ナンピン買いの成功例や購入タイミング、メリットデメリットや注意点について解説します。リスクを理解して、投資手法の一つとして取り入れましょう。

ナンピン買いとはどういう意味?

「ナンピン」とは、漢字で「難平」と書きます。

「難」は損のことを指し、「難を平す」ことから「難平」と書きます。損失をできるだけ平らにしようという投資方法が「ナンピン買い」です。

株価の下落時に買い増しをする手法のこと

ナンピン買いは、保有している株が購入時より下落したときにさらに買い増しして平均取得単価を下げる投資手法です。

株価が下落したときに株を買い増すことによって、当初購入したときの価格まで株価が戻らない場合でも損失を少なくすることが可能です。

場合によっては±0円まで相殺できるだけでなく、元々の購入価格に株価を戻す前でも含み益に転じる可能性があります。

ナンピン買いの成功例と失敗例

ここでは、ナンピン買いの特徴について説明します。

成功例:平均取得単価を下げて収益をあげる

ナンピン買いには平均取得単価を下げる効果があります。含み損がある状態でも、今の値段が底だと仮定して株式を買い増すことで利益を上げやすくなります。

例えば1株10,000円の株式を10株購入し、その後株価が5,000円まで下落したとします。このとき追加で10株購入すると、1株あたりの平均取得単価は7,500円になります。

  • 10,000円の株式と5,000円の株式を10株ずつ購入
  • 最初の購入:10,000円 × 10株 = 100,000円
  • ナンピン買い:5,000円 × 10株 = 50,000円
  • 投資資金150,000円 ÷ 所有株式20株 = 7,500円(1株あたりの平均取得単価)

平均取得単価が7,500円まで下がったため、株価が5,000円から7,500円まで上昇すれば損失は0円になります。仮に株価が8,000円まで上がった場合は、10,000円の利益となります。もしナンピン買いをしていなかった場合は、株価が8,000円に回復しても20,000円のマイナスでした。

このようにナンピン買いをうまく活用することで損失を減らし、場合によっては利益を得るチャンスを作り出すことができます。

失敗例:損切りできずに損失を拡大させてしまう

前述したとおり、ナンピン買いは平均取得単価を下げる効果があります。しかし株価がその後も下落し続けてしまうと、損失が更に大きくなってしまいます。

株の値動きはプロでも予測できません。ナンピン買いをした後に必ず株価が上昇するということはなく、逆に下がってしまうことも十分ありえます。

先程の成功例をベースに解説します。10,000円の株を10株購入し、その後5,000円まで下落したタイミングで10株追加で購入します。このあと更に株価が4,000円まで下落した場合、ナンピン買いをしたせいで更に損失が大きくなってしまいます。

  • ナンピン買いをしなかった場合(投資総額:100,000円)

    (10,000円 – 4,000円)× 10株 = 60,000円(40,000円の損失)

  • ナンピン買いをした場合(投資総額:150,000円)

    (7,500円 – 4,000円) 
    × 20株 = 70,000円(80,000円の損失)

ナンピン買いはリスクが大きい手法でもあります。

株価が下落したからといって考えなしにナンピン買いすると損失が大きくなる可能性が高いです。損切りラインも合わせて準備することが大事になります。

指数連動系の商品はナンピン買いと相性がいい

個別銘柄のナンピン買いは、その後も株価が下落する可能性があるため慎重に行う必要があります。

一方で「S&P500」や「ナスダック100」などの指数連動型の商品は、ナンピン買いが有効であるとされています。これらの指数は、長期目線で見ると右肩上がりに成長しているこれまでの実績があるからです。

今後も確実に成長し続けるという確証はありませんが、現在の経済成長を見れば今後も成長していく可能性が高いことが予想できます。そのため、ナンピン買いは有効な手段であるといえます。

ナンピン買いが効果的なタイミング

考えなしにナンピン買いを行っても、思い通りの効果を得ることは難しいです。ナンピン買いには効果的なタイミングがあります。主な買いタイミングは2つです。

  • 中長期投資を考えている時
  • 下落相場から上場の兆しが見えたタイミング

中長期投資を考えている時

先ほど説明したとおり、「S&P500」や「ナスダック100」などの株価指数は、過去チャートを長期で見ると右肩上がりに上昇しています。このような指数に連動する商品に投資をする場合、中長期で運用するならナンピン買いは非常に有効です。

なぜなら一時的に株価が下落しても、その後どこかのタイミングで上昇する可能性が高いからです。

中長期目線で投資を考えている場合は、投資対象を間違えなければナンピン買いは非常に有効であるといえます。

下落相場から上場の兆しが見えたタイミング

株価が大きく下がるとナンピン買いをしたくなりますが、その下落が一時的なものかを見極めるのはプロの投資家でも難しいです。株価が大きく下落した際は、損切りすることをまず考えましょう。

それでもナンピン買いをする場合は、下落相場から上昇の兆しが見えたタイミングが良いとされています。下落が止まらないタイミングでナンピン買いをすると、その後も下げてしまう可能性があるためです。

株価急落時は慌てず、株価回復の兆しが見えたタイミングでナンピンするようにしましょう。

ナンピン買いのメリット

ナンピン買いには様々なメリットがありますが、主なメリットは以下の2つです。

  • 損失を軽減する効果がある
  • 平均取得単価を下げて利益を増やせる

損失を軽減する効果がある

ナンピン買いは1株あたりの平均取得単価を下げる効果があるため、株価下落時の損失を抑える効果があります。

株を購入した後、株価下落時にナンピン買いをし、その後株価が回復すればナンピン買いをしなかった場合と比べて損失を抑えることができます。

株価がさらに下落するかもしれないリスクはありますが、うまく使いこなせれば損失を軽減することが可能です。

平均取得単価を下げて利益を増やせる

ナンピン買いをした後に株価が上がれば、その分だけ利益が大きくなります。

平均取得単価を下げることによって株価下落時の損失を抑えるだけではなく、その後の株価上昇によって利益の増加を狙えるのはナンピン買いの大きなメリットといえます。

ナンピン買いのデメリット

ナンピン買いには様々なメリットがありますが、当然デメリットもあります。主なデメリットは以下の2つです。

  • 損失が大きくなる可能性がある
  • 1銘柄に資金が集中してしまう

損失が大きくなる可能性がある

メリットの裏返しになりますが、ナンピン買いした株がその後値上がるという保証はありません。値下がりが続くと、ナンピン買いをしなかった時以上に損失が大きくなります。

ナンピン買いを繰り返すと投資資金も多くなっていきます。その分損失も大きくなる可能性があるため、注意が必要です。

1銘柄に資金が集中してしまう

損失を取り戻そうとナンピン買いを続けると、資金が1銘柄に集中してしまい「他の銘柄に投資できない」という機会損失につながります。

1銘柄に集中投資してしまうとリスクヘッジができなくなります。分散投資できていれば損失を防げたような場面でも、1つの銘柄の値動きで大きな損失を被ってしまう可能性が高いです。

ナンピン買いは投資初心者にはおすすめできない投資法です。ナンピン買いする場合は、十分検討した上で実施するようにしましょう。

ナンピン買いの注意点

ナンピン買いを実施する際に注意しておきたい点があります。ここでは2点紹介します。

  • あらかじめ損切りラインを決めておく
  • ナンピン買いの資金上限を決めておく

あらかじめ損切りラインを決めておく

ナンピン買いは、必ずしもうまくいくものではありません。ナンピン買いを行う際はあらかじめ損切りラインを決めておくのが大事です。「この金額になったら損失を確定する」という損切りラインを決めておけば、想定以上の損失を防ぐことができます。

損切りルールが曖昧だと判断軸がなくなり、結果的に損失が大きくなる可能性が高いです。

ナンピン買いをする際は事前に損切ラインを決めておきましょう。

ナンピン買いの資金上限額を決めておく

ナンピン買いに投資資金を集中的に投下することは避けましょう。ナンピン買いを行う際は資金の上限額を決めておくことをおすすめします。

あらかじめ上限額を決めておくことで、過度なナンピン買いを防ぐことができます。結果的に1銘柄集中投資になることを防げるため、リスクヘッジにも繋がります。

まとめ:ナンピン買いは損切りとセットで考えよう

ナンピン買いの特徴やメリット・デメリットについて解説しました。

ナンピン買いは想定通りにいけば大きな効果のある投資手法ですが、相場を読むのは難しく必ずしもうまくいくとは限りません。

投資初心者には難易度が高いため、ある程度投資に慣れてきてから手段の一つとして取り入れるのがおすすめです。

実際にナンピン買いを行う場合は損切りのラインをしっかり決めて、大きな損失をかかえないように注意しましょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像