海外旅行や外国から物・サービスを購入する際に、密接にかかわってくるのが「円高・円安」といった為替相場です。為替の仕組みを理解しておくことで、より賢いショッピングを実践できるかもしれません。そこで今回は、基本的な為替の仕組みから為替の変動要因などを解説していきます。

投資やお金の殖やし方を学べる『マネカツセミナー』
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

今更聞けない!『円高・円安』とは?

まずは、日々のニュースや旅行でよく聞く「為替」や「円高・円安」とはどういったことを意味するのか理解しましょう。基本的な為替の値動きや円高円安の仕組みを理解しておくことで、海外旅行に出かける際や海外からブランド品などを輸入するときに、少しお得な買い物ができるようになるでしょう。

ゼロからわかる「為替」とは?

そもそも「円高円安」とは、円と他の通貨を比較した際の相対的価値を表したものになります。グローバルに利用されているドルと円を比較して、ドルの価値が高まれば、ドル高円安に、逆にドルの価値が低くなれば、ドル安円高になります。これはドルに限らず、円と英国ポンド、円と中国人民元、米ドルとポンドといったように、異なる通貨間の相対的価値を示します

簡単な例を挙げると、1米ドル=100円だったものが、1カ月後に1米ドル=110円(ドル高円安)になった場合、アメリカ人にとっては同じ1米ドルを出したとしても、110円の価値がある物・サービスが手に入ることになります。一方で、1カ月後に1米ドル90円になった場合、日本人にます。とっては、これまで100円出さないと手に入らなかったものが90円で手に入り

これが、日本円だけでなく異なる通貨を用いる国と取引する際に用いられる為替の仕組みになります。

円安・円高のメリット・デメリット

続いて、円安円高それぞれのメリット・デメリットを確認していきましょう。

円安のメリット

まず、円安のメリットとしては、日本の企業が海外へ物・サービスを輸出しやすくなります円の相対的価値が下がるため、海外からみた場合、日本の物・サービスを安く手に入れることができるからです。また、外国人観光客が日本へ旅行を検討する際も、円安の時であれば、彼らにとっては円高時よりも安くホテルや各種サービスを利用することが可能になります。

円安のデメリット

一方で、円安のデメリットとしては、日本人が海外に旅行へ行く際、円の価値が相対的に低下しているため、ホテルや各種サービス代金が円高時よりも高くなります。また、日本企業が海外から物・サービスを輸入する場合にも、相対的に価値が低下した円を用いて購入するため、より多くの支払いを余儀なくされると考えられます。

円高のメリット

次に、円高のメリットとしては、円安のデメリットの逆で、日本人が海外旅行へ行く際に、円の価値が相対的に高くなるため、海外ホテルや各種サービスが安くなると見込まれます。また、日本企業が海外から物・サービスを輸入する際にも、円安時と同じ値段の円を払っても、より多くの物・サービスを手に入れられる可能性があります。

一方で、円高のデメリットは、円安のメリットの逆であり、円の相対的価値が高まっているということは、海外からみた場合、自国通貨の価値が低下していることを意味するため、相対的に割高になっている日本の物・サービスの購入を手控えられることが考えられます。また、外国人観光客も、わざわざ円高の時には余計な出費がかさむため、日本への旅行を検討しなくなるかもしれません

円高・円安の「為替変動」について

ここからは、円高円安の「為替変動」についてみていきましょう。なお、「為替変動」とはその通貨の『価値』が相対的に変わることを指します。

固定相場制とは

例えば1ドル=100円などのように 、2つの通貨の為替レートを、一定水準に固定または変動を最小限に抑えることを「固定相場制」といいます。「ペッグ制」と呼ばれることもあり、自国の通貨と米ドルの為替レートを一定割合に保つ政策である「ドルペッグ」、自国通貨と複数の通貨の平均的なレートを連動させる政策である「通貨バスケット制」などいくつかの手法があります。

なお、固定相場制のもとでは、為替変動がほとんどないため、輸出もしくは輸入の際に為替差損益が生じず安定的に利益を確保することが可能になります。一方で、為替レートを固定するため、金融政策の裁量の自由は少なくなります

変動相場制とは

「変動相場制」とは、外国為替市場の需要と供給に応じて自由に為替レートを変動させる制度のことです。固定相場制とメリット・デメリットが逆になり、経済情勢に合わせた金融政策の裁量が増す一方で、為替レートが大きく変動することにより、想定外の為替差損益が生じる場合もあります。

それでは、どのような要因で「為替変動」が起きるのか、その要因を探っていきましょう。

通貨の需要と供給のバランス

為替変動要因としては、まず通貨の需要と供給のバランスが考えられます。基本的に需要が拡大すれば、その通貨の価値は高まる一方で、通貨の供給が拡大すると、価値は低下することになります。例えば、経済を下支えするために中央銀行がたくさんのお金を供給することで、基本的にはその国の通貨価値は下落することになります。一方で、その国が今後大きく成長すると見込んで多くの投資家が該当国の通貨を購入しようとすれば、需要が大きく膨らみ、通貨価値も上昇することになります。

一般的な通貨の変動要因

一般的に為替変動には、下記のとおり経済の季節的要因、投機的要因、地政学的要因、テクニカル的要因などが複雑に絡んできます。

「経済の季節的要因」とは

経済の季節的要因とは、GDPや消費者物価指数、インフレ率、失業率などの各国が定期的に発表する経済指標や、それぞれの国の中央銀行が司る金融政策(通貨供給量の調節など)によって、為替変動が起きることをいいます。

「投機的要因」とは

次に投機的要因とは、輸出入のために外国為替市場でドルを調達したり、円を売ったりする「実需」にもとづく外貨取引ではなく、為替レートの上昇もしくは下落によって利益を得ようとする「投機」と呼ばれる外貨取引によるもので、この投機的要因も為替変動を引き起こす大きな要因となります。

「地政学的要因」とは

また、地政学的要因とは、中東での紛争や北朝鮮問題など「地政学リスク」や、大洪水や大地震などの自然災害によっても、為替変動が生じることを指します。2011年に起きた東日本大震災の時には、投機的要因も絡み、大きく円高に振れました。

「テクニカル的要因」とは

そしてテクニカル的要因としては、先ほど説明した各国が公表するGDPや雇用統計などの経済指標や、金利水準、もしくは史上最高値や史上最安値水準、1ドル=100円など節目となる水準といったチャートポイントが挙げられ、これらの要因によっても為替変動が起こりやすいと見られています。

もっと詳しくドル円相場について学びたい方はこちらの記事から

▶︎日経平均株価に影響を与えるドル円相場を分析するための3つの方法

どんなときに円高円安を意識すべきか?

それでは、どのような場面で円高円安を意識しておくべきか、具体的な事例を挙げておきます。

海外旅行に行ったとき

まず1つ目が、海外旅行に行ったときです。先ほどもお伝えしたとおり、円の価値が相対的に高まった円高の時に、海外旅行へ行くことで、円安時と比較して安くホテルや各種サービスを利用できる可能性があります。

輸入品を購入するとき

2つ目が、高級バッグや家具、アクセサリーなど海外から輸入品を購入するときや、海外のサイトでクレジットカードを使ったショッピングをしたときです。この際も、海外旅行と同様に、円の価値が相対的に高まった円高の時に購入することで、比較的少ない出費で物・サービスを手に入れることができる見込まれます。

外貨建ての保険や金融商品を買ったとき

3つ目が、外貨建ての保険や金融商品を買ったときです。こちらは購入した外貨建て保険や金融商品の商品性にもよりますが、仮に円に戻して手元に返ってくるのであれば、円の価値が相対的に安くなる円安となることで、外貨建ての保険もしくは金融商品の資産額が増加することになります。

例えば、1ドル=100円であった金融商品が、受取時には1ドル=120円になった場合、為替の変動で20円分利益が増加していることになります。一方で、受取時に1ドル=80円になっていたら、為替の変動部分として20円分損失が発生していることになります。

資産として外貨を持つとき

四つ目が、保有資産として外貨を持つときです。仮に1ドル=100円の時に米ドルを保有しているとして、最終的には円に戻す場合、戻すときには1ドル=110円になっていれば円換算の資産が増加することになります。一方で、1ドル=90円になっていたとすると、保有資産額は目減りしていることを意味します。

このように、円安円高といった為替の仕組みは、グローバル化が進む現在では、皆さんの生活に非常に密接したものであるといえるでしょう。

為替に関するよくある素朴な質問集

ここで、為替についてよくある質問をまとめてみました。

どうして景気が悪くなると、円高になるの?

これは、必ずしも景気が悪いと円高になるとはいえませんが、過去の例をみると景気悪化時は、日本独自のものというよりはとりわけアメリカの影響を受けやすく、アメリカなどの先進国の経済情勢に不安が生じると、日本の「円」は諸外国の通貨と比較した場合に安定通貨と考えられて海外からの「円買い」が増えます。円の需要が高まり、価値が上がることから円高になる傾向があります。

為替の動きをみるにはどの指標をチェックしたら良いの?

一般的な通貨の変動要因の項目でお伝えしたとおり、各国の経済指標や金融政策は、為替相場に大きな影響を与えます。そして、これらの経済指標や金融政策が発表される日時は、基本的に証券会社などが無料で提供している経済指標カレンダーなどを利用することで簡単に知ることができます。

【参考】大和証券

これまでの為替相場の推移とは?

これまでの為替相場の推移をみるには、日本銀行や金融機関、FX業者などが提供する無料の為替チャートを参考にすることができるでしょう。

設定期間:1980年から2020年まで (実行為替レート)

【参考】 日本銀行:時系列統計データ(為替)

まとめ

これまで「円高・円安」「為替変動」の注目するべきポイントをご紹介してきました。円の価値は日本経済の強さを示す重要な指針のひとつです。また為替の動きをしっかり理解することで、私たちの生活に与える影響、そして他国の通貨を知ることで経済情勢を知ることもできます。「円高・円安」「為替変動」の仕組みを知ることでそのメリットを実際の生活で享受してみてはいかがでしょうか。

監修者:高橋 政実(ファイナンシャルプランナー)

投資やお金の殖やし方を学べる『マネカツセミナー』
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

【関連記事】

【FP監修】金利が上昇したらどうなる?債券、住宅ローン、為替の影響は?

【FPコラム】アメリカの利上げは良いこと?悪いこと?知っておきたい金利と為替の豆知識

【株式投資入門】投資のためにチェックしておきたい3つの経済指標

日経平均株価に影響を与えるドル円相場を分析するための3つの方法