資産運用を行う際、「長期投資」と「短期投資」のどちらで運用するか悩むことが多いです。

長期投資にも短期投資にもメリット・デメリットがあるため、自分にあった投資スタイルを選ぶ必要があります。

投資初心者の方や、少しでも早く資産運用を開始して老後資金を貯めたいと考えている方におすすめなのが長期投資です。

この記事では、長期投資のやり方やメリット・デメリットについて解説します。投資の基本といわれる長期投資の基礎を把握し、投資に役立ててください。

投資の関連記事
株式投資の始め方 従業員持株会とは 
投資で生活可能? 配当金で生活できる?
自社株買いとは 空売りとは
10万円以下の株主優待 高配当株のメリット
バリュー・グロース株 モメンタム投資とは
投資の種類 分散投資とは 
長期投資の効果 コアサテライト戦略
複利の効果 アセットアロケーション
生活防衛資金はいくら 株主総会とは

長期投資とは

長期投資とは 運用 女性

長期投資とは、長期間資産を運用し続けて利益を得る投資手法のことです。

長期投資の特徴や短期投資との違いについて解説します。

長期的に金融商品を保有し続ける投資手法

長期投資とは、短期的な利益を狙わずにじっくりと資産を形成していく投資方法です。

長期投資の期間に明確な定義はありませんが、一般的には数年〜数十年が長期投資といわれています。

また、個人向け国債の「10年国債」が長期国債にあたることから、10年以上を長期投資とする考えもあります。

長期投資の目標は、長期的に資産を運用し安定的な運用を目指すことです。例えば、毎月積立投資をして購入時期を分散することで、価格変動リスクを抑え安定した利益が見込めます。

短期投資との違いは目的や期間

長期投資と短期投資は、投資の目的や期間が異なります。

  長期投資 短期投資
投資期間 1年〜数年以上 当日〜数ヶ月程度
狙う利益 配当金
売却益
※株主優待
売却益
投資する際の着目点 長期的な成長性
企業の価値
短期的な値動き
勢いのある業種かどうか
チャート分析 など

長期投資は、数年〜数十年後を見据えて企業の成長性や価値の上昇に期待して投資を行います。

配当金や株主優待などの定期的な収益を受け取りながら、将来大きく株価が上昇した際に売却し利益を得ることが長期投資の基本です。

一方短期投資は、当日〜長くても1年程度の短期間で売買し、短期的な価格の差額で利益を狙います。急成長企業や領域を狙って、一括投資で大きなリターンを目指す事が多いです。

長期投資のメリット

長期投資のメリット 複利 女性

長期投資には以下のようなメリットがあります。

  • 複利効果を見込める
  • 短期投資に比べて低コスト
  • 時間や精神的な負担がかからない
  • リスクをコントロールしやすい

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

複利効果を見込める

長期投資は、複利の効果により効率的に資産を増やすことが可能です。「複利」とは、運用で発生した利益を投資の元本に加えて運用することをいいます。

例えば、100万円の資産運用で年1%の利息が発生した場合に得られる利益は10,000円です。

複利の運用では100万円の運用で発生した10,000円を再投資するため、翌年の利益は10,100円に増えます。

長期投資することで、同じ年率でも得られる利益が毎年少しずつ増えていくため、長期的に元本を増やすことができます。

短期投資に比べて低コスト

投資では、商品を売買するたびに売買手数料が発生します。この手数料が低いほど利益は大きくなります。

短期投資は、保有期間が短く売買の頻度が多くなりやすいため、売買頻度が少ない長期投資と比べると手数料が高くなります。

長期投資の場合は、信託報酬や運用手数料などの「運用・保有コスト」が発生する場合があります。

保有する金融商品によっては運用コストが高くなってしまうこともあるため、銘柄を選ぶ際は目論見書を確認し運用コストも考慮して商品を選ぶことが重要です。

時間や精神的な負担がかからない

長期投資は、投資する金融商品を一度購入すればそのまま保有し続ける運用方法なので、投資商品選びや売買の時間があまりかかりません。

相場の短期的な値動きに左右されることもないため、精神的な負担が少なく落ち着いた運用ができます。

短期投資は購入した銘柄をすぐに売却することが多いため、売却タイミングを判断するために値動きを頻繁にチェックしたり、次に購入する銘柄の選定や分析などに時間をつかう必要があります。

資産形成のために働きながら投資をする場合は、労力や精神的な負担が少ない長期投資がおすすめです。

リスクをコントロールしやすい

長期投資は、短期投資よりもリスクコントロールがしやすいこともメリットです。

株式に投資した場合、短期的には株価の値上がりと値下がりを繰り返しますが、長期投資することで平均化されていきます。

また、購入時期を分散させることで購入価格を平均的に抑えることができるため、高値掴みのリスクも最小限に抑えることが可能です。

このような時間の分散によるリスクコントロールがしやすいため、特に初心者に適した投資手法といえるでしょう。

長期投資のデメリット

長期投資のデメリット

長期投資のデメリットには以下のようなものがあります。

  • すぐに利益が発生しづらい
  • 損失が大きくなり続ける可能性がある
  • 短期投資と比べて投資効率が悪い

それぞれのデメリットについて解説していきます。

利益がすぐに発生しづらい

長期投資は、数年以上に渡って銘柄を保有し続けじっくりと資産を形成する投資手法です。

保有期間中に配当金(分配金)による利益が発生することはありますが、キャピタルゲインが得られるのは売却時のため、短期的に大きな利益を上げることは難しいでしょう。

損失が大きくなり続ける可能性がある

長期投資は利益を得るまでの期間が長いため、将来の予測を立てて投資をする必要があります。しかし未来の予測は困難なため、長期投資の商品選びは慎重に行いたいです。

株や投資信託などの金融商品は、価格が下がってもその後必ず戻るという保証はなく、下がり続けたまま戻らないというリスクがあります。

長期的に資産を保有したことでその資産の価格が段階的に下がり続け、結果として損失が大きくなる可能性もあるでしょう。

長期投資で銘柄を購入する場合でも、購入したまま完全放置はせず、定期的に業績の確認や成長の見通しをリサーチすることが望ましいです。

短期投資と比べて投資効率が悪い

投資効率に注目すると、長期投資は短期投資に比べて投資効率が悪いです。

例えば、長期投資で100万円を運用した場合、配当以外の利益は数年以上先まで受け取ることができません。

短期投資の場合は100万円の資金を常に動かし続けるため、少額の利益を短期的に積み上げることが可能です。

長期投資のほうが安定した利益が目指せる一方で、短期的に資産を増やす投資効率という意味では短期投資に劣ります。

長期投資におすすめの投資方法

長期投資におすすめの投資方法株式投資 投資信託 ETF(上場投資信託) 国債

長期投資におすすめの投資方法は次の5つです。

  • 株式投資
  • 投資信託
  • ETF(上場投資信託)
  • 国債
  • 不動産投資

それぞれの投資方法の特徴について詳しく確認していきます。

株式投資

株式投資では、株を売買して得られる値上がり益(キャピタルゲイン)の他に、配当金(インカムゲイン)や株主優待を狙うことができます。

長期投資の場合は、配当金や株主優待などのインカムゲインをメインにしつつ、一定の値上がりが確認できたタイミングで売却する方法が一般的です。

また、投資時点では株価が割安でも、将来的に大きく成長する可能性のある「グロース株」を購入して値上がりを待つという方法もあります。

投資信託

投資信託は資産運用のプロに資金を預けて、投資の運用を任せるという投資商品です。

投資信託の商品ごとに運用先や運用目標(テーマ)が異なり、それぞれの商品内容に合致した復数の銘柄に投資を行います。

結果的に分散投資になるため、長期投資にも適しています。

プロに運用を任せられるため、自分で銘柄の選定を行ったり、こまめに企業情報を確認する必要がないことがメリットです。また、定期的に運用報告書が送付されるため、運用結果をまとめて確認することができます。

ETF(上場投資信託)

ETFは、投資信託の中でも株式のように取引所に上場しているものを指します。

株と同じように常に値動きがあるため、取引時間中はいつでもリアルタイムに売買できるのが特徴です。

株と同じように、所有しているだけで配当金がもらえる商品もあります。

ETFをポートフォリオに入れる場合、資産の値動きを安定させるために債券やREITなど複数のETFを組み合わせて資産を分散させることがおすすめです。

国債

国債は国が発行している債券(借金)です。

国債を購入することで国にお金を貸し、満期がきたら最初に投資した元本に利子が上乗せされた金額を受け取ることができます。

国債は国が元本の返済を保証しているため、元本割れのリスクがなく安全に運用できることがメリットです。

また、同じ元本保証商品である定期預金に比べても金利が高いです。日本の普通預金の金利が0.001%であるのに対し、日本国債の金利は最低でも0.05%を保証しているため、銀行に預金するよりも国債を購入する方が高い運用利回りとなります。

不動産投資

不動産投資はマンションやアパートなどの不動産を購入して部屋を貸し出すことで収益を得ます。家賃収入を得たり、不動産を売却して利益を狙う投資方法です。

株式や投資信託と違って実物の資産であるため、価格(価値)が急落しにくいことやインフレに強いという特徴があります。

ただし、不動産価格が変動したり、入居者が入らないなど、損失リスクもあるため注意が必要です。

長期投資のやり方とポイント

長期投資のやり方とポイント

長期投資を行う際のポイントは、次の4つです。

  • 投資の期間を決める
  • 投資先を慎重に選ぶ
  • リスク分散をする
  • 投資は余剰資金で行う

それぞれのポイントについて解説していきます。

投資の期間を決める

長期投資を行う際は、どれくらいの運用資金で、どれくらいの期間、どれくらいの利回りを目指して運用するかを決めることで収益率の見込みを計算することが可能です。

資産運用で増やしたお金を何に使いたいかを決めてから、期間を逆算して考えると良いでしょう。

例えば、老後資金を貯めたい場合には、今から老後までの期間が運用期間になります。運用期間と目標金額が分かれば、どのような金融商品を選べば良いか明確になるためおすすめです。

投資先を慎重に選ぶ

長期投資は一度購入した銘柄を長期間保有し続ける運用手法のため、投資する商品を慎重に選ばなければいけません。

投資対象の将来性や事業内容など、様々な観点から将来的に値上がりが見込めるかを確認する必要があります。

また、利益だけでなく必要なコストについても吟味し、年間でどの程度のリターンが見込めるかを分析することが重要です。

リスク分散をする

長期投資を行う際に重要なのがリスクを分散をすることです。

長期で運用することで時間の分散が可能になりますが、投資対象の分散を行うことでよりリスクを抑える効果があります。

リスク分散を考える際に意識したいのが「アセットアロケーション」です。

現金、株式、債券など資産の割合を決めることで様々な商品にバランスよく投資を行うことができ、リスク分散につながります。

金融商品ごとにリスクの度合いは異なります。リスクとリターンのバランスを意識しながら運用資産の割合を決めましょう。

投資は余剰資金で行う

長期投資を行う際は、余剰資金で行うことを心がけましょう。長期投資は一度投資した資金を長く運用することが目的です。

しかし、余剰資金以上のお金で投資を行ってしまうと、有事の際に現金が手元になく運用途中で売却しなければいけなくなります。

不測の事態に備えるための最低限の現金は必要ですが、現金を手元に残しすぎると運用に回せる資金が少なくなります。自分にとって適切なバランスを考え、長期投資に資金を回しましょう。

まとめ:長期投資で「時間」を味方につけましょう

長期投資で「時間」を味方につけましょう

長期投資は、金融商品の成長を予測して値上がり益を狙う投資手法です。

短期投資よりもリスクを抑えた運用ができますが、利益を得るまでには長い時間がかかります。

また、投資する資産クラスを適切に分散することで、長期投資のメリットを活かすことができるでしょう。

時間を味方につけて複利効果を活かしながら、計画的に資産形成を進めていきましょう。

\ 人気FP講師による『無料』の資産運用セミナー /

マネカツセミナーのバナー画像

投資の関連記事
株式投資の始め方 従業員持株会とは 
投資で生活可能? 配当金で生活できる?
自社株買いとは 空売りとは
10万円以下の株主優待 高配当株のメリット
バリュー・グロース株 モメンタム投資とは
投資の種類 分散投資とは 
長期投資の効果 コアサテライト戦略
複利の効果 アセットアロケーション
生活防衛資金はいくら 株主総会とは