「投資家」という言葉に憧れを感じている人も多いのではないでしょうか。投資家と聞くと巨額のお金を稼いでいる億万長者のようなイメージを持ちます。しかし、投資家という言葉は漠然としているため、どのような仕事をしているのか想像できないという人も多いでしょう。

この記事では投資家という職業についてや特徴、投資家になることでのメリットやデメリットを詳しく解説します。

投資家とは

「投資家」というのは、事業、不動産、証券、仮想通貨などに投資をして利益を得ようとする人のことをいいます。投資の対象となるものにお金を投じて、売却時の利益や配当収入を受け取り稼ぐ仕組みです。

「投資家」という名前ですが、個人だけでなく法人の投資家(機関投資家)も含まれます。

投資家の種類

機関投資家と個人投資家に分かれている

投資家には、個人投資家と機関投資家がいます。

機関投資家とは、顧客から預かった資金を株や債権などに運用する機関です。主に銀行、証券会社、保険会社などの金融機関が機関投資家と呼ばれます。例えば、投資信託で預けたお金は証券会社の機関投資家によって運用され、その運用結果に応じて配当金がもらえるという仕組みです。

一方個人投資家とは、その名の通り個人で投資活動をしている人たちのことをいいます。個人投資家の場合は、自分のお金で投資商品を運用します。一般的に、機関投資家の方が投資の規模が大きいです。機関投資家は顧客から預かったお金を集めて運用しているため、個人投資家とは比べ物にならない規模の資金で運用しています。

個人投資家は、専業投資家と兼業投資家に分類される

専業投資家と兼業投資家の違いは「他に仕事をしているか?」という点にあります。

専業投資家は、投資家のみで生計を立てている人のことを言います。デイトレーダーなどで収入を稼ぎ他に仕事をしていない場合は専業投資家に分類されます。

一方兼業投資家は、他に仕事をしており、副業的に投資家をしている人です。例えばサラリーマンをしながら株や債券を保有している人は兼業投資家にあたります。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像

投資家の仕事内容とは

主な仕事は投資で稼ぐこと

投資家という職業の性質上、投資で稼ぐということが基本的な仕事内容になります。

具体的には、株や為替の取引を行い売却益や配当収入などで収入を得ます。他にも、事業投資や不動産投資、仮想通貨によって収入を稼ぐというのが投資家の収入源になります。

しかし、投資家といえど投資によって毎回利益を得られるわけではありません。毎月の収入が安定しないこともあります。そのため投資家の中には投資以外にも収入源を作っている人が多いです。

不動産業を行う

投資家の中には、不動産業を行う人もいます。「不動産投資」という言葉があるように、不動産も立派な投資対象です。

不動産投資は、不動産を購入し、賃料や売却によって収益をあげる方法です。例えば、アパートを購入し、入居者を集めて毎月の家賃収入を稼ぐというのが代表的な方法です。毎月の収入がローンの返済や諸経費よりも多くなれば利益になります。不動産投資の場合は、賃料収入がベースの収益となるため、入居率を高くするというのが稼ぐコツになります。そのため、物件の立地や間取り、設備などを考えて入居者が集まりやすい物件を準備する必要があります。

ブログを書く

投資家の中には、ブログを書いて収入を得ている人もいます。ブログによる収入源は次の2つがあります。

広告収入

ブロガーのメイン収入となるのが、広告による収入です。主な広告収入には、クリックしただけで収入が発生する「アドセンス広告」と、商品を紹介して購入してもらうと広告料がもらえる「アフィリエイト広告」があります。

アドセンス広告は、記事内に設置した広告をクリックしてもらうことで収益を得ることができる仕組みです。運用しているブログのテーマによって表示される広告の種類が変わってきますが、投資をテーマにしたブログは収益性の高い広告が表示されることが多く、ページビューが増えるほど収益が増えていきやすいです。

アフィリエイト広告は、自身がおすすめする商品のリンクを設置し、そこから購入や登録がされた場合に紹介料として収益が得れる仕組みです。証券口座の開設や普段使用しているおすすめアイテムなどを紹介して収益を得ます。単価は紹介するものによって異なりますが、FX口座の開設であれば1件数万円の報酬が発生する場合もあります。

自分で商品を販売して収入を得る

ブログで集客し、「自分の商品を売る」ということもできます。商品といっても必ずしも「モノ」を販売する必要はなく、サービスや知識も商品になります。

投資家の場合は、投資に役立つ商品を自分で作り、販売するという方法が一般的です。例えば、自分の投資手法をまとめた本やツールを販売するという方法があります。また、有料のメルマガやブログなどを定期購読してもらい、収入を得る人もいます。

投資講演会を開く

投資家として有名になると、セミナーや講演会などのオファーが来るようになります。セミナーに講師として参加することで講演料を得ることができます。

また、自分でセミナーを開くこともできます。集客から会場の設営まで全て自分で行う必要がありますが、セミナーの参加料は全て自分に入るので収益性は高くなります。

雑誌やテレビなどのメディアに出演する

投資講演会の他にも雑誌やテレビなどのメディアに出演し、出演料を稼いでいる投資家もいます。

雑誌やテレビに出演するためには相応の実力と知名度が必要ですが、収入以上に自分のファンを作るのにも効果的な方法になります。

投資家になるには

「投資家」という職業は、誰でもなることができます。株や投資信託を保有している人は投資家になるので、投資を始めさえすれば投資家と名乗ることはできます。しかし、投資家として収入を稼ぐようになるためには、しっかりと準備をする必要があります。

ここからは、投資家になるにはどうすれば良いのか?について解説します。

月々に必要な生活費を明確にする

投資家になるためには、投資商品を購入する必要があります。そのため、月の生活費がいくらになるのか把握し、いくらまで投資に注ぎ込めるかを明確にしなければなりません。月々の出費を把握することで、収入のうちいくらまでなら無理なく投資金に使えるかがわかります。

まずは、生活費を明確にすることから始めましょう。

どの分野に投資をするか決める

「投資家」といっても、投資先の対象は様々です。株、国債、投資信託、不動産、仮想通貨など数々ある投資対象から、自分が投資したい商品・ジャンルを決めましょう。

投資先によっては必要な資金が異なったり、リスクの大きさが変わってきます。投資対象について学び、自分に合った投資分野を決めましょう。

投資について勉強する

投資には勉強が必要不可欠です。有名な投資家達も、日々最新の情報を勉強しながら投資を行っています。世界は日々変化していますので、勉強せずに投資してしまうと、損失を抱えてしまう可能性が高くなります。

投資の勉強方法については次のような方法があります。

  • 投資についての本やコラムなどを読む
  • セミナーに参加する
  • 経済の状況をチェックする(Webサイトやテレビニュースなど)

上記の方法により、相場の動きや実際の投資手法を学びましょう。

投資に必要な資金を算出する

どの分野に投資するかによって、必要な資金は異なります。例えば、株式の購入であれば最低でも数万円〜数十万円は必要です。一方、投資信託の購入であれば、少ない金額からでも始められます。投資の勉強をしながら、必要資金についても把握していきましょう。

投資をするための資金を作る

投資資金を作るためには、貯金を増やす必要があります。

働いたお金のうちの一部を貯金に回して、まずは生活防衛資金(いざというときに生活に困らないよう貯めておくお金)を貯めましょう。貯金の全てを投資に回してしまうと、相場が暴落した時に大変なことになってしまいます。少なくとも3〜6ヶ月分の生活資金を残した上で、残りのお金を投資資金とするのが良いでしょう。

投資家になるメリット

投資による収入が得られる

投資家の最大のメリットは、お金を得られるということです。絶対にプラスになるという保証はありませんが、適切に運用することで収入が期待できます。

投資は必要な運用資金さえ用意してしまえば誰でも始めることができます。一つの銘柄に全額投資するのではなく、様々な銘柄に分散投資することでリスクを抑えながら資産を増やしていくことが可能です。

インターネット環境があればどこでも仕事ができる

株や投資信託、仮想通貨などは、インターネットを通じて購入することができます。そのため、投資家はインターネットさえあればどこでも仕事ができます。自宅で仕事をしても良いですし、カフェなどで仕事をすることもできます。会社のように「出勤」することがないので、満員電車に乗る必要もありません。

働く時間も自由です。株式のデイトレードを生業にしている場合は株式相場が開いている時間が仕事の時間になりますが、それでも自分の好きなタイミングで休んで問題ありません。長期投資の場合は毎日株式相場を確認する必要がないため、更に自由に時間を使うことはできます。このように好きな場所、好きな時間に柔軟な働き方ができるのは魅力です。

失業や定年することがない

投資家に失業や定年の概念はありません。投資に回せるお金がある限り、いつでも仕事をすることができます。例えば、80歳になっても投資家として活動している方もいます。

不動産投資で安定した利益が得られる

不動産投資をした場合には、他の人に物件を貸すことで家賃収入が手に入ります。一度賃貸契約を交わしてしまえば、長期的に家賃収入が手に入るので、安定した収益を得ることができます。

アパートの賃貸契約でもよほどの事情がない限り数年間は入居しているでしょうし、退去されてもまた新たな入居者が入れば安定した収入が得られます。このように、不動産投資をすることで安定継続収入を築くことが可能です。

投資家になるデメリット

職業欄は「無職」扱いになる

投資家という職業は「厳密には」ありません。専業投資家の場合は、公的な書類では「無職」という扱いになってしまいます。職業記入欄に「無職」と記載するため世間体が気になるという方はいるかもしれません。

また、無職だと住宅ローンを始めとするお金を借り入れる審査を受けられない場合が多いです。投資家としてサラリーマン以上に収入があったとしても、立場的には弱い扱いになってしまう点はデメリットといえます。

安定した収入が保証されない

投資家は収入が安定しません。会社員のように基本給(固定給)があるわけではないので、運用結果によっては月の収入がゼロになってしまう場合もあります。もちろん損失が上回れば、マイナスになることもあります。

大きな収入を得られる可能性がある反面、大きなリスクもあるということを考慮する必要があるでしょう。

投資運用資金が必要

専業の投資家として生活していくには多額の資金が必要です。少ない資金で運用してもリターンが少なく、生活費を支払うことが難しいためです。

最近はFIRE(経済的自立と早期リタイヤ)という言葉が流行っていますが、生活レベルにはよるものの、数千万円の資産が無いと投資だけで生活していくのは難しいでしょう。

まとめ:投資家という職業はリスクはあるが夢もある

今回は、投資家という職業について解説しました。投資家という職業は、夢のある職業で憧れを持つ人も多いでしょう。投資家になることでお金を稼ぐことも可能ですが、リスクやデメリットを考慮した上で少しずつ投資を始めていくのが良いでしょう。

投資やお金の殖やし方が学べる無料マネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

マネカツセミナーのバナー画像