» 【FP監修】外貨預金は得する?損する?外貨預金の金利と手数料を徹底比較!のメインビジュアル  » 【FP監修】外貨預金は得する?損する?外貨預金の金利と手数料を徹底比較!のメインビジュアル

M life 記事

お金 2018.6.18

【FP監修】外貨預金は得する?損する?外貨預金の金利と手数料を徹底比較!

 

外貨預金に興味を持ったことがあるでしょうか。一般的に給与を受け取る銀行口座は日本口座です。日本円を受け取る銀行口座の預金金利は外貨預金と比較すると外貨預金の方が高くなっているところから外貨預金が魅力的に見えます。しかし、外貨預金を行うのに手数料などはかからないのでしょうか。リスクはないのでしょうか。ここでは魅力的な外貨預金の金利と手数料を比較して行きましょう。

 

外貨預金の金利は日本円よりも高い

 

(為替レートを考慮しない場合)外貨預金の金利が日本円の金利よりも高い場合、金利差を利益として受けることができます。日本円は現在大規模な金融緩和政策を取っているので、預金金利だけで見ると外貨預金の方が有利と言えます。

 

しかし、円から外貨、外貨から円へ交換する際の「為替レート円ベースでの収益を考えると円預金よりも高い外貨預金金利という有利な条件を打ち消すことにもなる可能性があり、国際情勢の影響を大きく受けるため、日頃から新聞やニュースをチェックするよう心掛けておきましょう。

 

外貨預金の金利が高い理由

日本円の金利が低いのは、端的に言うと好景気を維持しながら物価上昇(インフレを誘導しているからです。長引くデフレの中、市場に資金が出回らなくなることを避け銀行が資金を貸し出しせざるを得ない状況にし、市場にお金が流れるようにすることを目指しています。外貨預金金利の高い理由は簡単に言えばその逆で金利を上げて銀行からお金を借りにくくしても市場に資金が供給され、景気良いということです。

 

金利は銀行によって異なる

金利は銀行の収入源です。自由な金利設定を認めることで、各社競争できるようにしています。例えば低金利で貸し出しする場合は、それだけ借り手に対しても信用を求めることになり年収や勤続年数などの条件で厳しく判断されることになります。少し信用が足りないは金利が高い設定になります。

 

メガバンクよりもネット銀行の方が高金利低コスト

繰り返しになりますが、金利は銀行の収入源になります。メガバンクは窓口で対応する従業員を用意しているので、ネット銀行に比べると人件費は高くなり、利用者が負担するコストはメガバンクの方が高くなります。ネット銀行は人件費にかけるお金が少ないので低コストにでき、その結果預金金利を高く設定できます。

 

外貨預金の金利を銀行ごとに比較

 

外貨預金も円預金と同様に各銀行で金利や手数料が異なっています。金利や手数料は銀行の収益ですので各行で差別化しているということですね。各通貨ごとにどのくらいの差があるのか見て行きましょう。

 

米ドルの外貨預金金利と為替手数料を比較

三菱UFJ銀行の場合、米ドル金利は普通預金で0.200%です(2018年5月29日現在)。為替手数料は1米ドルあたり最大2円かかります。一方、ネット銀行の住信SBIネット銀行米ドル金利は普通預金で0.450%三菱銀行の2倍以上です(2018年5月29日現在)。為替手数料は1米ドルあたり片道4銭ほどと破格です。

 

出典:三菱UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/gaikayokin.html

出典:住信SBIネット銀行
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i060101CT

 

ユーロの外貨預金金利と為替手数料を比較

三菱UFJ銀行の場合、ユーロの金利は普通預金で0.001%です(2018年5月29日現在)。為替手数料は1ユーロあたり最大3円かかります。住信SBIネット銀行のユーロ金利は普通預金で0.001%と三菱銀行と変わらないです(2018年5月29日現在)。為替手数料は1ユーロあたり片道13銭です。

 

出典:三菱UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/gaikayokin.html

出典:住信SBIネット銀行
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i060101CT

 

ポンドの外貨預金金利と為替手数料を比較

三菱UFJ銀行の場合、英ポンドの金利は普通預金で0.100%です(2018年5月29日現在)。為替手数料は1英ポンドあたり最大8円かかります。住信SBIネット銀行の英ポンド金利は普通預金で0.001%で三菱銀行の10分の1となっており、この点は三菱銀行の方が有利と言えます(2018年5月29日現在)。為替手数料は1英ポンドあたり片道28銭ほどです。

 

出典:三菱UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/gaikayokin.html

出典:住信SBIネット銀行
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i060101CT

 

豪ドルの外貨預金金利と為替手数料を比較

三菱UFJ銀行の場合、豪ドルの金利は普通預金で0.300%です(2018年5月29日現在)。為替手数料は1豪ドルあたり最大4円かかります。住信SBIネット銀行豪ドル金利は普通預金で1.000%です(2018年5月29日現在)。為替手数料は1豪ドルあたり片道25銭ほどです。

 

出典:三菱UFJ銀行
http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/gaikayokin.html

出典:住信SBIネット銀行
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i060101CT

 

いかがでしょうか。こうしてみると外貨預金は金利面も手数料面もネット銀行の方が有利と言えるでしょう。もちろん銀行に求めるものは人それぞれだと思います。例え手数料が割高であっても銀行窓口で丁寧な対応をしてもらいたいという方もいますので、どちらの銀行が優れているとは一概には言えません。しかし、外貨預金の手数料と金利にはこれだけ銀行によって違いがあるということはご理解いただけたでしょうか。

 

外貨預金は為替手数料にも注意

 

上記で示しましたとおり、外貨預金には為替手数料がかかります。1通貨レート分の金額に加え手数料の費用がかかるわけです。この点思っていた以上にコストがかかってしまい計算が狂いかねませんので注意が必要です。

 

為替手数料は往復分かかる

為替手数料は外貨を買うときも、売るときにも往復でかかります。最終的な損益の計算に大きく影響しますので、外貨預金で利益を出そうと思うと手数料を考慮する必要があります。売却をしたらうっかり損失を出してしまうことにもなりかねませんのでしっかりと計算に入れておくことが重要です。

 

外貨預金の利息計算方法

利息計算方法は円預金と同じです。例えば、預金額が10,000米ドルの場合で、1年を365日として計算します。利率が年1%であれば、10,000米ドル×1%×365/365=100米ドルです。預け入れ日数が、1,095日になれば、10,000米ドル×1%×1,095/365=300米ドルとなります。これは税引き前の金額ですので、最終的にはこの利息から税金が引かれることになります。

 

出典:住信SBIネット銀行 外貨預金金利
https://contents.netbk.co.jp/pc/help/help_gaika_7_teikikinri.html

 

 

 

外貨預金のメリット

 

手数料は結構かかりますし、円預金に比べると手間がかかるようなイメージがありますが、外貨預金のメリットとは何でしょうか。外貨預金のメリットをご紹介します。

 

高金利の利息が得られる

まず何と言っても円預金に比べると金利が高いことです。SBI住信ネット銀行の米ドル普通預金の金利は0.450%ですが、円普通預金は0.001%ですので何と450倍になります。円預金を持っているだけに比べるとかなり魅力的に見える金利です。

 

円安になれば利益を得られる

 円安ということは米ドル側から見るとドル高ということです。つまり外貨の価格は毎日変動しますので、これが高くなればその分為替差益が得られます。利息にプラスして外貨が高いときに売却すれば、利子だけでなく為替差益が得られることが魅力です。

 

分散投資によるリスク回避

世界にはいくつも通貨があり、いくつもの市場があります。日本の市場の規模は10%にも満たないです。そう考えると円資産だけを持っていることは逆にリスクだと考えることもできます。世界各地の通貨に分散させることでリスク回避にもなるのです。

 

外貨預金のリスク・デメリット

 

現在、外貨預金の金利が円預金に比べて高く、円安の時に有利になるとはいえ、他の金融商品と同じリスクやデメリットもあります。外貨預金をする際に気をつけておくべきことにどんなことがあるのか見ていきましょう。

 

円高になれば損失が発生

円安であれば、対する外貨が高くなるので外貨預金は有利です。しかしながら、いつまでも円安が続くわけでもなく、円高に振れた時は当初の預金元本を割ることがあります。せっかく預金といっても円預金とは違って元本が保証されませんので損失を被るリスクはあります。

 

金利が高くても為替手数料を計算するとマイナスの可能性

すでに述べたとおり、外貨預金は為替手数料がかかります。ネット銀行は安いですが、三菱UFJ銀行など窓口のある銀行などは米ドルで往復で2円の手数料がかか、計算を間違うと円に戻した時に損失を出す可能性もありますので、収支計算は細心の注意を払う必要があります。

 

出典:三菱UFJ銀行http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/gaikayokin.html

 

定期預金は満了時の為替相場が読めない

 

普通預金はいつでも為替取引ができますが、定期預金は原則中途解約はできません。そうすると例えば5年満期の定期預金の場合、今は円安で金利も高く利益が出ていても、年月が経って相場が逆の方向を向いている可能性もあります。満期時には円高になってしまい損失を出さざるを得ない状況に追い込まれる可能性もあります。

 

外貨預金の利息・為替差益には税金がかかる

 

外貨預金は利息か為替差益が収益となる金融商品です。その収益にはどのような税金がかかるのでしょうか。

 

利息にかかる税金

利息に対しては個人の場合、円預金と同様、源泉分離課税20 .315%(復興特別所得税が付加され、国税15.315%、地方税5%)が課税されます

 

出典:三菱UFJ銀行 外貨預金のしくみ
http://www.bk.mufg.jp/tameru/gaika/hajimeru/kiso/risk.html

 

為替差益にかかる税金

為替差益が生じた場合は、雑所得として確定申告をすることになります。年収2,000万円以下の給与所得者で、為替差益を含めた給与所得および退職所得以外の所得が年20万円以下であれば確定申告は不要です。

 

利息・為替差益(損失)を得た場合の確定申告

利息を得た場合は、上記の通り源泉分離課税のために確定申告は不要です。為替差益は上記の通り確定申告が必要です。年収2,000万円以下の給与所得者で、為替差益を含めた給与所得および退職所得以外の所得が年20万円以下であれば確定申告は不要です。為替差損が出た場合、他に黒字の雑所得があれば確定申告をすることにより相殺することができます。

 

最後に

 

今の日本は日本銀行の大規模な金融緩和により、円安傾向で低金利下にあります。そのような中、外貨預金は円預金に比べると金利が高く有利だと言えるでしょう。しかし、外貨預金と言っても円預金とは異なり、元本が保証されているわけではありません。為替手数料もかかりますし、為替リスクもあって為替損失を被る可能性もあります。

 

リスクをうまくコントロールして運用するには、他の金融商品と同じように分散投資をする必要があります。外貨預金は米ドル預金だけでなく、ユーロや英ポンド、豪ドル、人民元預金もあり、米ドルほどではないにしてもそれなりの規模で、さまざまな国の通貨あります。

 

一つの通貨が下落しても他の通貨でカバーできるようにしておくことで資産価値の下落リスクを回避できます。このような運用方法も大事です、さまざまな国の通貨を持つことそのものが外貨預金の魅力と言えるのではないでしょうか。

 

日本に住んでいると日本円だけで生活は事足りてしまい、資産運用も円だけで考えてしまいがちですが、世界の市場は日本の何倍もの規模です。日本円だけを持ってしまうことが逆にリスクだと考えて、世界の投資の一歩として外貨預金を始めてみるのも良いのではないでしょうか。

 

監修者:大間武(ファイナンシャルプランナー)

 

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る