» 【FP監修】いまさら聞けない!投資とは?簡単にわかりやすく解説しますのメインビジュアル  » 【FP監修】いまさら聞けない!投資とは?簡単にわかりやすく解説しますのメインビジュアル

M life 記事

投資 2018.3.30

【FP監修】いまさら聞けない!投資とは?簡単にわかりやすく解説します

 

日本でも海外にならって投資の重要性が叫ばれるようになってから随分と時がたちましたが、「投資って何?」「投資という言葉はよく耳にするけど、具体的に何をすればいいの?」などと、わからないまま今さら聞けない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は「投資とは何か?」「投資の本質」といった基本から「投資のリスクとメリット」「初心者におすすめの投資商品」などの情報までお伝えしていきます。

 

 

そもそも投資って何?

 

そもそも投資とはなんでしょうか。まずは、そこから説明していきましょう。投資とは、目の前でお金を投じることで将来それ以上の利益になって返ってくるのを期待する行為のこと。主には「設備投資」「人材投資」など企業において使われることが多い言葉です。ただし、広い意味では投機やギャンブルに近い行為を含む場合もあります。

 

また「自己投資」など、必ずしも直接お金に関係しない行為に対して使われることも。もちろん自分の能力が上がれば収入も上がる可能性は高くなりますが、能力を上げることそのものに重点を置いたり、美容やファッションなど見た目をよくする行為にも使われることがあります。

 

投資と貯蓄の違いって何?

では、投資と貯蓄はどう違うのでしょうか。まず貯蓄は、銀行の口座などにお金を預けること。利率が高い場合は利益も期待できますが、基本的には貯めることに重点が置かれます。資金を減らすことなく確実に預けた金額だけ増やしていく行為です。お金を運用することよりも、安全に保管することが重視されます。

 

それに対して投資は、積極的に利益をあげにいく行為。投じた資金以上の金額になって返ってくることを期待します。つまり、ふやすことに重点が置かれています。もちろん、この場合は元本よりも減ってしまうというリスクも生じますので、貯蓄に比べていろいろと勉強も必要です。また売り買いのタイミングも重要になってきます。

 

投資の本質を知ろう

投資の種類やリスクを知る前に、まずは投資の本質を知っておきましょう。投資とは、基本的には企業などにお金を投じて業績を伸ばすことを目的とした行為のことです。

 

たとえば、ここにひとつの会社があるとします。この会社は業績がグングン伸びている途中で「今お金があれば、もっと人を雇ってさらに業績が伸ばせるのに」とか「高度な機械を導入して、さらに作業を効率化できるのに」と考えています。ところが、手元に必要な資金がないので、人を雇ったり新しい機械を購入したりできません。そこで、投資家や銀行を頼ってお金を出してもらうわけです。

 

投資する側からすると「今1億円貸しておけば、5年後には1億2000万円になって返ってくるかもしれない。10年後には1億5000万円になっているかも」と期待してお金を貸します。株式投資も同じで、個人を含めて広く投資をつのります。集めた資金を使って株式会社は会社を運営し、業績を伸ばしていくわけです。これにより投資する側にもされる側にもメリットが生じます。

 

投資のリスクって?

投資には常にリスクがつきまといます。では、具体的に投資のリスクとはなんでしょうか?それは「投じた資金が返ってこない可能性」です。

 

たとえば、1億円投資して1億2000万円になって返ってくれば、2000万円の利益になります。ところが、思ったように投資先の業績が伸びず8000万円になってしまったら、2000万円の損です。最悪の場合、投資した会社が倒産してしまい全然お金が返ってこない可能性もあります。こういったリスクを考慮に入れながら「どの会社にお金を投じるか」を決めなければなりません。

 

投資は無理なく始めること

長く続けるためには、無理なく始めて無理なく運用する必要があります。個人でいきなり億単位の資金を投資できる人は少ないでしょうが、数百万円程度なら出せる人も多いかもしれません。それでも、最初から無理をするのはおすすめしません。まずは身の丈に合った金額から始めましょう。

 

また、大きく利益を上げようと思ってリスクの大きな金融商品に資金を投じるのもおすすめしません。利益率が高いものは大抵リスクも大きなものです。たとえば2007年から「リーマンショック」という金融大事件が起きましたが、このリーマンショックも利益率が高くリスクも大きな債権に多くの人たちが手を出した結果起きたものです。

 

返ってくる見込みの低い人たちに高い利率でお金を貸し、積もり積もって大暴落が起こりました。投資先はよく選びましょう。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

 

金融業界で言われる投資とは?

 

金融業界と経済学では、投資の定義が違ってきます。どのように違うのか解説していきましょう。

 

まず金融業界で言われている投資とは「資金を投じて、それ以上の額になって返ってくるようにすること」という意味になります。

 

つまり、お金さえ儲かればどのような手段を用いても構わないわけです。もちろん、法律に違反するようなことは許されませんが、利益になれさえすれば実際に人々がうるおったり幸せになったりする必要はありません。

 

たとえば、外貨の取引。1ドルを100円で購入し、1ドルが105円になってから売ったとします。100万円分のドルを買えば105万円で売れるので、5万円の利益になります。この時、全く誰の得にもならずただ単にドル円の売り買いしか行っていなくても、金融業界の定義では投資といえます。物資を購入するとか、新しい人材を雇い入れる必要はありません。お金さえ儲かればよいのです。

 

 

経済学で言われる投資とは?

金融業界の投資に対して、経済学で言われている投資とは「資金を投じることによって生産性を上げる」という意味になります。

 

たとえば、「ビルの一室を借りて仕事に活用する」「新しい機械を購入して作業を効率化する」「優秀な人材を雇って会社の業績を伸ばす」といった行為です。仮に目に見えないサービスであったとしても、何か生産性を向上させる行為でなければいけません。

 

初心者は短期投資?それとも長期投資?

 

では、初心者に向いているのは短期投資と長期投資どちらでしょうか?それぞれのメリットとデメリットを見ながら比べていきましょう。

 

長期投資のメリット・デメリット

まずは長期投資のメリットとデメリットです。
長期投資のメリットは、長い時間をかけてつきあえるのでじっくりと時間をかけて精査できる点です。たとえば、ある企業の株を購入するとしましょう。「その企業がどのような仕事をしているのか?」「将来、どの分野でどのくらい業績を伸ばすことができるのか?」など、時間をかけて調べてから購入することができます。

 

逆にデメリットとしては、利益を出すのに時間がかかる点です。この間、投じている資金は動かすことができません。他に投資したい企業が現れても使えませんし、緊急にお金が必要になってもすぐに売り買いするわけにもいきません。

 

短期投資のメリット・デメリット

次に短期投資のメリットとデメリット。
短期投資のメリットは、短期間で何度も売買を繰り返すので、資金を有効に活用することができるという点です。たとえば、100万円の資金を10回売り買いしたとしましょう。実質1000万円を運用したことになります。これは非常に効率のよいお金の使い方です。

 

デメリットとしては、短時間で判断する必要があるので、瞬間的な判断能力を必要とします。そのための勉強も必要でしょう。パソコンの画面に張りついていられるだけの時間がない人にはできない行為です。また、何度も売買を繰り返せば、手数料も取引の回数分必要になります。なので、最初は長期投資で投資の基本を学び、慣れてきたら短期投資に切り替えるというやり方がおすすめです。

 

リスクにはどのように対処すればいいの?

 

投資をする際に忘れてはならないのがリスクです。どのような投資にもリスクはあります。一見すると利益率が高いように思える投資方法も、リスクを考慮に入れていなければ損をしてしまいかねません。

 

逆を言えば、長所だけではなく短所も理解しておけば、損害を出す確率は格段に下げられます。長期的に安定して利益を出すために「リスクの対処方法」「それぞれの投資ごとにどのようなリスクがあるのか」を見ていきましょう。

 

 

銘柄で分散する

 

第1のリスクの対処方法として、銘柄で分散するという方法があります。たとえば、株式投資の際に1つの銘柄に手持ちの資金を全て投じたとします。すると、値上がりした時には大きく利益を上げることができますが、値下がりした時には目も当てられません。そこで、銘柄の違う株式に分散して投資するわけです。

 

また銘柄だけではなく業種も分散することをおすすめします。建設・食料品・通信・サービスなど、様々な業種に分散して資金を投じましょう。業種を分散することで、特定の業界に大打撃を与えるような事態に陥っても大きく損することを避けられます。

 

 

長期投資をする

 

第2のリスク対処方法は、長期投資です。株式や為替などは数日や数か月といった短期的に見ると価格が大きく変動することがあります。予想通りの変動なら良いのですが、逆の方向へ値動きすると損失が出ます。

 

ところが、長期的には元の価格まで戻ってくることが多いので、長期投資ならば変動の振れ幅を小さくすることができるのです。言い方を換えれば「長期投資の方が安定して利益を上げられる」ということになります。

 

もちろん、全てを長期投資に切り替える必要はありません。短期投資ならば、短い期間で大きな利益を得られる可能性があるからです。手持ちの資金の何割かを長期投資に回し、残りは短期投資で大きめの利益を狙うというのが投資の基本戦略になります。

 

 

時間分散をする

 

第3の方法として、時間分散をするというものがあります。これも立派なリスク回避方法の1つです。時間分散というのは、簡単に言えば投資するタイミングをずらす投資方法。

 

たとえば、株式投資する際に手持ちの資金をいきなり全額投資するのではなく、同じ銘柄に対して1ヶ月ごとに資金の1割ずつ投資していくという手があります。こうすることで、手持ちの株の株価を平均化することが可能。株価が平均化するということは、大きく損をするリスクを減らすことになります。

 

また時間分散のメリットとして、手持ちの資金を最大限活用できるというものもあります。「ある程度まとまった金額が集まったら投資を始めよう!」と思っていると、投資を開始するまで時間がかかってしまいます。そこで毎月2~3万円ずつでも構わないので、始められる時に始めてしまうわけです。

 

さらに早めに投資の世界に飛び込んでおけば、それだけ経験が身につきます。実際に自分のお金を使って経験を積むことは、どんな知識よりも役に立つのでおすすめです。

 

 

 

 

初心者におすすめの投資商品は?

投資商品にもいろいろな種類があり、最初はどれを選べばいいのか迷ってしまうかも。初心者におすすめの投資商品はなんでしょうか?それぞれの金融商品の特徴やリスクを見ていきましょう。

 

投資信託

投資信託とは、大勢の投資家から集めた資金を、様々な投資先に分散して運用するサービス。投資信託はプロが運用するため、投資についてよくわからない初心者でも安心して利用できます。ただし、運用は他人まかせになってしまうので、こまかい運用の指示が出せません。投資信託にもいろいろと種類があるので、自分の希望に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

また金融のプロに仕事を頼むので、その分の手数料を取られてしまいます。それ以上の利益が出なければ損をしてしまうので、自分で運用するのに比べればより大きな利益が必要です。

 

投資信託のリスク

 

次はそれぞれの投資のリスクを見ていきましょう。まずは投資信託から。投資信託は安定して資金を運用することが可能と言われていますが、その一方でいくつかのリスクも存在しています。

 

第1のリスクとして、手数料の高さがあげられます。購入する時に「購入時手数料」がかかり、投資信託を持っているだけで「信託報酬」が発生。さらに途中で売却する際に「信託財産留保額」を取られてしまいます。株式や為替に比べて手数料の額は高めです。それに加えて、他の投資と同じように売却益には税金がかかります。

 

第2のリスクは為替変動。為替や国外の株式・債権などが組み込まれている場合、為替変動の影響をもろに受けてしまいます。ただし、為替の変動は逆に利益になることもあるので、総合的に見ればメリットでもありリスクでもあると言えるでしょう。

 

第3のリスクとして、サブプライムローンなど予想外の事態が起きた場合、大きく値崩れすることがあるというものです。特に海外の債権や信用度の低い国債が組み込まれている時に、このような事態が起こりやすくなっています。利益率の高さだけに目を奪われず「この投資信託は本当に安全なのだろうか?」と常に目を光らせておくようにしましょう。

 

 

不動産投資

不動産というのは主に土地や建物のこと。不動産価格は物価によって変動するためインフレにも強いので、初心者にもおすすめできます。ただし、不動産を取得すると税金を払わなければなりません。土地を購入すれば「不動産取得税」を取られますし、毎年「固定資産税」を払う必要もあります。家賃収入があれば「所得税」を売却時にも所得税がかかります。

 

他の投資方法でも利益が出れば税金を取られますが、不動産の場合は土地や建物を買ったり持っているだけでも税金を取られてしまうので、それ以上の値上がりが期待できる場合か、賃貸などで税金以上の利益を上げる必要があります。

 

不動産投資のリスク

 

不動産投資には2種類あります。売買で利益を狙う方法と、賃貸による家賃収入を見込む方法です。それぞれのリスクと、両方に共通するリスクがあります。

 

賃貸の場合、空き室リスクを考えなければなりません。たとえば、マンションの1室を購入したとします。「持っている物件が月額6万円で貸し出せるので年間72万円の収入になるはず」などと見込んでいても、実際には部屋が埋まるとは限りません。部屋が空いている時期は収入が0になります。また、借り手を増やすために家賃を下げればそれだけ収入は減少。思っていたほどの収入が得られないということはよくあります。

 

建物は老朽化や修繕リスクも考慮に入れなければなりません。マンションにしろ一軒家にしろ、時と共に建物は劣化していきます。外壁の吹き替えや屋根の修理、内装のリフォームなど何かとお金が必要です。また火災や地震などの自然災害に備えて保険に入る必要があります。

 

さらに資産価値の減少もリスクの1つと言えるでしょう。購入時よりも資産価値が減る可能性は常に頭に入れておく必要があります。売却価格が購入価格を下回ることもありますし、資産価値が下がれば賃貸による収入も減少することを覚えておいてください。

 

国債

国債とは、簡単に言えば国の借金。国がお金を借りる代わりに、債権を発行して利子をつけてくれます。国債には利子が固定されているものや変動するもの、5年ものや10年ものなど様々な種類がありますが、個人で購入できるものは限られています。国債は非常に安定して運用できるので初心者にもおすすめです。代わりに利率はあまり高くはありません。定期預金に近いものだと考えてよいでしょう。

 

また日本以外の国債を買う場合は注意が必要です。金利が高い国の国債はリスクも大きいことをお忘れなく。個人で購入できる国債は安全な国のものに限られていますが、投資信託などの金融商品に組み込まれていることもあるので注意してください。

国債のリスク

 

安定して運用できることが国債の売りですが、利率が低いのはネックです。国債を持っている間は、購入代金を他の投資に回すことができません。より利率の高い投資先を目にしても、指をくわえて見ているしかなくなってしまいます。さらに変動金利の場合は金利が下がる可能性もあり、これもリスクの1つです。

 

海外の国債では為替変動リスクも存在します。ドルやユーロなど為替相場には常に注意しておくようにしましょう。また信用度の低い国の国債は、日本の国債と違って大きく元本割れしてしまう可能性もあります。利率だけに目を奪われず、国債の信用度もチェックしておきましょう。

 

確定拠出年金

確定拠出年金とは、「国民年金」や「厚生年金」など公的の年金だけでは足りないと思う人が加入する民間の金融サービスです。確定拠出年金は「年金」とは名前がついていますが、元本が保証されているもの以外は投資信託の一種と考えてよいでしょう。

 

ただし、控除の対象になるので税金を考えれば普通の投資信託よりもお得です。控除というのは、年金や保険などで支払った額を収入から差し引いてくれること。差し引かれた額は税金がかからないので、必ず毎年の確定申告で申告するようにしましょう。

 

確定拠出年金のリスク

 

確定拠出年金は年金の一種とされていますが、通常の年金とは違います。年金額を増やせる可能性がある一方で、元本割れすることもあるので注意してください。

 

また、管理コストがかかることもリスクの1つです。金融機関の口座維持手数料や、投資信託運用のための信託報酬などが必要になります。また、60歳まで引き出せないというリスクも存在します。年に一度掛け金を見直すことはできますが、一度預けた掛け金は60歳まで預けっぱなしになることを覚えておいてください。

 

外国為替

外国為替は、「ドル円」や「ポンド円」「ドルユーロ」など海外の通貨の取引です。海外通貨用の口座を作って預金しておく方法と、FXで取引する方法があります。口座を作る方法は手数料が高いことが多いので長期投資専門と考えましょう。FXとは外貨投資の手法のひとつで、家に居ながらにして海外の通貨の取引ができます。買いだけではなく売りから入ることもできます。

 

注意する点としては、マイナーな通貨は値動きが激しく予想もしづらいので初心者には向かない点。頻繁に売り買いするには技術や知識が必要なので、勉強しなければならない点です。ドルやユーロなどのメジャーな通貨は、数年で一定の間を上下しているので、まずは数年単位の大きな値動きを把握しましょう。

 

ちなみにビットコインなど最近流行の仮想通貨も海外為替に近いものですが、仮想通貨は非常に値動きが激しく、短期間で大きな利益を上げられる可能性がある反面、大きな損失を出す可能性も高いので初心者にはおすすめできません。また詐欺や通貨の盗難、取引所の破綻リスクなどもあるので、そういう意味でも初心者向けではありません。どうしても手を出す場合は、多くの情報を集めて基本的な勉強をしてからにしましょう。

 

外国為替のリスク

 

最後は外国為替のリスクについてです。外国為替は主にFXでの取引になりますが、FX以外の取引方法もあります。たとえば、外貨預金という方法です。外貨預金とは、ドルやユーロなどの口座を作って預金する方法のこと。外貨預金の場合、口座維持手数料が必要となったり、円とトレードする際に高額の手数料を取られてしまうのがリスクとなります。

 

FXの場合トレードにかかる手数料は低めですが、レバレッジのリスクを常に意識しておかなければなりません。レバレッジというのは、本来持っている資金以上の取引をする方法です。たとえば、5倍のレバレッジを利かせていれば100万円の資金で500万円の取引ができます。

 

レバレッジは一見するとメリットに思えるかもしれませんが、同時に大きなリスクともなります。ロスカットに気をつけなければいけないからです。ロスカットとは、一定額の損失が出た場合に決済されてしまう仕組みのこと。たとえば、100万円の資金で5倍のレバレッジを利かせていた時、20万円の損失が出た時点で強制的に決済されてしまい資金を全て失ってしまいます。

 

 

賢く資金を運用して将来に備えよう!

 

投資というと世間では危険でリスクが大きいというイメージがあるようですが、確実に利益を上げる方法はあります。もちろん、投資に絶対はありません。「100%絶対に儲かる」などという話は逆に怪しいと疑ってかかった方がよいでしょう。ただし、勉強を重ねて、複数の投資先に分散させて資金を運用すれば、かなりの確率で利益を上げることは可能。基本は「利益の大きなものはリスクも大きい」「安全な投資先は利益も小さい」ということを覚えておくこと。賢く資金を運用して、将来に備えましょう。

 

投資やお金の殖やし方が学べるマネカツセミナー
↓ 詳しくは画像をクリック ↓

 

監修者:渡辺 博士(ファイナンシャルプランナー)

 

 

 

記事一覧に戻る
記事一覧に戻る

高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け 高年収女性のためのスマート投資術セミナー情報 資産運用や投資についてのセミナー初めての方向け

セミナー一覧を見る